溶連菌感染症で出席停止になる?期間や日数は?

スポンサーリンク

溶連菌感染症の正式名称は『A群β溶血連鎖球菌感染症』といい、細菌感染による病気です。

溶連菌感染症にかかると 初期症状として

  • 発熱
  • のどの痛み
  • イチゴのような舌

イチゴ舌

の症状が見られます。

感染してから約2~5日の潜伏期間を経て発症し、ひどくなると『咽頭炎』『扁桃腺炎』 『猩紅熱(しょうこうねつ)…小さく赤い発疹を伴う発熱』『とびひ』などの皮膚感染症になり、重篤な場合は『リウマチ熱(日本にはほとんどないです)』や『急性糸球体腎炎』になります。

ですから、早めの対処が必要になりますので罹患が疑われた際にはすぐに病院に行きましょう。

発症した急性期が一番感染率が高くなりますので、この時期に配慮が必要になってきます。

具体的なことについては以下でご説明致します。

スポンサーリンク

溶連菌感染症で出席停止や出勤停止になる?

まず、溶連菌感染症は感染しても学校の登校や職場の出勤停止と定められているわけではありません。『学校保健安全法』という病気に関する法律がありますが、溶連菌は第三種の感染症として分類されています。

段三種感染症って?

この第三種の感染症においては「病気の症状を学校が指定した医者、またはその他の医師が診断して確認後、感染のリスクがないと定めた時まで」と出席停止期間が定められていますので、まずは医師の診断が必要になります。

おおむね、抗菌剤での治療を始めると24時間程で感染力が低下するので、基本的にはこれが一つの目安とされています。

スポンサーリンク

学校や年代によって異なるルール

特に溶連菌による感染症は子供に発生しやすい症状になりますが、子供と言っても幼稚園から高校生まで年齢によって扱いや認識が若干異なるようです。

その違いについて、それぞれの年代ごとに定められている一般的なルールについて確認してみましょう。

保育園や幼稚園は?

溶連菌感染症は『学校感染症』に指定されており、他人に感染させるリスクが無くなるまで、幼稚園や保育園を休む必要があります。

ただその内容は曖昧で「症状の状態によって出席(登園)停止が必要と思われる疾患」に分類されています。

なので、感染しても必ず休む義務があるというわけでもなく、完治するまで登園禁止ということもありません。

原則としては症状が治まって、周りの人間に感染させるリスクがないと学校が指定した医師が判断するまでは登園をを停止する必要があります。

しかし、溶連菌感染症は症状を発症してから抗生物質を服用すれば、感染力が一日後にはほとんどなくなり周囲に感染するリスクもほとんど無くなります。したがって体調が良ければ登園できる幼稚園や保育園もあります。

幼稚園や保育園の方針によって『症状が発症してから一週間経過後、登園してよい』などと具体的に期間を定めている場合。登園許可証を学校が指定した医者からもらわないと登園禁止としている場合もあります。

なので結論としては幼稚園や保育園の方針次第となります。しっかりと確認しておきましょう。

小学校、中学校、高校は?

基本的には幼稚園や保育園に準じた形で大丈夫です。

銘記されているものとしては、文科省の解説(「学校において予防すべき感染症の解説」平成25年3月 p.44)にて、『適切な抗菌薬療法開始後24時間以内に感染力は失せるため、それ以降、登校は可能である』こと。

また、

厚労省のガイドライン (「2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」平成24年11月 p.50
念のための尿検査)でも『抗菌薬内服後24~48時間経過していること。ただし、治療の継続は必要』

と記載があります。

大学や会社は?

大人の場合は溶連菌感染症と診断された場合、出来れば感染の可能性を考えて、少なくとも受診した日とその翌日は出社や出席を控えた方が望ましいといえます。

特に勤務先によっては、出勤停止の場合、(老人介護施設など)もありますので、勤務先の労務の担当者に確認しましょう。

また、自分の立場や職種、職場での人間関係によっても基準は異なるでしょう。

一度信頼のおける人に相談してみたほうが良さそうです。 特に飲食業や接客業、学校の先生や保育士など子供と接触する場合には必ず報告をしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

出席停止の期間日数は?

前項までの内容から、具体的な出席停止期間はありません。

しかし、溶連菌を広めないことが大切になります。

まずは感染力の強い発症時、そして抗菌剤を服用した次の日は休ませるのがよいでしょう。

溶連菌の感染経路としては飛沫感染がほとんどです。飛沫感染とは、感染者のくしゃみや咳によって他の人に感染することです。
飛沫感染よりは少ないですが、経口感染といって溶連菌が付着した食品を食べることによって感染するケースもあるので、人が集まるところに行ったら、必ず手洗いうがいはかかせないようにしましょう。

家庭内感染もしやすいので、なるべく抵抗力の弱いお年寄りや赤ちゃんなどからは離したり、マスクやうがい手洗いの励行などで予防対策をきちんと行いましょう。

きちんとした対応をとることによって溶連菌感染症を予防していきましょう。

溶連菌感染症の検査方法は?タイミングや料金は?

溶連菌感染症の症状は?大人と子供の違いは?

溶連菌感染症の潜伏期間や感染経路は?

溶連菌感染症は自然治癒する?後遺症は平気?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする