熱中症対策グッズのオススメランキング

スポンサーリンク

近年、熱中症について様々な対策が講じられています。温暖化の影響で、夏の気温が高温になり、それまでになかった「猛暑日」という言葉も生まれています。

熱中症は、日本独特の高温多湿の環境に私たちの体がそれに順応できないことで起こる様々な症状の総称です。

ここでは、熱中症対策として、効果のあるグッズを紹介しています。熱中症に対しては自分で自分の体を守るという意識が大切になってきます。

スポンサーリンク

熱中症対策グッズの選び方は?

仕事に限らず、レジャーといえども熱中症対策を万全にして楽しみたいものです。夏のレジャーとしてはキャンプが楽しいですが、熱中症で倒れてしまうと他の人にも迷惑がかかります。

自己責任というわけではありませんが、自分でできることはしっかりと対策をして、見ていて、熱中症対策が足りないなと思う人には積極的にアドバイスをしてあげたいものですね。

対策するべき項目は3つです。以下のことを参考にしてみてください。

水分補給アイテム

夏場の熱中症は脱水症状とセットで発生しやすい症状です。ですので、水分補給をいつでも出来るように水筒などのアイテムは欠かせませんね。

どれくらいの量が入るのか、自分に必要なサイズを見極めて選択していきましょう。

日差し防止アイテム

特に頭部が熱されすぎることで熱中症は発生します。

帽子や日傘など日陰をどこでも作れるアイテムを使用して直射日光の威力を少しでも和らげていく必要があるでしょう。

体温を下げるアイテム

体温を低下させるアイテムとして着衣のポケットにアイスノンなどを入れられるようになっているものなどが販売されています。

また、ミストを出したり、手持ちの扇風機や、血液やリンパが沢山通っている部位を効果的に冷やすアイテムなど様々です。

これも、使用用途、シーンに合っているものを選択して冷やしすぎないちょうどいい物を選択することが重要です。

スポンサーリンク

熱中症対策グッズランキング

様々な熱中症対策グッズが発売されています。自分ならこれがいいかも、というのがきっと見つかります。
温度計を見て、30度を超えていたら、熱中症対策をして外出するようにしましょう。

ここでは、熱中症対策グッズのランキングを見てみます。

第1位:冷却スプレー

冷却スプレー

今や屋外で行う工事現場の作業員の必需品となっているのが冷却スプレーです。多種多彩なものが販売されています。

どれも、服の上からさっとスプレーするタイプのもので、中には瞬間的にマイナス40度程度まで冷やすものもあります。持続性のあるものも多く販売されています。

応用技として、濡れたタオルに一吹きして、保冷剤として使う方法もあります。

第2位:塩すいか飴

塩すいか飴

汗をかいたな、と感じたら水分補給が欠かせません。スポーツドリンクもいいのですが、飲み過ぎは逆に体に良い影響を与えません。

そこで、便利なのが、です。塩分を手軽に補給できるものが多数発売されています。

中でも代表的なのが、塩すいか飴です。飴は食べ過ぎることがないので、効果的に塩分を補給できるすぐれものアイテムです。

第3位:モバイル扇風機

マイファンモバイル

首に下げられて。首元から顔にかけてまさにピンポイントで送風可能なのがモバイル型の扇風機です。

今回紹介するのは、マイファンモバイルです。

作業着に扇風機がついているタイプは別物ですが、体に小型扇風機で風を送るというのは、ありそうでなかった、画期的なものと言えます。

重そうなイメージがありますが、重量は165グラムということです。スマホを首に下げるくらいと考えたらいいでしょうか。通勤通学や、夏のイベントなどに効果を発揮しそうです。

第4位:熱中症モニター

熱中症指数モニター

熱中症にならないために、様々な対策グッズを試してみたくなります。

そうなると、もうひとつ気になるのが、熱中症になるサインです。熱中症の危険性が高まるのがわかっていたらそれに対応することで、効果的に熱中症対策を行うことができます。

そのようなときに便利なのが、熱中症指数モニターです。これは、熱中症指数によって危険を知らせてくれるものです。

日常生活の中、さらにスポーツやイベントなど子供やお年寄りが参加する際に、この熱中症指数モニターがあれば、熱中症にかかる危険を未然に防ぐことができるのです。

モニターには温度計、湿度計、そして熱中症指数が表示されます。暑さの危険度を4段階で表示し、さらにアラームで知らせてくれます。スポーツやイベントに気を取られていると、忘れがちな熱中症対策ですが、これがあると安心です。

第5位:タオル

クールコアタオル

キングカズが使っていることでも有名なタオルがクールコアタオルです。このタオルの素晴らしいところは、水に濡らして絞るだけで、何回でも使えるところです。

スポーツをする人にはまさに最適なタオルと言ってもいいでしょう。吸収、保水、蒸発・・という3つの異なる機能をハイレベルで発揮してくれる画期的な商品です。

さらに、UV機能も素晴らしく、紫外線遮断率は98%です。タオルということを考えてもこれもかなりのハイレベルです。

首に巻くだけで、ひんやり効果と紫外線カットが実現できるタオルですから、まさに一挙両得と言えます。

熱中症予防対策のオススメドリンクランキング

熱中症予防対策のオススメ食べ物ランキング

熱中症の症状は?子供や高齢者の注意点は?

熱中症になったら何日休む?冷やす場所は?

熱中症の原因は?わかりやすく解説!

今年の夏2017年は暑い理由は?気温予報や対策は?

今年の夏2017の猛暑の原因や予想は?

今年の夏2017の残暑はいつまで続く?予想は?

暑い日の家での過ごし方でオススメの対策は?

体が熱い原因や治し方は?

熱帯夜を快適に過ごす対策や快眠方法は?

暑くて眠れない時のオススメの対処法

クーラー病の症状や子供や女性の注意点は?

脱水症状に効果がある食べ物は?

猛暑の対策は?

夏バテ対策のオススメドリンクは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする