夏のインフルエンザの症状や潜伏期間は?検査方法や治し方は?

スポンサーリンク

冬が終わって、インフルエンザが流行る期間も終わったと油断している人はいませんか?

2017年の夏も、クーラーの不適切な利用などが原因でインフルエンザに感染するリスクはあります。夏場のインフルエンザは、冬のそれに比べて認知度が低く、ワクチン接種で備えていないことが多いうえ子供の患者は初期症状を見落とす可能性が高いのです。疑わしい症状が出たら、病院で検査を受けましょう。

今日は夏場に発生するインフルエンザの症状について、また注意すべきウイルスの潜伏期間について紹介していきます。

スポンサーリンク

夏のインフルエンザの症状は?

夏のイメージ画像

夏場でもインフルエンザに感染するリスクがある。こう聞いて驚く人も多いと思います。

しかし慌てないでください。夏場のインフルエンザといっても特殊な症状はありません。冬場に流行する症例と、基本的には大きく異なるところがないのです。

ただ、夏場のインフルエンザについて注意すべき点はいくつかあります。先述の通り、夏場のインフルエンザは認知度が低く、いわゆるワクチン接種で備えていないことが多いので、いざ発症した際に重症化しやすく治療も後手に回ってしまうのです。

特に子供が夏場のインフルエンザにかかってしまうと、熱(微熱の場合もあります)が出たり下がったりというどっちつかずの状態を繰り返し、本人は元気に部屋で駆け回っているという場合なども、考えられるため「(こんな元気な)うちの子が、まさかインフルエンザにかかっているなんてありえない」と油断してしまう親御さんが多いのです。

インフルエンザといえばどうしても、冬場特有の感染症というイメージが根強いので、こんな油断と勘違いが起こり得るわけですね。

では症状について見ていきましょう。

高熱

高熱のイメージ画像

すでにふれた通り、夏だろうが冬だろうが、インフルエンザの症状について、さほど大きな違いや特徴は見られません。

発症すると高熱が出るという点も共通しています。

熱が38度を超え、それが数日(2~3日程度)続くようなら、夏場でもインフルエンザの可能性を疑ってください。

頭痛

頭痛のイラスト画像

高熱に続き、頭が痛くなるという点も共通しています。そもそも、ウイルスによる感染症がなぜ頭痛を引き起こすのでしょうか。

そのメカニズムを少しだけ解説しておきますインフルエンザなどのウイルスが体内に侵入すると、〈プロスタグランジン〉という脳内物質が分泌されます。

この物質には、体中の血管を拡張したり体温を上げたりという作用があり、この作用によって、ウイルスを殺すことができるわけです。

率直に言ってしまえば、この作用によって病気が治るのだと言っても過言ではありません。

しかし残念ながら、このホルモンには頭痛を引き起こす副作用があるのです。

つまり、ウイルスを殺すために分泌されるプロスタグランジンが頭痛を引き起こすのです。これはなんとも、歯がゆい話ですね。

頭痛はイヤだけど、かといって病気がいつまでも治らないのは困るし……。

発熱や頭痛に対処するの方法は、後の項目で詳述します。

下痢

インフルエンザによる下痢の症状は、おそらくは誰もが一度は経験したことがあるはずです。

ただでさえ病気で食事が喉を通らず、体が弱り切っているときにお腹へ症状が来るのですから、もはや地獄と言っても差し支えないでしょう。

なお悪いことに、夏場のインフルエンザが引き起こす下痢の症状は、冬場のそれよりもさらに地獄です。なぜなら、夏バテによってただでさえ体力が奪われているときに、インフルエンザウイルスが胃腸を襲うからです。

夏場のインフルエンザによる腹痛や下痢は、脱水症状を併発する可能性が非常に高いので、くれぐれも注意してください。

スポーツドリンクなどでこまめな水分補給を心掛けると脱水症状のリスクを下げることができますよ。

夏バテとインフルエンザの見分け方

タダの夏バテとインフルエンザを見分ける症状の一つが下痢、および、下痢からくる腹痛です。

インフルエンザの疑いで内科を受診する患者に対し、ひどい下痢は、夏バテや夏風邪を見分ける一つのポイントになるとアドバイスする医師は多いです。

もちろん、夏場ですから冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎでお腹を壊す可能性は考えられます。

しかしながら、一般的なお腹の不調とウイルスが原因の下痢は明らかに症状の程度が違い、後者の場合は発熱を伴うこともあって重症化しやすいのです。

だから、重篤な感染症を見分けるサインになるんですね。

関節痛・悪寒・食欲不振・倦怠感

体のだるさ画像

この項目では、発熱や頭痛など主だった症状以外に無視できないインフルエンザの特徴をいくつか見ていきます。

例えば、発熱や頭痛といった症状であれば、一般的な夏風邪であっても発症する可能性があるのですが、ここに関節痛や倦怠感などの苦しみが加わっていくと、インフルエンザに感染している可能性が高くなるわけですね。

少し変な言い方になるかもしれませんが、特に関節痛や極度の悪寒などの症状は、インフルエンザなど重篤な感染症に特有の症状だと捉えることもできるため、ある意味では、「これらの症状を確認したらインフルエンザの疑いが強い」というふうに、セルフチェックの項目としも考えられるわけですね。

これは、先述したひどい下痢の場合と似ています。

逆に言えば、4つの症状のうち関節痛と悪寒以外の二つについては、夏バテや夏風邪と症状が似ており、これらの自覚症状が出ても、インフルエンザを発症していることに気付きにくいため、十分な注意が必要です。

自分の体が発するSOSのサインを、くれぐれも見逃さないでください

インフルエンザ予防に効果ある乳酸菌サプリはこちらをクリック

スポンサーリンク

潜伏期間や感染経路は?

夏のインフルエンザの潜伏期間については、もちろん個人差はありますが、おおよそ1~2日です。

一般的な風邪の場合、潜伏期間は一週間弱ですから、比較すればかなり短いと言えます。いわゆる「風邪ぎみ」という状態がなく、発症からいきなり高熱が出たりするので、インフルエンザは厄介なのです。

感染経路について

感染経路は、接触感染と飛沫感染の両方が考えらます。

前者は保菌者と触れ合うこと(あるいは感染者が触れたものに間接的に触れること)で感染するルートで、後者の場合は、感染者(および保菌者)の咳やくしゃみから菌がほかの人に移ってしまう感染ルートです。

インフルエンザは、重い病気のなかでも特に感染力が強いので、些細なきっかけが感染および発症の原因になってしまいます。

感染を予防するために

常に健康第一の意識をもって、手洗いにうがい、そして余裕があれば、アルコール消毒なども徹底してください。

あとは十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事を心掛けておけば、インフルエンザのほうが裸足で逃げていきますよ。

クーラーの使い方を誤ると感染する


夏場の健康をいかにして維持するか、それを考えるうえで避けては通れないのが、クーラーの使い方です。

あくまで原因の一つですが、夏場にクーラーを使い過ぎることによって、インフルエンザに感染するリスクが高まるのは事実です。

確かに、暑さを紛らわすためクーラーをガンガンにかけまくっていると、体をむやみに冷やしてしまうので良くない、というイメージはあります。

それはもちろん正しい考えなのですが、単純にクーラーの風邪によって体が冷えてしまうから、夏場でもインフルエンザに感染するリスクが高まる、というわけではないのです。

クーラーの使い過ぎに関する新のリスクは、〈強風によって空気が乾燥してしまうこと〉にあります。

クーラーといえば普通は、閉め切った部屋で使いますよね。部屋を閉め切ってしまうということは当然、空気の入れ替わりもなくなってしまうので、どんどん部屋の空気がよどんで、乾燥していきます。

そして言うまでもなく、インフルエンザウイルスは、乾燥した空気が大好きです。つまり、暑さから逃れるためにクーラーを使い過ぎることによりインフルエンザウイルスが喜ぶ環境が完成してしまうのです。

粘膜を乾燥させてはいけない

インフルエンザウイルスが、乾燥した空気を好むというのはもちろん正しいのですが、そもそもなぜ、数々のウイルス群は乾燥した空気を好むのか、その理由は、鼻や喉の粘膜にあります。

本来、人間が持つ粘膜というものはその名の通り、若干の湿り気と粘り気を持つことで、体の中に侵入しようとするウイルスやゴミなどをからめとり、感染症やその他、体のトラブルを未然に防ぐ働きを持っています。ところが、この粘膜が乾燥してしまうとウイルスやゴミをからめとる働きが弱くなってしまい防護機能(免疫力)が低下してしまうのです。

空気が乾燥するのは良くない、定期的に換気を行うことが、感染症を防ぐ第一歩だといわれる理由がここにあります。

クーラーを使ってはいけないのではなく……

前項では、クーラーの使い過ぎにより考えられる
健康上のリスクを解説しました。

クーラーの強風によって空気が乾燥してしまうことそれによってウイルス群が好む環境ができ上がってしまうことそれに加え、そもそも身体を過度に冷やすことによって自律神経の働きが乱れ、体温調節や睡眠の状態にトラブルが生じ、そのことが免疫力の低下につながることも、覚えておかなければなりません。

しかしだからといって、猛暑の中でまったくクーラーを使わずに過ごすというのは不可能です。

やせ我慢をすることで、今度は熱中症や脱水症状を引き起こすリスクを背負い込んでしまいます。

夏場でもインフルエンザに感染するリスクがあるからクーラーは一切使うな、と言いたいのではなく、適切な温度設定で利用すべきだと提唱したいです。

インフルエンザ予防に効果ある乳酸菌サプリはこちらをクリック

スポンサーリンク

病院での検査方法は?

インフルエンザの感染を確認する検査の方法はいくつかありますが、一般的な(広く行われている)検査方法は、検査キットを用いるやり方です。

それ以外の検査方式については、受診する病院の規模にもよりますが、費用や検査時間が掛かりすぎることもあり、実施されていないことが多いです。

人間ドックや定期検診など、やや特殊な状況下での検査法だと考えれば、分かりやすいでしょう。

もっとも迅速な方法は、検査キット

インフルエンザの検査といえば、最も一般的なのがこのやり方です。

綿棒で鼻の粘膜をこすり、その綿棒を特殊な溶液に浸すことで、インフルエンザの感染をチェックすることができます。

だいたい15分程度で検査の結果が出て、非常に手軽なのが魅力ですが、誤検知の可能性もまれにあるのがこの検査法の課題と言えます。

ウイルス分離検査

インフルエンザウイルスの発症から三日以内に、うがい液や鼻水などを採取し、特殊な溶液によってウイルスだけを分離し、精密に検査する方法です。

前述した検査キットと違い、非常に制度の高い検査法ですが、その反面、検査の結果が出るまでおおよそ5日~10日程度かかります。

規模の小さな医療機関では実施していないことが多いです。

PCR検査

喉の浸出液や鼻汁など、患者の体液を吸引し。その中に潜むウイルスの遺伝子構造まで分析する検査方式です。

非常に精度が高く、検査結果にエラーがほとんど出ないだけでなく、インフルエンザの型(A型やB型など)までが正確に分かります。

こちらについても、規模の小さな医療機関では実施していないことが多いです。

スポンサーリンク

治療方法や治し方は?


人間は、体内に侵入してきた異物(つまりウイルス)を退治し、体の外へ排出する力を持っています。

極端なことを言えば、対処の方法さえ間違えなければどんな病気だって治るということになります。それが免疫力と呼ばれるものなのです。

しかしながら、免疫力のというのは決して万能ではありません。一つ前のセンテンスと矛盾するようですが免疫がきちんと働ける条件というものを、きちんと理解しなければなりません。

睡眠と水分補給が回復力を高めるポイント

免疫力をしっかり働かせるためには、まず安静にすることが先決です。とりわけ、睡眠をしっかりとること。免疫力が最も機能するのは睡眠中ですからね。

加えて、水分をこまめにとることも大事です。なにしろ、インフルエンザが原因で高い熱が出ると、熱を下げようとして、体は激しく発汗します。

すると当然、体内の水分がどんどん失われていくことになりますよね。そのままでは脱水症状を引き起こしてしまうので、病中こそこまめな水分補給が必要です。

そして、意外と見落とされがちなのは、体を冷やさないように、きっちり布団に入って休むことの重要性です。

特に、高い熱が出て汗が止まらなければ、布団潜り込むのが熱くてたまらないと感じることもあるでしょうが、それでも、病状が感知するまでは、体を冷やさないことを優先的に考えなければなりません。

だからと言って、インフルエンザのせいで高熱が出ているさなかに、お風呂に入ってしまうのはやめたほうがいいですけれど。

インフルエンザ予防に効果ある乳酸菌サプリはこちらをクリック

スポンサーリンク

インフルエンザに効果のある薬は?

一般的に知られている風邪だったら、あまりむつかしいことを考えなくても、例えば頭が痛くて熱があるなら解熱鎮痛剤とか、喉が痛いならうがい薬やトローチだとか、市販されている薬だけで、ほぼすべての症状に対処できると言っても過言ではありません。

しかしながら、インフルエンザの場合は、残念ながらそれほど簡単な話ではありません。

市販の解熱鎮痛剤などを服用しても、完治に至るまで十分な効果を見込めないため、医師や薬剤師の判断を仰ぎ、特効薬を処方してもらう必要があります。

風邪であれば放置していても、数日で完治することが多いですが、インフルエンザは病院で処方された薬でないと、症状がなかなか治まらないです。

以下に、インフルエンザの特効薬をいくつか挙げますがこれらの薬を服用している間は、市販の風邪薬などを併せて服用することで副作用のリスクが高まるので、くれぐれも注意してください。

どれほど高い効果が見込める薬であっても、用法や用量を守らなければ、何の意味もありません。例えば特効薬の服用中、どうしても頭痛がつらくて耐えられないということであれば、解熱鎮痛剤を服用するのではなく、市販の熱さまシートや氷枕などを利用して症状を緩和する方法があります。

タミフル

タミフルの画像

日本国内で主に流行している、インフルエンザのA・B型どちらにも優れた効果を発揮し、加えて錠剤であることから服用が容易だというのが大きな特徴です。

注意点として、インフルエンザの発症から48時間以上が経過した患者には効果が見られないこと加えて、一時は特に問題視された、タミフルの服用と患者の異常行動(てんかんのような意識障害)の報告も頭に入れておくべきでしょう。

リレイザ

リレイザ画像

この薬も前述のタミフルと同じく、インフルエンザのA・B型どちらにも優れた効果を発揮ますが、タミフルのような錠剤ではなく、特殊な吸引器を用いて一日二回、通算で五日間の投薬治療を行うやり方が一般的です。

投薬の効果は非常に高いのですが、吸引機が必要となるために家庭での使用は難しいこととどうきや息切れなどの副作用が報告されていることなどが注意点です。

イナビル

イナビル画像

この薬も前述のリレイザと同じく、吸引式のお薬です。最大の特徴は、たった一度の投薬で、インフルエンザの治療を完結させられることにあります。

ただし、吸引の手順がやや難しいとされているため特に幼児や児童、未成年者がこの治療を受ける際には。必ず医師の監督の下で行うことが基本となります。

要注目の乳酸菌パワー

乳酸菌のイラスト画像

前項では、インフルエンザの特効薬として医師や薬剤師から処方される薬を紹介しましたが、実はそれ以外にも、インフルエンザの根治、あるいは症状の緩和に効果がある成分があります。

それはズバリ、乳酸菌です。乳酸菌は体内の免疫システムと密接に関わっています。免疫力は強化されれば、インフルエンザウィルスが体内に侵入してもインフルエンザに感染することが少なくなります。

乳酸菌を摂取することでインフルエンザの感染を予防する効果、またインフルエンザに感染しても症状が治る期間が早まります。

今から簡単にその理由をご説明します。

乳酸菌の効果について

免疫のイラスト画像

人間の免疫細胞のうち7割は腸の中に存在します。腸の状態が良くなれば免疫力は強くなりますし、インフルエンザウィルスが体内に侵入しても感染しづらくなります。

腸内環境を整えるには食生活を改善することももちろんなのですが、乳酸菌を毎日摂取するのが一番手っ取り早いです。

乳酸菌というとヨーグルトと食べればいいと思う方もいるかもしれませんが、毎日ヨーグルトを食べ続けるのは大変です。(乳酸菌は毎日摂取するのが効果を発揮するコツです)

そこで手軽に乳酸菌を摂取する方法として乳酸菌サプリをオススメします。

乳酸菌を選ぶポイントは、しっかり腸まで届いて効果を発揮する乳酸菌を選ぶことです。乳酸菌は腸に届く前に胃を通過しますが、胃酸に弱いのでしっかり腸まで届かないと効果が半減してしまいます。

おすすめのサプリメント

ラクトプランのイメージ画像

ヨーグルトや市販の乳酸菌サプリはしっかりと腸内まで届く種類のものが少ないです。しかし、ラクトプランというサプリメントならしっかりと腸内まで乳酸菌を送り届けることができます。

ラクトプランはl-137という特殊な乳酸菌を加熱して、HK-l137という乳酸菌に変化させたものを使用しています。乳酸菌は便秘改善などに効果があるとよく聞きますが、ラクトプランは免疫強化専門のサプリです。

乳酸菌は通常だと、加熱すると死滅して効果が無くなりますが、l-137は加熱していったん死なせることによってより生命力が強くなる逆転の発想を持った乳酸菌なのです。

インフルエンザへの効果

臨床試験では風邪やインフルエンザに感染する確率が下がったと証明されています。3か月以上継続して申し込んだ人が9割以上いるのもうなづけますね!乳酸菌は毎日コツコツ摂取することでより効果を発揮します。

価格と購入報告の紹介

価格は初回は一か月1544円です。一日当たり約50円で効果が無かったら一か月で解約できます。2か月目からは一か月3024円です。一日あたり約100円です。もちろん夏風邪にかかってしまってもラクトプランを摂取することで症状の治りが早くなります。

価格 3086円初回1544円(送料無料)
内容量 30日分(1日3粒×30日)
おすすめ度 ★★★★★

インフルエンザに感染すると確実に二日以上は寝たきりになります。感染力が高いので学校や職場も休む必要がでてきます。

つまり丸二日分の時間が無駄になります。病院の費用や薬代も含めると確実に2万円分以上は損しているでしょう。

そのリスクを一日100円で回避できるのは安いと思いませんか?

また、インフルエンザ予防に乳酸菌を摂取するのが効果があると説明しましたが、インフルエンザにすでにかかっている状態でも、乳酸菌を摂取すると早く回復することができます。

インフルエンザに一度かかったら治るまで辛い思いをするしかないと思った方は是非お試しください。

スポンサーリンク

2017年の流行期間や、新型ウィルス情報は?

ウィルス情報

一般的に知られるインフルエンザのウイルスは、例えばA型やB型など、アルファベットの型番で分類されることがほとんどです。

その中でも特に、多くの人にとってなじみがあるのはせいぜいC型までの三種類くらいだという人が多いのではないでしょうか。

しかしながら、世界的に見れば、インフルエンザのウイルスにはもっと多様な種類があります。

あくまで、現在の日本で流行するケースが目立つのはA型からC型までの三種類くらいだというだけの話でそれが世界的な基準であるというわけではないのです。

なぜ最近になって、夏場に流行するインフルエンザというものが少しずつ認知され始めたのか。

実は、インフルエンザの流行のピークは冬であるという常識は、日本国内でだけ通じる常識であると言っても過言ではないのです。

とりわけ熱帯地方にまで話を広げれば、インフルエンザの流行に特定のタイミングはありません。

非常に厄介な話ですが、文字通り一年中、インフルエンザが流行しているのです。

観光客が新型ウイルスを持っているケースも

でもそれは熱帯地方に限った話……ちょっと前までは完全に他人事だったのですが、今では決して他人ごとではないのです。

なぜかというと、近年では外国から日本に入ってくるウイルスの数が増えているからですね。

なぜ、これまで日本では確認されなかった新型のウイルスが入ってくるのか。その理由は、毎年おおぜいやって来る外国人旅行者の存在にあります。

これまで日本には存在しなかった新種のウイルスを外国人旅行者が、海の向こうから運んできてしまうわけですね。だからといって、外国人旅行者に非があるわけではないのですが。

インフルエンザは常に進化している

また、インフルエンザに限らず、ウイルスというものは環境の変化や人間の免疫機能に対応するため、自らの遺伝子構造を変えてしまう力を持っているうえ、今後も、外国人旅行者などを経由する形で、新種のウイルスが日本の国内に流入してくる可能性は十分にあります。

夏だからと言って油断せず、インフルエンザの対策を怠らないようにしましょう。

2017年の夏も、おおよそ6~9月までは、夏のインフルエンザが猛威を振るう可能性が十分にあります。

インフルエンザ予防に効果ある乳酸菌サプリはこちらをクリック

夏風邪の症状や早く治す方法とは?

胃腸風邪の症状は?

今年の風邪の症状や種類は?

鼻風邪の症状とは?

免疫l-137はインフルエンザに効果がある?

喉風邪の症状や治し方は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする