夏の病気2017の流行ランキング!

スポンサーリンク

暑い夏には、高い気温や強い日差しによって身体の水分が奪われやすく、それによって体調を崩す可能性があるほか、食事の面でも、特に生ものが傷みやすいために食中毒を誘発するリスクもあります。

アデノウィルスや病原性大腸菌(O-157)など、夏に猛威を振るうウイルスも多数存在します。

急に高熱が出たりお腹が痛くなったり、体の不調を感じた時は、「どうせ夏風邪だろう」とか「冷たいものの食べ過ぎでちょっとお腹を壊しただけだろう」とか、安易に症状を決めつけず、速やかに医療機関へ相談するという姿勢も重要になります。

夏場特有の症状や感染症に正しく向き合い、予防の手立てや対処法を理解し、熱い季節を元気に乗り切りましょう。

スポンサーリンク

夏の病気の流行予想ランキング

毎年夏に流行する可能性の高い病気や体調不良、感染症を最も発生しやすい順からランキング形式で紹介していきます。

上から順に発生する原因を知って早い段階で対処してしっかり予防していきましょう。

第1位:夏バテ・体の疲れやだるさ

夏バテイメージ画像

これは病気とは言えないですが、夏になると夏バテ気味になり、体がいつも重く手足に力が入りづらい、筋肉に疲労がたまり体全身がダルいといった症状に悩まされる方が一番多いのではないでしょうか?

今からそうなってしまう理由を説明しますので対処できるようにしましょう。

夏バテの原因

人間の体は、運動をすると体温が上昇するので、筋肉の温度も上がります。これによって、筋肉や関節が少しダメージを受けた状態になります。

ケガをしたときはその部位の温度は周りの体温よりも高くなります。つまり、筋肉の温度が上がるということはケガをしている状態と似ています。

夏は外気温が高く、他の季節よりも体温や筋肉の温度が上がりやすいです。なので筋肉や体にに負担がかかりやすく体がダルく感じてしまいます。

これが継続的に発生しやすいので身体の修復に体力を消費し身体がだるくなるのです。

対処法について

体の疲労をとるためには、お風呂につかるのがよいと思うかもしれませんが、熱いお湯は体に余計に負担がかかるので余計に症状が悪化します。

手軽にできるのはアイシングですが、毎日10分~20分も冷たい氷を体に当てるのは思いのほかしんどいです。また効果は一時的で体を冷やすのを止めたら再び体に疲労が蓄積されていきます。

栄養ドリンクを飲もうと考える方がいるかもしれませんが、カフェインの作用で一時的にスッキリしたように思えるだけで、体の疲労は全く抜けていません。

栄養ある食べ物をとって体の疲れを取るのが効果があると思われるかもしれませんが、毎日、スタミナが付く食材を厳選して、料理をするのは一人暮らしの方にとっては特に大変です。

特に夏は食欲不振であまり食べられない方も多いので、食べ物で体の疲れをとるのは夏の時期は現実的ではありません。

イミダペプチドがおすすめ

鶏の胸肉画像

そこでオススメなのでイミダペプチドという成分を摂取することです。体の疲労を取る成分で一番効果が高いことが研究により実証されています。

イミダぺプチドは鶏の胸肉に一番多く含まれていますが、パサパサしており毎日一定量食べるのは思いのほか苦行です。

そこでドリンクでイミダペプチドを手軽に摂取する方法をオススメします。国産の鶏をエキスにしているので安心ですし、味もあっさりしていて飲みやすいです。

栄養ドリンクを飲む男

イミダペプチドについて

初回はお試しで10本980円の特別価格となっています。一日当たり100円なのでコンビニで缶コーヒーを買うのを我慢すれば大丈夫です。10日間飲み続けて効果があれば、その後も購入し続ければ良いので安心ですね。

最安値の10本980円で購入できるのは以下の公式サイトからとなっています。イミダペプチドを毎日摂取して疲れ知らずの夏を過ごしましょう。

価格 2980円初回980円(送料無料)
内容量 10本
おすすめ度 ★★★★★

第2位:熱中症


食中毒とは違い、熱中症は感染症ではありませんが、暑い季節になると一気に患者の数が増えるので注意が必要です。

また、熱中症といえば海や山など屋外で発症するイメージが強いですが、実際には屋内にいる時でも熱中症を発症するリスクは十分にあるので、油断は禁物です。

特に、暑いにもかかわらずやせ我慢してクーラーを使わずにいる場合など、自分でも気づかないうちに熱中症を引き起こしてしまっているという可能性もあります。

クーラーの使い過ぎは確かに良くないのですが、かといって全く使わないで過ごすのにも問題があります。適切な室温管理を心がけましょう。

熱中症の症状について

熱中症を引き起こすと、まずめまいやほてり、さらには全身の倦怠感などを感じます。人によってはこむら返りなどのリスクもあります。

初期症状のうちに正しい対処ができればよいのですが、対処が遅れると意識障害など深刻な状態につながりかねないので、たかが熱中症だと思わず、自分の体をいたわりましょう。

熱中症を引き起こすと、汗の量が異常に増えたり、あるいはまったく止まってしまったりという兆候が表れます。また、肌の色はまるで日焼けしたようにうっすらとピンク色になります。身体が送ってくるSOSのサインを見逃さないようにしましょう。

熱中症の予防方法

熱中症を予防する方法としてまず考えられるのは、十分な水分補給です。少量の塩分が含まれている飲料ならとなお良いです。それに加え、普段からバランスのとれた食事と、十分な睡眠を心掛けることが重要です。

特に睡眠については、ただ眠るというだけではなく〈睡眠環境〉を寮歌することも重要です。つまり、寝苦しい環境で無理やり眠ろうとしてもダメだということです。睡眠中に熱中症をおこすリスクを考え、寝室の温度は適切な状態を保つべきです。

特に気温が高い日に外出するなら、web上で公開されている〈熱中指数〉に気を配り、疲れたと感じたら無理をせず、日陰などで適度な休憩を取りましょう。休憩中に水分を補給できるよう、ペットボトルや水筒などで飲料を持ち歩くと良いです。

熱中症になってしまった際の応急処置のポイントは、とにかく患者を日陰や屋内など、涼しい場所へ連れていくこと、さらにはそこで、できる限り迅速な水分補給を行うことが重要です。

さらに、首回りやわきの下などを冷やすとだいぶ楽になるほか、可能な限り、衣服を脱がせることも考えるましょう。ボタンを外すだけでも効果がありますよ。

熱中症対策グッズのオススメランキング

熱中症予防対策のオススメドリンクランキング

熱中症予防対策のオススメ食べ物ランキング

熱中症の症状は?子供や高齢者の注意点は?

熱中症になったら何日休む?冷やす場所は?

熱中症の原因は?わかりやすく解説!

第3位:手足口病

手足口病は夏風邪の一種として知られています。この病気の患者がまず自覚する症状は、口腔内に発生した水泡による痛みです。

これだけなら口内炎の症状だと考えられなくもないのですが、手足口病の最大の特徴は、口腔内の水泡がやがて、手や足など身体中のあちこちに広がっていくことです。

口腔内の水泡による痛みと外見的特徴はあるのですが、手足に出る水疱には痛みやかゆみなど不快感がないことも多く、さらに、インフルエンザやプール熱のように高い熱を伴う症例もまれです。患者によっては発熱を全く経験しないこともあります。

感染力が強いので家族内感染に注意

手足口病は強い感染力を持っており、患者の鼻汁や咳などによる飛沫感染や、タオルや洗面器具などを共用することによって起こる接触感染、その両方が考えられます。

この病気の予防接種や特効薬などは開発されていないため、手洗いやうがいなどをこまめに行って感染を予防することが重要になるでしょう。

また、手足口病の患者の多くは乳幼児ですが、まれに大人が感染するリスクもあります。
またその場合は、乳幼児の症例に比べて高熱が出やすい傾向もあり、完治までに長い時間を要するため、十分な警戒が必要になります。

2017年度は手足口病が全国的に流行しているので特に注意が必要です。

手足口病の登園はいつから?保育園は何日休む?

手足口病の感染経路や潜伏期間や原因は?

手足口病の症状で子供と大人の違いは?

手足口病に効果ある薬は?市販薬と病院処方!

第4位:食中毒


夏に猛威を振るう病気の代名詞ともいえるのは、やはり食中毒でしょう。一時、猛威をふるって有名となった病原性大腸菌(O-157)だけでなく、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌など、食中毒を引き起こす金にもいろいろな種類があります。

菌の種類が違えば、感染者を襲う症状の出方にも違いがあります。食中毒を発症したら単純に下痢だけで終わるということはまずなくて、発熱や嘔吐などを伴えば、食中毒を疑ってかかるべきでしょう。

特に高齢者や乳幼児が食中毒を発症した場合、ただの下痢だと侮っていると最悪の場合死を招く可能性もあるので、油断は禁物です。

食中毒の種類

菌の種類によって異なるのは、症状の出方だけではありません。症状が出るまでの経緯にも違いがあり、主に〈感染型〉と〈毒素型〉の二つに分けることができます。

前者は食中毒菌が人間の体内に侵入して腸の内部で増殖して食中毒を引き起こすもので、感染から発症までの潜伏期間は一週間程度と、比較的長めです。

それに対して後者の〈毒素型〉は、傷んだ食品に繁殖した菌が毒素を出し、それを人間が口にすることで発症してしまう食中毒です。感染から発症までの期間が比較的短く、場合によっては、毒物の接種から六時間程度で食中毒を発症してしまうこともあります。

何科を受診する

食中毒に感染したら内科を受診することが基本ですが、たいていの場合、下痢止めを飲むのはNGという指示を受け、点滴療法が中心となります。

家庭でできる応急処置としては、急な下痢による脱水症状を防ぐために、スポーツドリンクなどによるこまめな水分補給を行うことです。

第5位:プール熱


プール熱は正式名称を咽頭結膜熱といい、アデノウィルスが原因となる感染症です。その名の通りプールなどの公共施設や、抵抗力の弱いお年寄りが集まる施設などで猛威をふるいます。

アデノウィルスに感染すると、39度以上の熱が4日~5日程度続き、さらには結膜炎に似た目の炎症が現れます。

感染力が非常に強く、例えば咽頭結膜熱の患者が利用したタオルを共用することで怒る接触感染や、患者の咳やくしゃみなどに起因する接触感染にも注意を払わなければなりません。

これまでのところ、この病気の特効薬など治療の手立ては確立されていないので、手洗いやうがいによっていかに感染から身を守るかというのがポイントですが、万が一、発症してしまった場合は、症状の完治から二日程度は保育園や学校などへの出席停止措置が取られます。

安静にして完治を待つことが最善の手立てとなります。

プール熱の症状や画像は?子供や乳児は?

プール熱の大人の症状はいつまで?仕事は休む?

プール熱の潜伏期間や感染経路は?検査や薬は?

第6位:ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは、コクサッキーウイルスやエコーウイルスなどによって引き起こされる病気で、患者の多くは乳幼児です。38度~40度ほどの高熱を伴い、喉や口腔内に水泡のような炎症が起こるのが最大の特徴です。口腔内の水泡については、口内炎の症状とも似ています。

発熱に加えて喉の痛みがひどく、飲食物を飲み下すのにも苦労するほどで、小さな子供が冷たい飲み物も口にせずぐずっているようなことがあれば、ヘルパンギーナを疑うべきです。

ヘルパンギーナは、プール熱などと同じく予防接種が確立されておらず、特効薬も開発されていないため、完治に向けては、対処療法が基本となります。

多くの場合、3~4日ほど安静にしていれば自然に治癒しますが、ごくまれに重症化し、髄膜炎などを引き起こすリスクなどもあるため、くれぐれも油断は禁物です。

また、患者の多くは小さな子供ですが、わが子の看病に追われ、体力や抵抗力が低下している親御さんなどにも感染するリスクがあるため、くれぐれも注意してください。

また、妊娠中の女性がヘルパンギーナを発症すると、胎児にまで感染が広がり、最悪の場合には胎児が死亡してしまう恐れもあります。

ヘルパンギーナの症状で子供や大人の注意点は?

ヘルパンギーナの保育園の登園許可はいつ?何日休む?

ヘルパンギーナの潜伏期間や感染経路は?

ヘルパンギーナの薬で効果があるのは?

ヘルパンギーナと手足口病の違いは?食事で効果あるのは?

以上、夏の時期に注意すべき病気を紹介しました。繰り返しになりますが、夏は気温が高いので体への負担が他の季節よりもかかり、免疫力が低下しています。

イベントや旅行などで外出する機会も多いでしょうが、体に疲れを感じたら十分休養を取るようにしましょう。

夏風邪の症状は?

夏のインフルエンザの症状は?

胃腸風邪の症状は?

今年の夏2017の残暑はいつまで続く?予想は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする