あせもの薬のオススメランキング

スポンサーリンク

暖かい気候になったり、湿度が高く汗をかきやすい時期になってくると起こりやすい『あせも』。

あせもは、肌に突然痒みが現れるのが特徴です。しかも、いつも同じ場所に繰り返し痒みが出るというケースも多いのです…。

夏場になると体のあちこちにあせもができて、いつもポリポリ搔いているなんていう方も多いのではないでしょうか。

あせもに対してきちんと対処せずに、放置しておくと膿をもった状態になってしまったりなど大変なことになってしまうことも…。

そうなる前に、早めに対処していくことが大切!子供と大人のあせもの症状に対して、どのような薬の選び方をすれば良いのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

あせもの薬を選ぶときの注意点は?

あせもというと、赤ちゃんや小さい子供がなるというイメージですが、実は大人でもあせもできます。主にあせもになりやすい箇所というのは、首回り、脇、胸の下など下着や服によって締め付けられる箇所。

この他に、足のつけ根、膝の裏、腕の内側などどうしても汗がたまりやすい箇所にあせもができやすくなります。

ここからは大人・子供別のあせもの薬選びについてご紹介します。

夏場におすすめな薬

夏場であれば使用感で選ぶのが良いでしょう。さらりとした爽快感のあるミスト状のあせもの薬を選びます。

液体タイプ、または速乾性に優れているパウダータイプのものが良いです。

最近では、軟膏やクリームタイプにも植物性油でさらっとした付け心地のものや、付けた直後にパウダー状になるタイプのものも販売されていますよ。

大人におすすめの薬

大人の場合は仕事の関係などで白残りすると困る場合もあるでしょう。

そんなときは、酸化亜鉛無配合のものを選ぶと白残りしません。香りがきついものが苦手という方は無香料の薬を選びます。

しかし、あせもの部分がじくじく…ヒリヒリしたり、あまりに炎症がひどいと感じる場合は、皮膚科へ受診することをおすすめします。

小さな子供におすすめの薬

お次は子供の薬選びのポイントを紹介しますね!夏場の子供の子育てでつきものなのは、あせもですよね。

毎年子供のあせもに悩まされている…というママも多いのではないでしょうか。大人よりも子供にあせもができやすい理由は、汗腺の数です。

乳幼児の場合は小さな範囲で汗腺が密集しています。そして夏は汗をたくさんかくため、皮膚の中に汗が溜まりやすくなっているのです。厚着をさせずに通気性に優れている服を着させ、こまめに汗を拭いてあげることが重要です。

子供のあせもの薬を選ぶときのポイントとしては、大人と違って皮膚が弱い子供にも安心して使える成分かどうか、ということです。

ステロイドの使用は慎重に

ステロイドが含まれている薬もありますが、即効性に優れているものを赤ちゃんや乳幼児に使用した場合、逆に肌荒れを引き起こしてしまったり副作用が出る可能性もゼロではありません。

強い薬は安易に使用しないでくださいね。あせもが酷いと思われる場合には、まずは医師に相談しましょう。

病院での処方薬と市販薬の違いについてですが、少しのあせもで痒みが酷くない場合、病院に行くほどでもないというときは市販薬。

病院での処方薬ですと、個々に見合った処方箋と薬を出してもらえますので、あせもが長引くといった事はまずないでしょう。

軽いあせものうちは市販薬で試してみて、それでも治らない…長引くといった場合に、病院へ行って診てもらうという方法も一案です。

スポンサーリンク

あせもの薬の市販薬ランキング

市販薬でおすすめできる、あせもの薬をランキング形式でご紹介します。

第一位:ユースキンあせもクリーム

ユースキンあせもクリーム画像

この市販薬は、細菌の繁殖や炎症を抑え、炎症になっている部位を乾燥から守ってくれる役割を持っています。

有効成分であるグリチルレチン酸が炎症を抑えます。クロタミトン・ジフェンヒドラミンという成分も配合されていて、それらはかゆみ止めの効果があります。

肌も乾燥しにくく、非ステロイド薬剤です。さらに無香料・無着色で安心して使うことができます。

皮膚のバイ菌の繁殖を抑え、あせも・かぶれ・しっしんを治していきます。

注意点として、ただれやアレルギーのある方、治療を受けている方は使用を避けましょう。使用可能な年齢は生後3ヶ月~です。副作用としては、発疹・発赤・腫れ・かゆみです。

第二位:ムヒベビー

ムヒベビー画像

赤ちゃんや幼児にも安心して使うことができます。

比較的、効き目が早いのが特徴です。赤ちゃんの肌トラブルの薬と言えばこれ!というくらい、オーソドックスな市販薬です。

ちなみに、市販のステロイド薬剤には『アンテドラック』と表記してあるものが存在します。アンテドラックというのは、皮膚表面の患部で効果を発揮してくれます。体内に吸収されると低刺激性へと変化する薬の総称です。

市販のステロイド薬剤を購入する場合は、アンテドラックと記載してあるものを選ぶと安心です。ムヒベビーは薬局などで、子供用の鎮痒消炎剤として販売されています。5つの有効成分が配合されています。

かゆみ、虫さされ、あせも、かぶれ、湿疹、蕁麻疹、皮ふ炎、しもやけ、ただれ等に
効果を発揮する薬です。ジフェンヒドラミンという成分が痒みを抑えてくれます。

ムヒベビーはその名の通り、赤ちゃんにも使えるほど安心な成分でできていますが、用法・容量、そして注意事項については守るようにしましょう。ムヒベビーの主な副作用は、皮膚の発疹・発赤、痒みや腫れなどです。

第三位:オロナイン

オロナイン画像

オロナインの効能に、あせもに効くというようなことは書かれていないのですが、あせものかゆみ、痛みを抑える効果のあるワセリンが含まれています。

そして殺菌作用に優れているということが、あせも解消の効果を期待できます。

オロナイン軟膏は、市販の軟膏の中でも特に副作用が出にくいと言われていますが、湿疹、ただれ、かぶれ、虫刺されなどがある場合に使用すると副作用が現れやすくなりますので注意が必要です。

副作用としては、発疹・発赤・腫れ・かゆみ・ひびわれ・乾燥となっています。症状が出た場合は、薬剤師・医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

あせもの薬の病院処方ランキング

病院で処方される、あせもに効果のある薬をご紹介します。

第一位:リンデロンVG

リンデロン画像

皮膚の赤みとかゆみを軽減する効果があります。リンデロンには、炎症を抑えるステロイド、細菌を抑える抗生物質が含まれています。子供に対しては、顔以外の炎症の部位に処方されることが多いです。

第二位:ロコイド

ロコイド軟膏

皮膚の炎症を抑える効果に優れています。腫れ、痒みを鎮めます。

大人から赤ちゃんまで幅広い年代で処方される薬です。全身に使用可能です。

第三位:アズノール

アズノール

非ステロイド剤です。炎症を和らげる作用に優れていますので、あせもの痒み、不快感を鎮めてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?あせもに効果のある市販薬、病院での処方薬、薬選びの注意点についてご紹介しました。

市販薬は、時間にとらわれずにいつでも気軽に購入できるのがメリットですよね。軽度のあせもには市販薬を上手に利用し、あせもの状態が酷くなっている場合には病院へ受診して薬を貰う!これが鉄則です。

市販薬の購入の際には、購入前に薬剤師に相談することが大切です。ジュクジュクと痒みや赤みが広がる前に、肌に合った薬で早めに治してしまいましょう。

あせもの治し方や対処で効果があるものは?

あせもの原因や予防方法は?症状の画像は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする