溶連菌感染症は自然治癒する?後遺症は平気?

スポンサーリンク

『溶連菌感染症』、幼稚園や保育園、小学校に通うお子さんをお持ちの方であれば一度は聞いたことがある名前でしょう。この病気は、大人でもかかることがありますが、主に子供が掛かりやすいとされる病気です。

溶連菌感染症にかかると、強い喉の痛みや腫れ、高い熱、全身の発疹、イチゴ舌になるという、重い症状が出るのが特徴です。

しかし、溶連菌特有のこのような症状が出ずに溶連菌感染症だということを知らずに見過ごす…というようなケースも中にはあるのです。

今回は、この感染症は自然治癒するのか?後遺症はあるのか?といった点に注目して、ご紹介していきます。

大切な家族と自分の健康を守るために、溶連菌感染症の正しい知識を身につけておきましょう。

スポンサーリンク

溶連菌感染症は自然治癒する?

溶連菌感染症のイチゴ舌のイメージ画像

溶連菌感染症というのは実は、内服薬や注射などを行わなくても大体3日~5日程度で自然治癒します。

しかし、溶連菌感染症の原因菌となる菌は、元々人間の咽頭部に潜んでいる常在菌です。主に3歳~15歳の5~20%程度の割合で、咽頭部から溶連菌が検出できるといわれています。

咽頭部に溶連菌が潜んでいるということが溶連菌の症状が出るということに必ずしもつながるわけではありません。溶連菌感染症は、疲れやストレスなどで体の抵抗力(免疫力)が落ちてしまうことで発症します。常在菌(もともと人間の体の中にいる菌)である溶連菌が繁殖して、高熱、喉の腫れ、体の皮膚の発疹、イチゴ舌などの様々な症状が出始めます。

稀に重い症状に苦しむこともありますが、溶連菌感染症が完治せずに命の危険があるという状態になることはありません。

スポンサーリンク

後遺症のリスクは平気?

放っておいても自然治癒してしまう溶連菌感染症ですが、それなのに病院へ行って治療することを勧められることが多いです。自然治癒する病気なのに、なぜ治療が必要なのでしょうか?

それは、後遺症が関係しています。

合併症は?

重篤な症状が出ているのに、適切な治療を受けずに放置していると、糸球体腎炎やリウマチ熱といった合併症にかかって後遺症を残す可能性もあります。

溶連菌感染症の症状が落ち着いた後、発症するまで大体1~2週間ほどの期間を経て発症する場合が多いです。ちなみによくある普通の風邪からも、アレルギー性紫斑病など合併症が出ることがあります。

リウマチ熱は、喉の炎症、レンサ球菌、溶連菌の感染によって症状が引き起こされます。症状が出るのは関節部分です。関節に炎症が起こり、それが強い痛みとなって症状に出てきます。

このリウマチ熱にかかると、治りにくくなり、熱や痛みが長期化するというケースもあり、治癒するのに1ヶ月以上かかってしまったという事例もあるようです。

そのほかの症状としては、関節部の腫れ、水が溜まる、心臓弁膜症などの心臓病、発疹、痙攣、紅斑などです。

糸球体腎炎は、糸球体の炎症が原因で引き起こされる腎炎です。症状としては、タンパク尿、尿に血が混じる、むくみ、高血圧などです。さらに症状が重篤化してくると、体のだるさに加えて、肺水腫、呼吸困難、腎臓機能が低下していきます。そうなると、透析治療が一時的に必要になってくることも考えられます。

さらに、溶連菌感染症の治療を勧められるのには、以下の理由も関係しています。

他の人への感染を防ぐ

溶連菌は、きちんと治療を行って24時間ほど経つと、周りの人に感染することがなくなると言われています。特に子供では高熱で苦しむことが多いため、迅速に治療を受けることが推進されているのです。

子供の重く辛い症状を緩和させるため

溶連菌が体内で増加し過ぎてしまうことで、咽頭炎、扁桃腺炎、高熱を引き起こします。大人でもとても辛い症状ですので、子供にはどれほど辛いのか想像がつくでしょう。

溶連菌感染症による症状が重いと認められる場合は、医療機関を受診して適切な治療を受けることで、重い症状を早めに軽くしてあげられます。

子供と大人ではどちらの方が後遺症になりやすい?

溶連菌感染症によって引き起こされる後遺症は、やはり子供の方が出やすい傾向にあります。大人の場合ですと、今までに生活してきた中で溶連菌と接触する機会が多くなるということもあり、溶連菌感染症の症状自体が軽く済むということがほとんどです。

子供の場合は溶連菌感染症にかかってしまうと、大人と違ってまだ抵抗力の面でも弱いですので、症状が悪化しがちです。その結果、合併症にかかってしまうという危険性もあるのです。

いかがでしたか?溶連菌感染症は自然治癒するのか、後遺症についてなどご紹介しました。溶連菌感染症は、それぞれの免疫によっては自然治癒することもあるのですが、適切な治療を受けずに放置していると合併症を引き起こす可能性も否定できません。きちんと医師の診察を受け、抗生剤を飲み切ることが大切です。

溶連菌感染症の検査方法は?タイミングや料金は?

溶連菌感染症の症状は?大人と子供の違いは?

溶連菌感染症の潜伏期間や感染経路は?

溶連菌感染症で出席停止になる?期間や日数は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする