あせもの原因や予防方法は?症状の画像は?

スポンサーリンク

あせも(汗疹)は赤ちゃんの登竜門とも言える肌トラブルの代表です。

小さな身体で痛痒がる姿に胸が痛みますが、みんななりますので自分の育児が悪かったのではないか?と自己嫌悪しないようにしましょう。大丈夫です。

また大人でも肌が弱い方はあせもになりやすいです。しかしどうして子供はあせもになりやすい傾向にあるのでしょうか、肌なんてピチピチであんなに若々しく健康そうなのに。

その疑問について明らかにしていきたいと思います。あせもの原因と予防法について確認して行きましょう。

スポンサーリンク

あせもの原因は?

あせもになる原因は、身体の仕組み外的要因の2つからなります。

身体の仕組みでなる原因は『汗腺』によるものです。汗腺とは汗を出す機関ですが、三才以下の子供は特にこの働きが未発達です。

あせもは汗が出づらく、汗腺周辺に汗が浸出することで起こります。

体外に排出されなかった汗は表皮に留まり水疱を作ります。これが炎症を起こして痒くなったり、破れると皮膚が敏感になり痛みを生じる訳です。

以下、それを生じやすくさせる外的要因についてご説明します。

汗をかいたままにしている

あせもが出来やすい場所は首、背中、腕、お尻、胸など汗腺の多いところです。汗をかいたまま放置しておくと雑菌が繁殖したり、汚れた皮脂により汗腺が詰まりやすくなりあせもを生じます。

車で長時間移動する場合などはマメに休憩を取り入れて、通気を良くしてあげましょう。

また暑い夏ばかりではなく冬でもあせもになることがあります。これは着込んだ衣服によって蒸れが生じやすくなる為ですので覚えておきましょう。

食事の後に手や口を洗わない

赤ちゃんは歯がありませんからその代わりにたくさんのよだれを出します。これはよだれに消化酵素が含まれているからです。

消化酵素は脂質を分解するリパーゼなどが含まれている為、皮脂を分解し肌荒れに通じます。その弱くなった肌からあせもも生じやすくなります。

また食事の油や汚れが汗腺を詰まりやすくさせたり、雑菌が繁殖し、肌を弱くさせたりします。

環境の変化

汗をかく要因はいくつかありますが、環境の変化によるストレスからも汗を生じます。緊張して汗をかいて、着替えも出来ない状態で蒸れたりすると、下着のあとなどにあせもが出る場合があります。

特に子供ってよく走り回ったりして汗をかきますよね、また代謝がいいので体温が高く元々大人よりも常に汗をかきやすいという特徴もあります。

環境の変化によって、運動量などを変えればいいのですが子供は限界まで遊んだり、赤ちゃんは自分で服などを脱いだり出来ないことで簡単に汗疹が発生しやすいのです。

スポンサーリンク

あせもの効果的な予防方法は?

あせも(汗疹)に対する効果的な予防法は以下の二つです。

①かいた汗に対する対処
②過剰な汗をかかないようにすること

以下に具体的な対処法を説明します。

①かいた汗に対する対処

これは出来るならシャワーを浴びたり、着替えをする。またはそれが難しければ汗を拭くことです。
あせもは放出されなかった汗が浸出して起こるわけですから、きちんと代謝出来る環境を整えてあげることが大切です。

②過剰な汗をかかないようにすること

これは環境を整えることが大切です。

  • 通気性の良い衣服にする、クーラーをつける
  • 緊張しやすい状態を整える

など、後述の方は性格的素因もあるのですぐには難しいかも知れませんが、具体的に『緩める』ことが効果的です。

  • 衣服を緩める。
  • 緊張を緩める。
  • 感情を緩める。

など、出来る限りで『緩める』ようにすると緊張はほどけやすくなり、自律神経バランスが整います。

スポンサーリンク

あせもに塩を塗ったりするのは効果ある?

よくあせもの症状がでている皮膚の箇所に塩をすりこんだり、海水浴をすると治るといった民間療法的な話があります。場合によってはさらに症状が悪化してしまうケースもあるので止めておきましょう。

また、しっかりと塩分補給することで汗をかいてもあせもができにくい汗になります。夏場は塩分不足になりやすいので、水分補給するときも水だけではなく、塩をなめたりスポーツドリンクを使用して塩分補給に努めましょう。

しっかりと塩分補給することで、汗のPHバランスが整ってあせもになりづらい汗へと変化します。

スポンサーリンク

あせもの症状の画像

あせも1
よく見られる『紅色汗疹(こうしょくかんしん)』というタイプのあせもです。痛痒くなるのが特徴です。

参照:http://sickchild-care.jp/point/4805/

あせも3
ひどくなると全身に症状が出ます。

参照:http://e-garmin.com/3550/

あせも2
『水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)』という痒みの出ないタイプもあります。見た目が気になります。

参照:http://tease-byebye.com/asemo/prevention-heat-rash.html

あせもの薬のオススメランキング

あせもの治し方や対処で効果があるものは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする