アデノウィルスの検査方法やタイミングはいつ?

スポンサーリンク

アデノウィルス感染症の検査には保険が適用されます。

方法は病院によっても異なりますが、専用の検査キットで上咽頭の粘膜をこするか、目から涙を採取する方法、または血液検査を行う方法などが主流です。

検査の結果が陰性だったとしても、時間をおいて再検査したら陽性となることも考えられます。自分がいつから症状を自覚しているのかということを考え、少し様子を見てから検査しないとわからないことを知っておいて、タイミングを見計らって検査を受診していきましょ。

子供なら小児科、大人なら内科で検査を受けることが基本になります。しかし発生している症状から何科を受ければいいのか迷った時は、こちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アデノウィルスの検査はいつするべき?病院は何科?

例えばインフルエンザの検査は、その方法だけでなく、いつ検査を受けるのかというのは非常に重要な問題です。例えばウイルスが体内に潜伏している期間や、発症から間もない間は、たとえ検査をしても正しい結果が得られない可能性があるからです。

実はアデノウィルス感染症の検査についても、これとほぼ同じことが言えます。検査キットを用いるやり方なら簡単にできて、お金も時間もそれほどかかりません。なにしろ保険が適用されますからね。しかしながら、どのタイミングで検査を受けるかというのは非常に重要で、タイミングを間違えると正しい結果が得られないこともあります。

1日以上経過を観察して検査を受けよう

検査によって正しい結果を得るには、最低でも発症から一日以上、空けることが必要です。検査を受ける際には、子供は小児科、大人なら内科を受けることが基本になりますが、まれに、発熱や喉の痛みなどの症状よりも結膜炎に似た眼の異常が発覚して、眼科を受診してからアデノウィルス感染症の疑いが出るということも考えられます。

スポンサーリンク

アデノウィルスの症状と感染経路について

急に高い熱が出た……おまけに喉も痛い……これって何の病気?

早く対策を打たなければと思うけれども、まずは病気の正体が分からなければ対策の取りようがありません。アデノウイルスに感染すると具体的に発生する症状について知っておきましょう。

アデノウイルスの症状について

急に高熱が出たとか、喉が痛いとか、あるいは腹痛や下痢、あるいは嘔吐がひどくて食事もままならないというような場合は、アデノウイルスに感染してプール熱を発症している可能性があります。

とはいえ、プール熱に感染しているといったって、自分はプールなんて行ってないのになぜ? と疑問に思う人がいるかもしれません。このウイルスが原因となって発症するプール熱(咽頭結膜熱)は、その通称こそプール熱と呼ばれていますが、だからと言ってプールに行った人だけが感染するというわけではないのです。

もちろん、子供が感染した場合だって同じことです。

アデノウイルスは潜伏期間が長い

アデノウイルスによる感染症は、例えば風邪やインフルエンザなどと比べると潜伏期間が長く、なかなかどこで感染したのかが判断しにくい。

ウイルスが体内に潜伏しているこの期間や、あるいは発症直後は、たとえキットを用いて検査しても、効果はあまり期待できません。

また、アデノウィルス感染症については予防接種が今のところ存在せず、インフルエンザにおけるタミフルのような特効薬もなく、さらには確実な治療法も確立されていないため、基本的には予防が最も重要ということになります。

急に高熱が出るなど体調不良に見舞われ、プール熱の疑いがある場合でも、正しい検査結果を得るためには最低でも一日程度時間をおかなければならないことは、ぜひ覚えておいてください。

スポンサーリンク

アデノウイルスの検査方法

アデノウイルスの検査にはいくつかの方法はあります。主に行われる検査方法は下記の3つです。

もっとも迅速に結果が出るのは検査キット

アデノウィルス感染症の検査を行う場合、多くの病院で採用されているのは、検査キットを用いる方法です。これは、上咽頭の粘膜を綿棒でこすり、感染の有無を確かめるやり方で、インフルエンザの検査とも少し似ている部分があります。

検査の実施から結果が出るまでのスピードが非常に早く、最短では15分程度という例もあります。ただし、検査の精度がやや低くなってしまうのが難点です。また、アデノウイルスが体内に潜伏している期間や、発症から間もない時期は検査の結果が正しく出ない場合もあります。

なので、検査を受ける際には医師の指導やアドバイスに従ってください。

下まぶたから涙や目やになどを採取して行う検査も

検査キットと同様、迅速に結果が得られる方法として知られているのは、下瞼から涙や目やにを採取して行う検査です。ただしこのやり方の場合、結膜炎に似た眼の異常が出てからでなければ推奨されないほか、特に小さな子供が(下瞼を綿棒でこするというやり方を)嫌がる可能性があります。

もちろん、鼻の粘膜に綿棒を突っ込むのも異物感があってイヤなものですが、下まぶたを綿棒でいじられることにも抵抗がありますよね。

血液検査なら精度が高い


検査キットを用いたアデノウイルス感染症の検査は、迅速に結果が得られる反面、その精度がやや低いという問題があります。その点、血液検査であればより確実にアデノウィルス感染症を見破ることができます。

これは、アデノウィルスをやっつけるために体内にできる血液中の〈抗体〉の量、その増減を確かめることでこの病気に感染したかどうかを確かめる方法で、精度が非常に高い半面で、検査の結果が出るまでに時間が掛かるという問題があります。

血液検査は、アデノウィルス感染症にかかった患者に対して、迅速な病気の発見と正しい対処を施すために行うものというよりは、症状がある程度おさまった後に、事後確認として行われる場合が多いです。

例えば、アデノウィルス感染症から肺炎などを併発した場合、正しい治療の道筋を立てるために血液検査が有効となる例もあるんですね。ちなみに、肺炎の疑いがある場合はレントゲン撮影を進められることも多いです。

どのみち、肺炎の原因となったのがアデノウイルスなのか、あるいは一般的な風邪の菌なのかその違いによって、治療法など対策が異なってきます。そう考えると、検査によって正しい病名を突き止めるというのが重要であると分かっていただけるでしょう。

アデノウィルス感染症の症状にはいろいろな種類がありますが、特に抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りは、発症から完治に至るまでの間に、症状が重くなりやすい傾向があります。

アデノウイルスに感染した際に注意しなければならないのは、対処法を間違えると肺炎など重い症状を併発する可能性があること。特にお年寄りの場合は、肺炎がもとで死亡する危険もあるため、くれぐれも油断は禁物です。

スポンサーリンク

アデノウィルスの検査料金の費用は?保険適用される?

アデノウイルスの検査を受けたいけれど、費用がちょっと心配という人もいるでしょう。確かにアデノウイルスの検査は、保険が適用されない時期もありました。つまり、希望者はおおよそ3千円程度の料金を自己負担して検査を受けていたんですね。

たかが三千円、されど三千円です。家計のやりくりに奮闘する主婦にとっては特に、バカにできない金額だと思います。

一度の検査でこれだけの金額を負担しなければならないうえ、もしも、正しい結果が得られずに再検査なんてことになると……やっぱり馬鹿にはできない金額ですね。

ところが現在では、アデノウイルスの検査には保険が適用されることが一般的になっています。保険を適用した場合、費用は三割負担が基本なので、おおよそ800円から千円程度を患者が負担するという形になりますね。

さらに、お住まいの地域によっては義務教育期間に該当する児童や生徒に特別な保険が適用されたり、乳幼児とその保護者に特例の保険が適用されるというケースもあります。

このあたりのルールは地方自治体によって大きく異なりますので、検査を受ける前後に、受診した医療機関にて確認を取ってください。

アデノウィルス感染症の症状は?大人と子供で比較!

アデノウィルスの潜伏期間や感染経路は?

風邪に乳酸菌サプリは予防効果がある?

夏風邪の症状や早く治す方法は?

胃腸風邪の初期症状や期間は?子供と大人の違いは?

今年の風邪2017の症状は長引く?特徴や種類は?

お腹の風邪と胃腸炎の違いとは?症状や薬は?

免疫l137は風邪やインフルエンザに効果ある?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする