感染性胃腸炎の症状や期間は?

スポンサーリンク

とりわけ夏場に猛威をふるう感染性胃腸炎は、病原性大腸菌やアデノウイルスなどによるもの。食事の保存状態が悪いことで菌が繁殖している物を摂取したり、感染者の糞便などから上がってくる菌などから感染が広がります。

ニュースなどでも毎年、で店などで胃腸炎や食中毒などの報告が上がっています。

この感染性胃腸炎の症状である腹痛や下痢のほか、頭痛や発熱の症状はいつまで続くのか? 下痢のみでおさまる場合はあるのか?治療の手立てや、子供が感染した場合に注意すべきことなどを分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

感染性胃腸炎の症状は?

感染性胃腸炎という言い方をするとピンとこない人がいるかもしれませんが、よく知られる食中毒も感染性胃腸炎の一種です。

そう考えると、以下に挙げる症状がよりイメージしやすくなるでしょう。ちなみに、胃にだけ異常をきたす場合は胃炎、腸だけに影響が及ぶ場合を腸炎といい、これらをまとめて胃腸炎という言い方をします。

感染性胃腸炎の場合、症状が胃だけで治まるということはまず考えられません。症状について紹介します。

症状について

症状の出方には個人差がありますが、一般的に知られているのは、激しい腹痛を伴った下痢や嘔吐などです。

場合によっては、発熱や頭痛、全身の倦怠感などを自覚することも珍しくありません。

夏場の感染性胃腸炎は、特に食中毒という形で夏場に流行する場合が多いため、発熱や頭痛、全身のけだるさなどを自覚しただけでは、これはきっと風邪の症状だろうと勘違いしてしまう人がいるので要注意です。

あえて強調する必要もないことですが、単なる風邪と胃腸炎は、症状が少しくらい似ていても全く違うものです。

まず、治療法や対処の方法が全く異なります。それゆえ、実際にはウイルスによって胃腸がおかされているにも関わらず、単なる風邪だと勘違いしてしまうと、それはもう大変なことになるのです。

下痢や腹痛の症状の特徴

胃腸炎の原因となる細菌やウィルスの種類によって、症状は少しずつ異なりますが、ストレス性ではないウィルス性の胃腸炎の場合、やはり腹痛や下痢が症状の中心となり、老若男女問わず水溶性の便を排泄したりします。

このあたりが、単なる夏風邪化ウイルス性の胃腸炎かを見極める一つのポイントになるでしょう。

一度下痢をしてもう何も出すものが無いのに、それでも下痢の兆候が見られる場合は胃腸炎の可能性が濃厚になります。

激しい下痢や嘔吐から脱水症状を併発する危険があるため、下痢の時こそこまめに水分を補給(できればスポーツドリンクのような、ほどよい塩分と電解質を含んだもの)する必要があります。

熱や頭痛の症状から風邪と勘違いしやすい

この症状があるからこそ、ウイルス性の胃腸炎は夏風邪の類と勘違いされてしまう危険性があるのです。確かに、ウイルス性胃腸炎の病原体の一つである〈アデノウイルス〉などは、夏風邪の一種とされるプール熱(咽頭結膜熱)の原因となるウイルスなので、特に自分の周囲でこれらの感染症が流行している場合などは、病気を見誤ってしまっても仕方がないと言える部分はあるでしょう。

しかしながら、症状を正しく判断できないと、必然的に病気の対処(治療法)も間違えるということなので、患者にとっては大変なことです。冷静に病状を見極める一つのポイントは、自分の判断を過信しないで、可能な限り病院へ直行することです。

先ほど、プール熱の原因となるアデノウイルスが頭痛や発熱を引き起こすという話題を出しましたが、それ以外にも例えばノロウィルスは、ウイルス性胃腸を引き起こす病原体の中でも特に、発熱や頭痛を引き起こすものとして知られています。

細菌とウイルスの違いって?


ところで先ほど、「胃腸炎の原因となる細菌やウイルスの種類によって、症状は少しずつ異なる」という言い方をしました。なぜ〈細菌やウイルスの種類〉というふうに、この二つを分けるような言い方をしたのか。疑問に思う方がいるかもしれませんが、これは決してミスではありません。

ご存じでない方がいるかもしれませんが、細菌とウイルスは、厳密には違うものです。確かに、細菌だろうがウイルスだろうが、胃腸炎の原因になりえるという意味では同じなのですが、細菌性の胃腸炎なのかウイルス性の胃腸炎なのかによって、症状の出方や治療の手立てなどが少し違うのです。これは覚えておいて損にならないでしょう。

胃腸炎を引き起こす菌

胃腸炎の原因となる細菌として知られているのは、黄色ブドウ球菌・サルモネラ・ブドウ球菌・腸炎ビブリオ・病原性大腸菌・カンピロバクターなど、いわゆる〈食中毒〉の病原菌として知られているものです。先ほど「食中毒も感染性胃腸炎の一種だ」という解説をしたのは、こういう事情があるためです。

ちなみに、細菌性胃腸とウイルス性胃腸炎を比較すると、細菌性のほうが潜伏期間が短く、最悪の場合は、菌によって汚染された食品を口にしてから6~12時間程度で体に異変が出てしまいます。

細菌とウイルスの違い

医学的、生物学的に見て、細菌とウイルスの大きな違いの一つは、自分の力だけで増殖する力を持っているか、そうでないかです。実は細菌というのは、周囲に糖分や水分がある環境下であれば、生きた細胞に寄生しなくても、自力でどんどん増殖していくことができます。

それに対して、ウイルスというのは周囲に糖分や水分がある環境下であっても、ウイルス単体では生存することができません。必ず、生きた生物の細胞に寄生し、その中で増殖を繰り返していく必要があるのです。

この特徴は、ロタウイルスやノロウイルス、さらにはアデノウイルスなど、胃腸炎の原因となるウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスなどにも共通するものです。

スポンサーリンク

症状の期間はいつまで?

細菌性にしろウイルス性にしろ、いわゆる急性胃腸炎の治療は経過観察が基本です。

つまり、自然に治癒するのを待つのです。となると、つらい腹痛や下痢、嘔吐などの症状がいつまで続くのかというのは、非常に気になる問題ですよね。

感染性胃腸炎が続く期間は、およそ2~3日程度です。場合によってはもっと長い間症状に苦しむ場合もあります。自分が感染した細菌やウイルスの種類によって、症状が持続する期間が違うのです。

例えば、生まれてから五歳になるくらいまでの間に、多くの人が感染を経験するといわれるロタウイルスは、発症から完治まで三日から一週間程度と、症状が続く期間は少し長めです。

その分、ノロウイルスやアデノウイルスによる急性胃腸炎と比較すれば、症状は軽いままで済む場合が多いのですが。

細菌性かウイルス性かの違いによっても、症状が持続する期間はことなります。胃腸炎の場合、一般的には細菌性のほうが症状は長引く傾向にあります。それは例えばO-157(病原性大腸菌)やサルモネラ菌、あるいは黄色ブドウ球菌などの症例を見ると納得できますね。

細菌性の場合

細菌性の場合、だいたいどれをとっても、嘔吐や下痢、腹痛などの症状が一週間程度は続きます。

その中でも患者によって個人差があり、例えば、嘔吐の症状だけが集中的に二日程度続いたり、その一方で腹痛はいつまでも治らなかったりと、症状別にみても持続する期間が少しずつ違います。

つまり、細菌性胃腸炎の症状が一週間程度つづくというのは、症状が完治するまでにだいたいそれくらいの時間が掛かってしまうのだというふうに考えてください。そもそもなぜ、嘔吐や下痢といった症状が出るのか。

これは要するに、病原体に犯された身体が、なんとか有害な物質を体外に出そうと働きかける反応の一種なのです。無事に細菌をほとんど体外に出すことができたら、急性胃腸炎の症状は治まるということになります。

加えて、急性胃腸炎というものは、一般的に〈食中毒〉として知られる症例のほうが長引きやすいのです。特に抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りほど重症化する傾向があるので、くれぐれも注意が必要です。

スポンサーリンク

効果的な治療方法とは?

感染性胃腸炎の原因は、細菌性のものとウイルス性のものがあるという説明をした際、細菌かウイルスのどちらが胃腸炎の原因になるかによって治療法も異なるという補足をしました。

この項目にて、その詳細を解説したいと思います。

細菌性とウイルス性の治療法の違いについて

もちろん、いかなる場合にも例外は考えられますが、基本的に〈細菌性〉の胃腸炎なら、抗生物質による治療、あるいは症状の緩和が可能です。ところがウイルス性の胃腸炎ならそれができない。治療法においては、まずはこれがいちばん大きな違いです。

細菌に効く抗生物質はあっても、ウイルスに効く抗生物質はない、そう考えると分かりやすいでしょうか。確かにウイルスの場合は、生きた細胞に寄生するので、抗生物質が効かないというのは納得のいく話でしょう。

もしも、生きた細胞に寄生しながら増殖するウイルスが抗生物質によって死んでしまうのだとすれば、同時に生きた細胞(つまり人間)にまで重大なダメージが及ぶということになってしまいますよね。

また、抗生物質の効く細菌性、聞かないウイルス性のどちらであっても、基本的には経過観察が最善の治療となります。つまり、対処療法で経過を見守りながら、体内で増殖した菌が体外に排出されるのを待つのです。

確かに患者にしてみれば、下痢や嘔吐などの症状はつらいですが、これは全て「金を体の外に出そう」とする防衛本能の一種です。だから必ずしも、こういう症状が出ていることが悪いことではないのです。

下痢止めの使用は症状を悪化させる

しばしば、下痢の症状を抑えようとして下痢止めを服用する人がいるようですが、これは禁物です。下痢を無理に止めてしまえば、病原体を体の外に出そうとする働きが失われてしまい、胃腸炎の完治が遅くなってしまうのです。

感染性胃腸炎の症状を緩和する物質として、最近とくに注目されているのが、乳酸菌の力です。乳酸菌の働きで免疫力を高め、腸管内に増殖しているウイルスを体外へ排出する力を高めることができるのです。

だから、急性胃腸炎にかかってしまった場合、下痢止めではなく(ビフィズス菌などが含まれる)整腸剤を服用するのはアリなんですね。有効な治療の手立てとして認知されています。

あとはすでに説明しましたが、嘔吐や下痢などの症状によって脱水症状を引き起こすことを防ぐために、スポーツドリンクなどでこまめな水分補給を怠らなければ、自然と症状は治まります。

お腹の具合が悪い時の食事は、非常にむつかしいものですが、おかゆやリンゴ(できればすりおろしたもの)やよく煮込んだうどん、加えて野菜スープなど、できるだけ消化の良い食べ物を選んで摂取し、つらい症状を乗りきりましょう。

逆に、炭酸飲料やコーヒー、アルコールなどの刺激物、糖分の多いお菓子の類、繊維質の多いキノコやコンニャクなどは、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

感染性胃腸炎はうつる?出席停止はいつまで?

感染性胃腸炎の食事はいつから平気?子供にオススメは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする