感染性胃腸炎の食事はいつから平気?子供にオススメは?

スポンサーリンク

激しい嘔吐や下痢が続いて、食事もままならない感染性胃腸炎。苦しい状況を乗り切るためにオススメの食品は(症状や体質によって個人差も考えなければなりませんが)ヨーグルトやバナナ、あるいは加熱処理をした卵などです。

一方で、糖分の多いゼリーやアイス、さらには乳と脂肪分を含むパンなどは、口にしないほうが良いでしょう。今回は幼児にも勧められるレシピを、いくつかご紹介します。

また、体力を戻すためには食事は欠かせませんが、いつから食べればいいのかしっかり把握していないと、再び気分が悪くなったり、せっかく食べたものを戻してしまう事にもなります。

そちらについても紹介しますので、食事を行うタイミングも判断できるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

感染性胃腸炎の食事はいつから食べてもよい?

感染性の胃腸炎に罹っていると分かったら絶食すべきだ、というような話を聞いたことは無いですか?驚かれるかもしれませんが、一昔前までは、感染性胃腸炎の症状を緩和するためには絶食が最善の策だと言われていたのです。

そして今もなお、苦しんでいる胃腸への負担を少しでも和らげるためには絶食すべきだという考えは根強く残っているのですが、さすがに、食事を完全に抜くのは体に悪いという価値観が、現在では主流です。

確かに、下痢や嘔吐などの症状が断続的に続いているなら、いくら食事を摂ろうとしたって無駄です。それどころか、無理な食事がかえって体に余計な負担をかけてしまうという例も少なくありません。

けれども、絶食には限度がありますよね。特に人間にとって水分は非常に大切なもので、食事はともかく水分の摂取を完全に断ってしまうと、すぐさま命の危機につながります。これは決して大げさな物言いではないのですよ。

確かに、細菌やウイルスによる急性胃腸炎の症状は、すぐに治るものではありません。

しかしながら、下痢にしても嘔吐にしても、あるいは腹痛にしても、ピーク時とまったく同じ辛い症状がずっと続くわけではありません。

これらの症状によって病原体が体外に排出されることで、少しずつですが症状は緩和されていきます。胃腸炎を発症したばかりの頃は、食事を摂るなど本当に厳しいことでしょう。

しかしながら、症状が緩和するにしたがって、少しずつでもいいから何か栄養を取るというのは、胃腸炎の症状とおさらばするために、とても重要なことなのです。

半日後から徐々に食事をはじめていこう

細菌あるいはウイルスによる感染性胃腸炎を発症したばかりの頃は、食事をとることもままならないという説明をしました。それでは、いつどういうタイミングであれば食事を再開しても大丈夫なのか?

もちろんこれは病気のことですから、状態には個人差があります。あくまで目安として、発症から6時間~12時間ほどは、固形物の摂取を極力ひかえたほうが良いとされます。

なぜ発症から6時間~12時間なのか。

実は、発症から半日程度が経過すれば、徐々に嘔吐の症状が治まってくるというケースが多いからです。

残念ながら、下痢の症状がこれほど早く治まるということは無いのですが、少なくとも口からもどすということがなくなれば、患者はずいぶん楽になり、少しずつ食事を再開できるというわけです。

発症から半日程度は固形物の摂取を控えるべきだと言いましたが、この間にも脱水症状を避けるため、こまめな水分補給は忘れないでください。コンビニなどでも入手できるスポーツドリンクや、経口補水液がオススメです。

それぞれ、下痢や嘔吐によって急速に失われた電解質などを補うことができるからです。

嘔吐が収まらない場合は病院へ

感染性の胃腸炎を発症してから12時間以上が経過しても、嘔吐の症状がいっこうに良くならないという場合は、直ちに病院へ行き、医師の診察を受けたうえで指示を仰いでください。

もともと、感染性胃腸炎を発症したことによる下痢や嘔吐などは、身体に侵入し、増殖したウイルスを外に出そうとする防衛反応の一種です。

だから、下痢や嘔吐などの症状自体が、何かしらの以上にあたるわけではありません。身体の反応が治まるまで、辛抱強く構えてください。

症状のピーク時には、数分から十数分という短い間隔で下痢や嘔吐などの症状が続くこともありますが、それでも、下痢止めを飲んで無理に症状を抑えようとするのは絶対にやめてください。完治のタイミングがどんどん遅くなってしまいます。

スポンサーリンク

感染性胃腸炎になったらどのような食べ物が効果的?

一昔前に大流行した病原性大腸菌(O-157)やノロウイルスなど、それこそ季節を問わず、感染性胃腸炎の原因となる細菌やウィルスはたくさんあり、感染することで引き起こされる症状も少しずつ違います。

ただ一つ言えるのは、ストレス性の胃炎や腸炎に比べると、格段に症状が重いということ。なにしろ、下痢や嘔吐によって食事すらままならない状況になるわけですから、ストレス性と感染性の胃腸炎を単純に比較できないのは当然のことですね。

自分の周りで感染性胃腸炎が流行しているのであればなおさら、自分がかからないように予防を心掛けるのがいちばん良いことなのですが、そうは言っても、予防だけで感染のリスクがゼロになるわけではありません。

いざ自分がこの病気にかかってしまったら、どうすればいいのか?心配なのはやはり食事面です。症状が回復するまでの間、何も口にせずにいることはできません。そんなことをしたら死んでしまいます。

どれだけ症状が重くても、スポーツドリンクや経口補水液などによる水分補給は絶対に欠かせません。それ以外で考えても、特に体調が優れない間は固形物以外での栄養補給を考えたほうが良いでしょう。

例を挙げるなら、以下のような食品です。食品とは言い切れないものも多いですが……

発症から間もない頃、症状が重いならこれがオススメ!


発症から間もないタイミングでは、それこそお粥を口にすることさえつらいことがあります。そんなときは〈重湯〉ですね。これはつまり、お粥の上澄み液のことです。一応はお米なのでカロリーは摂取できますが、水分が大半なので胃や腸に負担がかからないのです。

重湯と同様に、胃腸に負担を掛けず口にできるのは、薄い味噌汁です。なぜ薄い方が良いのかというと、塩分を薄めたほうが、胃腸に負担をかけずに済むからです。普段はまったく気にしないようなことでも、感染性胃腸炎の患者なら警戒しなければならないんですね。

何らかの形で野菜を摂るなら、薄味の野菜スープがオススメです。ただ、野菜はそれこそ原形をとどめないくらいに軟らかく煮てください。具材を軟らかく煮た場合、ビタミンなどの栄養は野菜の本体から液体へと溶け出すので、病中の野菜スープは、野菜を食べるというよりも汁を飲む方が大事になります。

症状が少しずつ治まってきたら

下痢の症状はまだ少し続いているという場合でも、嘔吐のピークを過ぎたら体はずいぶんと楽になります。少しずつ食欲が出てきたら、やわらかめのお粥やうどん、あるいは茶わん蒸しなどにチャレンジしてみましょう。どれも、消化に良いものばかりです。

茶碗蒸しは少し作るのに手間がかかりますし、市販のものなら添加物が少し心配という方もいると思います。それなら、自分で作ったうどんに半熟卵を加えるだけでも病中食としては効果が期待できます。

卵だけでなく、大根や三つ葉などをちょっと加えるだけで栄養のバランスが良くなりますよ。

果物で言うなら、すりおろしたリンゴやバナナなどが、栄養価や消化の両面から考えてオススメです。ただし注意したいのは、自分で果物からすりおろしたリンゴならよくても、市販のリンゴジュースは少し注意すべきだということ。

なぜなら、市販のリンゴジュースには砂糖のほか、よけいな食品添加物も含まれているからです。果汁が100パーセントのものなら、市販の物でも胃腸にかかる負担が少ないのですが。

また、市販のリンゴジュースに加え、ヨーグルトなどの乳製品にも少し注意が必要です。

特に最近では乳酸菌の働きが注目され、お腹に優しい食べ物として知られているヨーグルトですが、あくまでこれは乳製品であり、乳製品は基本的に、消化には良くない食べ物なのです。

ただ、乳製品の消化能力は遺伝や個人差によるところが大きいため、すべての人にとってヨーグルトがオススメできないというわけではありません。

どうしても乳製品が体に合わない(いわゆる〈乳糖〉を消化する能力が生まれつき弱い)人なら避けるべきです。特に日本人は割合的に見て、乳糖の消化能力が低い人が多いと言われています。

口にしない方が良いのはどんな食品?

当然のことながら、胃腸に負担をかけてしまう食品は避けるべきです。普段なら全く気にしないようなレベルであっても、細菌やウイルスのせいで体が弱っているなら、少しいたわってあげてください。

では、どのようなものが胃腸に負担をかけてしまうのか。刺激物となりえるのは塩分やアルコール、そしてカフェインです。また、塩分がダメなのと同様に糖分も避けるべきなので、必然的に、甘いお菓子はだめということになります。

よく、お腹を壊したときはお菓子を食べちゃダメだと言われますが、この意見にはちゃんと根拠があったんですね。市販のお菓子にはたいてい、糖分や脂肪分が(多量に)含まれます。このどちらも、消化の際には胃腸に負担をかけてしまう物質です。

特に小さいころ、両親や祖父母から注意されたという人も多いのではないでしょうか?

また、肉などの消化に時間のかかるものも胃腸には負担になります。洋食よりもあっさり系の日本食を摂取することをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

病気が原因で食事が制限されるというのは、かなりつらいものです。しかしだからと言って、無理な食事を続けては、よけいに症状が悪化したり、あるいは完治が遅くなったりするだけです。

仮に食べたいものがあったとしても、それが体に負担をかけてしまうなら、ぐっとこらえてください。布団の中で味を想像するだけならOKなので、元気になって食べられる日が来るのをひたすら夢見て待ちましょう。

ただし、感染性胃腸炎が治ったからといって、すぐさま食事を元の状態に戻すのは危険です。

例えば、骨折の治療を経て復帰したアスリートが、すぐさま激しい運動をすると、長い間、動かしていなかった身体がついていかないのと同じように、胃腸炎から回復した人がすぐさま普段通りの食事を再開すると、これまでろくに動かしてなかった胃腸に大きな負荷がかかります。

するとまたすぐにお腹を壊してしまう可能性があります。

特に肉や魚の類は、完治から二日程度、様子を見た後で食べたほうが良いでしょう。食事の質や量を元通りにする際は、少しずつ時間をかけて体を慣らしていくという考え方が重要です。

感染性胃腸炎の症状や期間は?

感染性胃腸炎はうつる?出席停止はいつまで?

お腹の風邪と胃腸炎の違いとは?症状や薬は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする