朝にスッキリ目覚める方法6選

スポンサーリンク

人生の3分の1は睡眠で占められており、スッキリした目覚めは健康や日中の生活の質を高める為にも非常に大切なものです。

しかし

  • 朝起きても疲労感が拭えない
  • 寝ているはずなのに寝ても寝ても眠い
  • 夜遅くまで何かをしてしまう
  • 朝からダルいと日中の集中力が続かなくパフォーマンスまで下がってしまう
  • 年齢のせいか早起きしてしまう。もう少しだけ寝ることが出来れば…

と悩んでいる方が多いのが実情です。

そこでスッキリ目覚める方法6選をご紹介します。睡眠の質を向上させて日々の生活の効率化を目指していきましょう。

スポンサーリンク

生活習慣を正す

分かってはいるけどなかなか早く寝ることが出来ない。そんな方が多くいます。

現代は24時間営業のお店も増え、その分夜にプライベートを充実させる方が増えてきています。活動の時間が増える代わりに休息の時間が減っているのが現状です。

『睡眠』➡『スッキリ目覚め』の分かれ目は『安眠・熟睡』か『浅眠・仮眠』です。

寝ている間に身体を休める神経(副交感神経)が優位になり、身体の修繕していきます。

つまり身体を修繕しきれなかった場合に『重ダルい』『気だるい』目覚めとなってしまう一つの要因がある訳です。

この『身体を休める神経』である『副交感神経』は自律神経の一つで『リラックスの神経』と言われています。逆に『日中は元気に活動しよう!』という神経が『交感神経』と言われるものです。

つまりはこの『交感神経』『副交感神経』のバランスが大切になります。

長い活動時間を得た現代人は『交感神経』が過剰に働き、身体の緊張が取れづらくなっています。ですからまず『活動』と『休息』のバランスを取ることが重要です。

生活リズムを整えるポイント

単純に考えた時、1日は24時間であることは変わらないですから、活動と休息を12時間ずつ取ることが必要です。しかし、忙しい現代ではなかなか難しいのが現状です。

対策としては、『決まった時間に決まったことをする』というものです。

私たちの身体は『恒常性維持機能』といい、身体を一定に保とうという機能があります。これは『体内時計』でその時間になるとホルモンを分泌して身体のバランスを絶妙に取っている訳です。

それが、

  • いつもバラバラの時間に食事を取る
  • 寝る時間もバラバラ
  • 突然緊張状態を強いられる

などの環境にいると、身体は「いつホルモンを分泌すればいいの!?」と分からなくなってしまいます。

するとホルモンバランスが崩れて身体を休めることが上手くいかなくなったり、それが原因でスッキリとした目覚めが得られづらくなります。

ですから、一つ目の『スッキリ目覚める方法』としては、『決まった時間に決まったことをする』ことです。

スポンサーリンク

朝日を浴びる

朝日

実は『朝起きた時から次の日にスッキリ目覚める準備』は始まっています。

これは『朝日』と脳の情報伝達物質の関係が深いことが分かっているからです。朝日を浴びると、脳内でメラトニンというホルモンが分泌されます。そうした時に、約14~15時間後に『もう夜だから寝ましょうね』という神経が誘発されてくるのです。

ですから、出来れば朝起きたら外に出て朝日浴びながら新鮮な空気を胸一杯深呼吸をして吸い込む。出来なければ窓を開けて朝日を浴びるということが大切です。

これは『朝日』でないと効果が出ないそうです。何万年も太陽を『陽の恵み』と浴び続けた遺伝子が為せる技と言えます。

身体を一定に保とうとする『恒常性維持機能』は同じ行動を2ヶ月続ければ安定すると言われていますので、毎朝朝日を浴びましょう。

ですから、二つ目の『スッキリ目覚める方法』としては、『きちんと朝日を浴びる』ことになります。

スポンサーリンク

ストレスを溜めない

ストレスを溜めないようにする事にはマインドが一つの重要な要素になります。

ストレスを溜めないようにするコツについて紹介します。

ストレスへの認識を変えよう

何かと悪い要素であると嫌われがちな『ストレス』ですが、実はストレスが無いと人類は滅亡してしまうと言われています。これは『適応能力』を高める為に人体や動物に配備されている機能です。

嫌なことが起こる➡それを克服する(耐性がつく)➡進化する

という理論により人類は成長発展し続けて、ついには地球に生き残ることが出来ています。

野性動物の多くは環境が変わるとすぐに絶滅してしまいますが、人類には『ストレスを克服する』という知能が発達しているので、身体の機能的には適応できなくともそれを道具やアイデアなどで克服できるのです。

極寒の地や灼熱の地で繁栄してきたのにはそういう訳があります。

ストレスを発散するためには?

しかし、ストレスに耐えきれなかった個体が短命であったことも否めません。

ストレスを感じると交感神経が働き、常に身体は緊張状態を強いられます。これにより血管が硬くなり、動脈硬化や脳溢血を引き起こします。身体の緊張状態が続くと、交感神経が昂った状態となる為に上手く休めなくなり、身体は消耗する一方です。

これにより『スッキリとした目覚め』が得られづらくなります。ですからストレスにどう対処していくか?が必要になります。

一口に『ストレスを溜めないように』と言ってもその方法は様々です。

とても難しいですが、一つの対策としては『ストレスを発散する』ことです。これは溜まったストレスに対する発散法で、人によっては趣味や運動で発散します。

ストレスに繋げない思考

もう一つは『達観すること』です。ストレスをストレスと思うからストレスになります。

例えば、車を運転していて危険運転の車がいて危ない目にあった時、「こら!」と怒ることは簡単ですが、「あの人の家族に何かあったのかも知れないな」と怒ることを止めることです。

怒りの根底には不安があり、不安の裏には恐怖があります。

以上を知り、自分自身が「あぁ、今自分は怖かったんだな」と自分で納得することです。それでもストレスは無くなりませんが、『ストレス』は自分に必要なものだと知り、対処していきましょう。

という訳で、三つ目の『スッキリ目覚める方法』としては、『ストレスを溜めないように対処する』ことです。

スポンサーリンク

入浴方法

スッキリ目覚める為の入浴方法は簡単です。

これは

  • 夜にのんびりぬるま湯に浸かる。
  • 朝は熱めのシャワーを浴びる。

ことです。

夜にのんびりぬるま湯に浸かることは『副交感神経』を優位にする為です。副交感神経が優位になることにより、リラックス状態になり筋肉が弛緩し、快眠の状態が作りやすくなります。具体的は38~42℃のお湯で15~20分ほど浸かります。

リラックスした状態で仕事のことを考えてもいいですが、出来るならその時だけでも歌でも歌って頭を空っぽに楽しそうにした方が精神衛生上にもリラックス出来ます。

また朝は熱いシャワーをザッと浴びることにより、『交感神経』のスイッチが入り、シャキッとします。

比較的効果がすぐに得られる方法です。

ですから、四つ目の『スッキリ目覚める方法』としては、『夜はのんびりお風呂、朝は熱いシャワーを浴びる』ことです。

スポンサーリンク

食生活の改善

例えば、お酒を飲み過ぎた翌日の朝は気だるいですよね。また焼き肉など消化の悪いものを食べて寝たら次の日に胃がもたれたりします。

当然朝はスッキリ起きることが出来ません。これは寝ていても内臓が働いている為に翌朝疲れてしまうわけです。かといってお腹が減っていても空腹では上手く眠れなくなる為に朝はボーっとしてしまいます。

ですから具体的には、

  • 夜眠る二時間前までに食事は済ませる。
  • 腹八分目を心掛ける。
  • 胃もたれしそうなものは避ける。
  • 過度な飲酒は避ける。

以上に気を付けた食事を心掛けましょう。

食事内容を気をつける

また毎日コンビニ弁当や外食では脂肪過多により内臓疲労が溜まり、朝がスッキリ起きることが出来ません。なるべく自炊をするか、和食中心の生活を始めましょう。

菜食は胃腸の負担を和らげて胃腸を整えます。漢方の胃腸薬を見ても内容成分のほとんどが植物です。重い食材を食べ続けるから、胃もたれを起こしたり、内臓に負担が掛かったり、血液が汚れたりしていつまでも身体が重く気だるくなります。

ですから、五つ目の『スッキリ目覚める方法』としては、『食事の内容を気を付ける』ことです。

スポンサーリンク

しっかり熟睡する

安眠
やはり朝にスッキリ目覚める為には、安眠快眠が必要になってきます。

ただ、睡眠導入剤は強制的に副交感神経のスイッチを入れる為になかなか朝のスイッチが入らず、ぼーっとしてしまう副作用が多い為『スッキリ目覚める方法』としては不適当です。

やはり自然に休息していきたいですよね。その為に上記に挙げた五つの方法が有効になります。

ただ、なかなか忙しかったり、毎日の習慣にしていくのは大変だったりと「わかるけれども出来ない」と言われる方が多いのも事実です。そんな場合に補助的に使用する方法を紹介します。

サプリメントを使用する

そのような方は手軽な『サプリメント』という方法があります。

例えば、『北の大地の夢しずく』という安眠サプリは独自の抽出法によりアスパラガスにある『安眠成分』の抽出に成功した安眠サプリメントです。北海道の自然な食材を使っている為に安全でなおかつ睡眠導入剤のような朝にぼーっとする副作用がないことで、熟睡とともに朝にスッキリ目覚めることが出来ます。

また気持ちの安定に役立つ『ギャバ』や『クワンソウエキス』、『テアニン』が配合されており、安眠快眠にいざなう栄養素が豊富に含まれています。

北の大地の夢しずくhttps://www.kyusokuseibun.com/pc/index.html

  • 朝から身体がダルい。
  • 付き合いも多くなかなか身体も休められない。
  • いつも頭で考え事をして眠れない。
  • 前にみたいにグッスリ寝てスッキリ起きたい。

という方は一度試してみても良いでしょう。

その他のサプリと併用すると効果UP

またこれに『L‐テアニン』という栄養成分が配合されたサプリメントを併用すると更に良いといわれています。(『リフレのぐっすりずむ』など)

これは先程のサプリメントにもあった『テアニン』の、更に質の良い『L-テアニン』という栄養成分が配合されており、質の良い睡眠に必要な成分とされています。

組み合わせも食品で問題なく、副作用も無いので「色々試したけどなかなか朝にスッキリ目覚めるのが難しい」「忙しくててっとり早い方法を試したい」という方は『サプリメントの併用』という方法が効果的です。なかなか日本では馴染みが無いですが、病院でも薬は複数出されたり、欧米では自分の身体に合わせてサプリメントを組み合わせて取るのが主流となっています。単体で摂るよりも効率が良い場合が多く、相乗効果が望めます。

リフレのぐっすりずむ https://hc-refre.jp/lp/cp.php?id=35&kb=I0068

自分のライフスタイルに合わせて、様々な方法を組み合わせ、安眠快眠、スッキリした朝の目覚めを手に入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする