脱水症状の原因や対処方法は?

スポンサーリンク

脱水症状の原因は、夏場の熱中症だけとは限りません。たとえ冬であっても腸炎などの病気から脱水症状を引き起こす可能性があるほか、糖尿病など重篤な疾患、あるいはストレスなども脱水症状との関連があります。

脱水症状の予防対策として、例えば風呂上がりの水分補給などが考えられますが、ただ水を飲むだけではなく、塩分もちょっとだけ、併せて補給することがポイントになります。

それでは改めて、脱水症状の原因や対処法などを、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

脱水症状の原因は?

脱水症状

脱水症状の原因といえばまず、夏場の熱中症をイメージする人が多いかもしれません。確かに、発汗から脱水症状を引き起こす例は多いため、暑い季節の熱中症=脱水症状というイメージは、間違ったものではありません。

しかしながら、脱水症状の原因となりえるのは、必ずしも熱中症だけではありません。人間の身体は六割以上が水分で構成されていますが、様々な理由からほんの1パーセントの水分が失われただけで、脱水の症状は緩やかに進行します。

どういった原因で脱水の症状が引き起こされたか、その違いによって、適切な対処方法も違ってきます。だからこそ、脱水症状が発覚したなら、なぜ自分の身体がそうなってしまったのかということについて考える必要があります。

暑い季節にはおなじみの脱水症状

脱水症状

先ほど、暑い季節の熱中症=脱水症状というイメージは、間違ったものではないという説明をしました。例えば部活動や営業の外回りなど、炎天下で体を動かさなければならない条件はいろいろと考えられます。

喉の渇きを自覚した時点で、体内の水分はすでにかなり失われた後なので、こまめな水分補給がいつでもどこでもできるように、スポーツドリンクや(ミネラルを豊富に含む)麦茶などを携帯すると、いざという時にも安心です。

また、部活動における激しい運動だけではなく、家族や友人などと行楽の際、特に山登りなどで平地よりも高いところへ向かうなら、よりいっそうの注意が必要です。

なぜなら、人間の身体は酸素の薄い環境下におかれると、普段とは違う環境に適応するため、呼吸の量を増やします。またそれに従って、代謝に伴う排尿の量や回数も増えるのです。

すると当然のことながら、高所にいる時には平時よりもこまめな水分補給が必要となります。

激しい嘔吐や下痢が脱水症状を引き起こすケースも

脱水症状 嘔吐や下痢

暑さの厳しい時期に限らず、例えば感染性の胃腸炎を発症すれば、激しい嘔吐や下痢などが原因となって脱水症状を引き起こしてしまうリスクがあります。

特に重い胃腸炎を引き起こす病原体として知られる〈ノロウイルス〉などは、寒さの厳しい時期に猛威をふるうため、脱水症状のリスクは決して夏場だけにあるのではないということが分かっていただけると思います。

発汗によって水分が失われることに比べれば、嘔吐や下痢などによって水分や栄養素が丸ごと失われる場合のほうが、状況としては深刻です。だからこそ、感染性の胃腸炎から脱水症状を引き起こした場合は、できるだけ早く医師の診察を受け、判断を仰ぐ必要があります。

まさか、ストレスが脱水症状の原因になるなんて!

ストレスが脱水症状の原因

あまり知られていないのですが、実はストレスだって脱水症状の原因となりえます。その秘密は、人間がストレスを感じている時に〈副腎〉という器官から分泌されるアドレナリンというホルモンに隠されているのです。

ごく簡単に言えば、ストレスが原因で崩れた身体のバランス(働き)を元に戻そうとして分泌されるのが<アドレナリン>です。しかしながら、強いストレスが長い間、身体に負担を掛けると、しだいに〈副腎〉にダメージが蓄積し、機能が低下します。

実は、副腎にはアドレナリンが分泌する働きのほか、〈アルドステロン〉と呼ばれる、利尿作用を抑えるホルモンを分泌する働きがあります。お察しの方もいるでしょうが、この〈アルドステロン〉が分泌されるおかげで、身体から余計な水分やミネラルなどが排出されずに維持され、結果的には脱水症状のリスクを回避しているのです。

そして言うまでもなく、副腎の機能が低下すればアルドステロンの分泌量も正常値を下回るため、あくまで一時的な問題ではありますが、身体が脱水の状態となってしまうことがあるのです。

無理なダイエットは禁物

無理なダイエットも脱水症状の原因

食事と脱水症状には、密接なつながりがあります。そもそも、人間は食事によって水分を摂取するわけですから、このつながりには納得できる部分も多いでしょう。もちろん飲料から得られる水分が多いのですが、それ以外に注目すべきなのは、お米から得られる水分です。

お米以外の穀類からも、調理法によって水分を得ることはできます。しかしながら、日本人にとっての主食ともいえるお米には、炊き上げた際の水分の含有量が非常に多いのです。

ところで、特にダイエットに励む人は〈炭水化物ダイエット〉と称して、食事の際に主食を抜くことがしばしばありますよね。つまり、ご飯を食べずに我慢して痩せようとする人が非常に多いのです。

1日に摂取する水分の45%以上は食事から摂取している

ここで注意していただきたいのは、ご飯などの主食をカットすることで、炭水化物だけではなく水分の摂取量も減ってしまうということ。いくらダイエットをしている最中だからといっても、水分を摂らずに済ませるということは絶対に許されません。

人間の身体は多少、飲まず食わずでも我慢できる仕組みになっていますが、水分を摂らずにいるとすぐさま死に直結します。

だからこそ、ダイエットの名目で主食を減らす、もしくは食べないという人は特に、お茶やスープなどによっていつもより多めの水分補給を心掛ける必要があります。

また、特にダイエットをしているつもりはなくても、例えば朝起きてから登校、出社するまでの間、どうしても時間が取れないからといって朝食を抜いたりするのも、脱水症状につながりかねない危険な好意です。

忙しくて時間がないというときでも、せめてコップ一杯の飲み物は口に入れるようにしてください。

お酒の飲み過ぎにも要注意!

お酒を飲みすぎると脱水症状になる

お酒が好きな方なら特に「たくさんお酒を飲むとトイレが近くなる」という経験をしたことがあるでしょう。実は、お酒とトイレの回数には関係があります。なにしろアルコールには利尿作用がありますからね。たくさんお酒を飲むとトイレが近くなるのは当然なのです。

お酒を飲み過ぎて二日酔いになったら、頭が痛くなって喉も乾きます。これは脱水の兆候が表れているんですね。ちなみに、二日酔いの人にお水を挙げると喜ぶのは、水分補給によって脱水症状から解放されるからなんですね。

妊婦さんは赤ちゃんの分までしっかりと水分補給を!

妊婦さんは脱水症状のリスクが高い

とりわけ思い当たるふしがなくとも、女性なら誰しも脱水症状に注意が必要です。なぜなら、女性は月経のたびに出血し、多い時は特にたくさんの水分が体から失われるからです。それだけではなく、女性ホルモンの働きが体内の水分量に大きな影響をもたらします。

加えて妊娠中の女性は、平時に比べれば血液の量が増加します。そのために、体液を維持するだけでたくさんの水分が必要になることに加え、つわりがひどければ嘔吐のリスクもあり、さらに水分が失われる可能性も考えなければいけません。

また、赤ちゃんが生まれたら母乳を与える必要が出てきます。母乳の主成分はミネラルや電解質など、母親の体液です。当然のことながら、赤ちゃんにたくさんのおっぱいをあげたら、お母さんもそれに合わせてしっかりと水分を補給する必要があります。

特定の薬が脱水症状をもたらすケースも

特定の薬が脱水症状をもたらすケース
持病や特定の疾患があり、お医者さんや薬剤師から処方される薬を服用している場合は、副作用が原因で脱水症状を引き起こしてしまうリスクがあります。薬に関する詳細は病院や薬局などでもきちんと説明を受けるはずですが、ひとまず常識の範囲で知っておくべきなのは、いわゆる〈利尿作用〉を持っている薬が非常に多いということ。とりわけ血圧に関連する処方薬にはこの作用が強く出ます。

また、利尿作用とは関係なく、薬の副作用によって嘔吐や下痢などがもたらされる場合もあり、ここから当然、脱水症状のリスクについて考える必要が出てきます。

また、自病や特定の疾患を持っていない場合でも、健康を維持する目的で何らかのサプリメントを愛用している場合、それらから利尿作用を受け、あるいは副作用によって脱水症を引き起こしてしまうことがあるので、くれぐれも注意が必要です。

副作用が心配な方は、サプリメントの利用を開始する前に、販売店のスタッフや薬剤師などに相談するとよいでしょう。

糖尿病など特定の疾患が原因となるケースも

糖尿病 脱水症状のリスク

糖尿病の患者さんも、脱水症状を経験することが多いのですが、なによりも厄介なのは、糖尿病はある程度まで症状が重くならないと、自覚症状がほとんど出ないという点です。そして、症状がある程度まで重くなってしまうと、そこから完治させることは困難です。

糖尿病の兆候は、ほんのわずかなところに現れます。例えば糖尿病を患うとトイレの回数が増えますが、これは、高くなりすぎた血糖値を下げようと、尿と一緒に糖を体の外へ排出しようとする作用が働くためです。

糖尿の傾向によりトイレの回数が増えれば、当然のことながら脱水のリスクを考えなければなりません。

こまめに水分を補給しても喉の渇きが治まらないという場合や、トイレに行く回数が異常に増えたなどの兆候があれば、糖尿病の疑いがあります。すぐさま内科や泌尿器科での診察を受けてください。

高齢者は脱水症状を引き起こすリスクが高め

高齢者は脱水症状を引き起こすリスクが高め

高齢者は若い世代に比べると、体内の水分量が少なめで、喉の渇きにも鈍感です。それゆえ、脱水症状を引き起こすリスクが他の世代に比べれば高いということになります。単純に「喉が渇いたから水を飲む」という考え方では、脱水症状を予防しきれないので、時間やタイミングを決めてこまめに水分補給を行うことが重要になります。

外出の際には飲み物を持ち歩くようにするほか、就寝の前後には水分を補給できるように、枕元に飲み物を常備しておくという方法もあります。

スポンサーリンク

脱水症状の対処方法は?

脱水症状の対処方法は?

脱水症状は予防が何よりも大切です。症状を引き起こしてから慌てるのではなく、健康を維持したまま、暑い季節や感染症の流行が激しいシーズンを乗り切るのがいちばんです。

もちろん、脱水症状を予防するためにはこまめな水分補給が欠かせませんが、水分補給には〈コツ〉というべきものがあります。ただがむしゃらに水をガブ飲みしても身体の外へ無意味に排出されてしまう水の量が増えるだけです。

水分補給をすべきタイミングとは?

水分補給をすべきタイミングとは?
例えば、入浴の際や就寝中などは、発汗によってたくさんの水分が失われます。その傾向が脱水症状につながることを避けるため、入浴の前後や就寝前、あるいは朝起きた直後に水を飲むというのは、非常に効果的です。

万が一、入浴中にのぼせて動けなくなったという場合には、脱水の程度がかなり進行している可能性があります。命を守るために、無理な行動は禁物。

まずはのぼせの状態が治まるまで、浴室にある椅子や床に座るなど、楽な姿勢を取ってください。そして可能な限り、わきの下や首すじ、あるいは脚を冷やしてください。

ちなみに入浴の際は〈ぬるめのお湯に半身浴〉というスタイルを心がければ、のぼせるリスクが小さくなります。

その状態で安静にしていれば、やがてのぼせた状態は解消され、少しずつ動けるようになっていきますので、風呂から上がったらすぐさま、水分補給を行って下さい。

この時、不足したミネラルを含んだスポーツドリンクが備えてあればベストですが、それが無ければ、ほうじ茶や麦茶などでも構いません。これらの飲料にもミネラルが含まれているので。

同様に、運動した後は体が渇いて水分を求めているので、喉が渇いたという自覚が無くても、水分補給を欠かさずに行うべきです。喉の渇きを自覚したときというのは、すでに体内の水分が多量に失われた後なので。

夏場の行楽の前に考えるべきこと

外出先での熱中症対策

暑い日にお出かけするなら適切な準備が必要です。まずは動きやすい軽装を心掛け、体の熱を効率よく逃がせるようにしてください。また、屋外で行動する際には特に、必ず飲み物を携帯すべきでしょう。いざというときに安心です。

野外での行楽中に自分が、あるいは同行していた他の誰かが熱中症をおこした場合、ひとまずは日陰や屋内に移動することが重要です。そのうえで、可能な限り迅速に水分補給を行ってください。

患者がぐったりとしているなら、風呂場でのぼせた時と同じように、わきの下や首すじ、それに足などを冷やす工夫も重要です。

すでに解説した通り、喉の渇きを自覚した時にはすでに、体内の水分はかなり失われた後です。だからこそ、喉が渇いた状態でやせ我慢するのは危険なのだということを覚えておいてください。

脱水症状の点滴は効果がある?種類や値段は?

脱水症状に効果がある飲み物は?

脱水症状に効果がある食べ物は?

脱水症状の症状とは?看護のコツは?

今年の夏2017年は暑い理由は?気温予報や対策は?

今年の夏2017の猛暑の原因や予想は?

今年の夏2017の残暑はいつまで続く?予想は?

暑い日の家での過ごし方でオススメの対策は?

体が熱い原因や治し方は?

熱帯夜を快適に過ごす対策や快眠方法は?

暑くて眠れない時のオススメの対処法

クーラー病の症状や子供や女性の注意点は?

熱中症予防対策のオススメドリンクランキング

熱中症予防対策のオススメ食べ物ランキング

夏バテ対策のオススメドリンクは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする