ドクダミ茶の効能6つ

スポンサーリンク

健康食品といえばサプリメントを思い浮かべる人は多いと思いますが、ドクダミ茶はご存知ですか?万能茶・健康茶と呼ばれるドクダミ茶には様々な嬉しい効能があります。ドクダミは日本のハーブで、少し癖のある臭いと味が特徴です。

この記事では、ドクダミ茶の代表的な効能を6つご紹介します。女性にも嬉しい美容効果もありますので、肌荒れやダイエットにお悩みの方、健康に不安のある方、これからも健康的に過ごしていきたいと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ニキビや肌荒れをキレイにする

ドクダミ茶

ドクダミには毛細血管を強化したり利尿作用があり、新陳代謝を促します。新陳代謝が上がると肌のターンオーバーも正常化され、肌荒れを起こしにくくなります。さらに、生のドクダミには殺菌効果のあるデカデイルアセトアルデヒドも含まれていて、肌荒れ改善のためにあるようなお茶なんです。

そして、ドクダミ茶には体内に溜まった汚れや老廃物・毒素を排出するデトックス作用があります。つまり、体の中を綺麗にしてニキビや肌荒れを改善してくれるんです。

継続して飲み続けることで肌荒れしにくい肌質へと変化し、美肌をキープできるんですね。ただし、ひとつ覚えておいてほしいこと…それは、デトックスには好転反応がつきものだということです。毒素を排出している段階で、ニキビが悪化したように感じるかもしれません。

ですがそれは一時的なことで毒素が出ていっている証なんです。体内に溜まった毒素が多い人ほど好転反応が強く出ます。

ここで諦めずに続けることができれば少しづつ状態は良くなり美肌へと近付けますよ。

好転反応を乗り越えて肌が綺麗になったころ、体内の毒素もほとんど排出されて肌のトラブルを抱えにくい状態になっています。少し遠回りにも思えますが、この先美肌を保つためには必要なプロセスですのでどうか諦めずに続けてみてくださいね。

スポンサーリンク

アトピーが改善される

ドクダミ茶のデトックス作用はアトピーにも効果があります。今のところアトピーの原因ははっきり解明されていませんが、体内に毒素が溜まってしまったり皮膚のバリア機能が低下すると悪化することが多いんです。

その毒素を排出することでアトピーによる皮膚症状が緩和されます。

新陳代謝が上がり免疫機能も改善されるので皮膚のバリア機能も上がります。さらにドクダミ茶には血液を浄化してくれる作用もあり、これもアトピー症状の改善には欠かせません。

栄養バランスの良い食事を心がけることも重要ですが、このドクダミ茶のように症状自体を改善してくれるドリンクや食品を摂取するのもアトピーには大切なんですよ。

スポンサーリンク

便秘が治る

ドクダミ茶には排便を促す作用もあります。腸を活発にする効果のあるカリウム・便を柔らかくするマグネシウムが含まれていて、先ほどご紹介したデトックス作用とあわせて便秘を改善してくれるのです。

また、肌荒れの原因にもなる便秘を改善することで美肌にもつながります。

ドクダミ茶を飲み始めると1週間以内に効果があらわれるといわれていますが、成分の吸収率には個人差があり早ければその日のうちにお通じがある人もいるんですよ。

飲み方は1日グラス2杯まで、起床後いちばんに飲むと効果的です。早く効果を実感したいところですが、飲みすぎると下痢の副作用がありますので注意してください。
最低でも半月は続けたいドクダミ茶ですが、効果がない・合わない場合はすぐに中止してください。

スポンサーリンク

ダイエットに効果がアリ

ドクダミ茶には健康的にダイエットできるという嬉しい効能もあります。お茶なのでもちろんノンカロリー、さらにカロリーの吸収を抑えてくれるポリフェノール・フラボノイドが含まれています。

利尿作用でむくみを改善できることもダイエットに最適な理由のひとつです。

下痢をしてしまわない程度にたっぷり、最高で1日1リットル程度を少しづつ分けて飲むと体への負担も軽減できます。

焦ると挫折してしまうので健康を意識してるくらいの気持ちで、1か月は続けてみましょう。飲むタイミングは小腹の減ったときがおすすめです。

作り方は、ドクダミの葉だけを洗ってしっかり乾燥させ水分を飛ばし、お茶を淹れるというよりはお鍋ややかんでぐつぐつと煎じて、有効成分をすべて煮出す・抽出してしまうイメージで作ってくださいね。

一度にたくさん作り、ティーバッグに1回分ずつ分けて保存しておくと便利です。密閉できる保存容器に、お菓子についている乾燥材と一緒に入れておくと湿気が付きにくくなります。

水分をしっかり飛ばせたか不安な時はフライパンで乾煎りするか、キッチンペーパーに乗せて電子レンジで加熱しておくと安心です。

スポンサーリンク

血液をサラサラに

ドクダミ茶には血液をサラサラにするために重要な成分が多く含まれています。

また、ドクダミ茶に含まれるフラボノイドにはダイエット効果のほかにも生活習慣病や高血圧を予防する働きもあり、デトックス作用と血液をサラサラにして心臓病を予防する効果もあります。

血液をサラサラにする効果のある成分は次の通りです。カリウムは血圧を安定させる働きがあります。クエルチトリンは高設圧を抑制・毛細血管の強化・血流の改善・利尿作用があります。

イソクエルチトリンは毛細血管の強化・血液をサラサラにする効果があります。クロロフィルはコレステロールを低下させる働きがあります。

スポンサーリンク

口臭を防ぐ

ドクダミ茶に含まれるデカノイドアセトアルデヒドには殺菌作用があり、口臭の原因のひとつである歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病に効果があります。

口内に残ってしまった食べかすや歯垢が原因での雑菌の繁殖を抑制したり、胃腸の荒れからくる口臭にも毒素を排出してくれるドクダミ茶が効果的です。

もちろん、ドクダミ茶を飲んだからといってすぐに歯周病が完治するわけではありません。

まずは歯医者で治療を受け、補助的にドクダミ茶を飲むことで改善スピードが上がったり、悪化やまた再発してしまわないようにしましょう。

殺菌作用は副鼻腔炎や花粉症にも効果がありますので、鼻炎にお悩みの方も試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

妊婦や赤ちゃんへの副作用は平気?

お店やネットで妊婦にも安心という言葉を見かけるドクダミ茶ですが、妊婦や赤ちゃんへの副作用は本当に平気なのでしょうか?

結果からいえば、過剰摂取しなければ問題はありません。

ですが、ノンカフェインの健康茶なので危険は少ないと思われるものの、子宮を収縮させる作用もあります。

大量に摂取しなければ大きな不安はありませんが万が一のことも考え妊婦や赤ちゃん、特に切迫流産の疑いのある方が飲むのはやめておいたほうが良いでしょう。

ドクダミ茶はいつでも飲めますが、胎内でその赤ちゃんを育めるのは一度きりです。

少しでも危険の可能性があるのなら、今無理に飲むことはありませんよね。

アトピーが辛いなど、今どうしてもの見たい場合は医師に相談してからにしてくださいね。また、ドクダミ茶は健康茶なので副作用の心配はあまりありませんが、人によってはカリウムを豊富に含んでいるので高カリウム血症を引き起こすことがあります。

引き起こしやすいのは「高齢者・腎臓の機能が低下している・腎疾患がある人」です。

ほかにも飲みすぎると下痢をしやすいので飲みすぎには注意が必要です。

どんな食べ物や健康食品にもいえることですが、体に良いものでも摂りすぎたのでは体のためになりません。

必要な時に適切な量を、しっかりと見極めながら採り入れていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする