お酒が赤くなる原因や治す対策は?

スポンサーリンク

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなったりまだらな斑点ができる人がいます。そういう状態でもお酒をどんどん飲んでも大丈夫な人もいれば、一方で全くお酒に酔っていないように見えて、いきなり寝込んでしまったり吐いてしまったりいう人もいます。

お酒を飲んで赤くなりやすい人は実は病気にかかりやすいのでしょうか?男女のお酒の酔いやすさの違いもまとめてみました。

スポンサーリンク

お酒を飲むと顔が赤くなる原因や理由は?

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人もいれば全くならない人もいます。その原因は一体何なのでしょうか?

アセトアルデヒドが関係している

原因はアセトアルデヒドという物質です。

体内にアルコール(お酒に含まれているアルコールはエタノール)が入ると、アルコール脱水酵素のADHによってアセトアルデヒドに分解されます。

さらにアセトアルデヒドはアルデヒド脱水素酵素のALDHによって酢酸へと分解されます。そして酢酸は最終的に二酸化炭素と水に分解されます。

お酒を飲むと血行が良くなるので顔が赤くなっていると勘違いされるケースもありますが、それはほんの一部の原因でしかありません。

アセトアルデヒドは体内にとって毒です。神経に対して強く作用して、心拍数が上がったり、汗をかきやすくなる、筋肉をこわばらせるといった働きがあります。これらの症状を専門用語ではフラッシャーといいます。

アルコールの10倍ほど強い毒性を持っているといわれており、日本人はアセトアルデヒドを分解するアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人が多いため、欧米人に比べてお酒が弱い人が多いです。

一度アルコールの分解の過程をまとめてみましょう。

アルコール分解代謝図

スポンサーリンク

顔が赤くなりやすい人はお酒が弱い?

一般的には顔が赤くなりやすい人がお酒に弱く、顔が赤くならない人がお酒に強いというイメージがありますが、実は関係ない場合もあります。

一般的にはアルデヒド脱水素酵素の働きが強い人は、アルデヒドが体内で作られても代謝のスピードが速いので顔が赤くなりづらいです。

しかし、アルデヒド脱水素酵素の働きが弱いのに、顔が赤くならない人も稀にいます。

お酒を飲むと毛細血管が拡張して血行が良くなり、顔が赤くなる理由の一つでもあります。しかし毛細血管の反応も人によって違います。なので、顔が赤くならないからといってお酒が強いと思って無理にお酒を勧めるのはNGです。

またお酒の種類によって酔いが早く回りやすい、回りにくい個人差ががあります。例えばビールなら酔いが回りにくいが、日本酒やワインだとすぐに酔いが回ってしまう人もいます。

自分が酔いやすいお酒を飲んだ時は、顔が赤くなくても、後で急激に酔いが回って倒れてしまうケースもあります。そのため顔が赤い、赤くないで酔っている酔ってないを判断するのは大変危険なのです。

自分が飲めるお酒の量は自分が一番よく知っているはずです。無理のない範囲でお酒を楽しみましょう。

スポンサーリンク

顔が赤くなりやすい人は病気にかかりやすい?

そもそもお酒は体にとって良くないものなので、毎日お酒を飲んでいる人は、お酒を普段ほとんど飲まない人と比較して、ガンにかかってしまう可能性が高くなります。

アセトアルデヒドは毒性強いので体内に長くとどまるほど、咽頭がんや食道がんになってしまうリスクが高まります。
つまり、アルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人は、アセトアルデヒドがより長く体内にとどまるために、ガンになってしまう可能性が高まるということです。

一番まずいケースは顔が赤くなるヘビースモーカーの人がお酒を大量に飲むと(2号以上)食道ガンにかかってしまうリスクが3倍以上高まるということです。

お酒を飲み続けると、お酒に強くなるので顔が赤くなってしまう人や、アルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人も、自分は全然お酒が飲めるタイプと勘違いしていると、ガンにかかるリスクが高まってしまいます。

まずは自分が本当にお酒が強い体質かパッチテストをして調べてみて、その上で飲酒する量をコントロールするのがベストな選択です。

スポンサーリンク

男女どちらが顔が赤くなりやすい(酔いやすい)?

男と女どちらがお酒を飲むと顔が赤くなりやすいのでしょうか?遺伝子的には男女どちらがお酒が強いかは決まっていません。

お酒を飲むとまだらになるのはアレルギー?

スポンサーリンク

お酒を飲むと顔が赤くなってしまうのに効果ある対策や治し方は?

https://matome.naver.jp/odai/2142915819481516201 http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100015/092300025/?ST=food&P=3 http://www.news-postseven.com/archives/20141204_290548.html http://style.nikkei.com/article/DGXMZO08006770U6A001C1000000?channel=DF140920160927-->

アセトアルデヒドを分解できる性質は両親から受け継がれ、強さについてはぞれぞれ異なります。現段階ではお酒が強い弱いが男女の性別に依存する事は確認されていません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする