二日酔いに効く食べ物は?

スポンサーリンク

二日酔いはアルコールを飲みすぎて、分解されたアセトアルデヒドが体内に残っているのが原因で発生しています。またアルコールは利尿作用が高く体内の水分を奪うので、体全体が軽い脱水症状に似た状態になります。

それによって頭痛やめまいが引き起こされています。

本来であれば、お酒を飲む前に適切な予防対策をしておく、お酒の飲む量に節度をもてば二日酔いは防げますがそうはいっても、お酒の席は楽しいのでついつい飲んでしまうもの。

二日酔いの症状が出てしまったからには少しでも早く治さないとせっかくの楽しい休日が台無しになってしまったり、仕事が集中できません。

今回は二日酔いに効果がある食べ物を紹介します。少しでも早く回復させましょう。

スポンサーリンク

二日酔いに効く食べ物は?

二日酔いに効果がある食べ物をまとめました。お酒を飲みすぎると胃がダメージを受けるので翌日は何も食べられない時があります。

その時は、無理に食べ物を食べずに消化の良い果物か、飲み物を飲むことによって対処しましょう。

柿は果物の中でも果糖が含まれる割合が多いです。アルコールを分解するのに糖分が必要なので果糖が多く含まれている果物の方が効果が高いです。

そして、酵素の一種であるカタラーゼという成分やビタミンC、タンニンが二日酔いの根本原因となっている、体内に残ってるアセトアルデヒドの分解を促進します。

アセトアルデヒドは肝臓によって代謝されますが、お酒を飲みすぎると肝臓に負担が強くかかります。カタラーゼやタンニンは肝臓の働きをサポートしてくれます。

梅干し

梅干しはアルカリ性の食品です。お酒を飲むと体内のPHバランスは酸性へと傾くので、回復が遅れてしまいます。体内のPHバランスを整えることによって二日酔いの回復が高まります。

また梅干しは、胃や腸などの消化器官の粘膜を保護する効果があります。お酒は消化器官にダメージを与えるので修復してあげることにより、回復が早まります。

クエン酸は食欲増進効果があります。二日酔いの時は食欲が無いものですが何かしら、二日酔いに効果がある食べ物を食べたほうが酔いが早く覚めます。

アボガド

グルタオチンという成分がアセトアルデヒドの解毒作用があります。アセトアルデヒドは初めのお酒の状態に含まれているエタノールよりも10倍ほど毒性が高いです。

またアセトアルデヒドが体内に長く留まっているとガンになるリスクが高まるので、少しでも早く分解する必要があります。

ビタミンB2もいっぱい入っており、アルコールを分解するときには体内で大量のビタミンB2が消費されます。ビタミンB2が不足すると体内のアルコール分解速度が遅くなってしまいます。

ビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは抗酸化作用を持ち体内の活性酸素を除去する作用があります。

アルコールを分解するとき、肝臓に大量の活性酸素が発生します。活性酸素が肝臓に溜まったままだと肝臓の代謝機能が落ちてしまいます。なのでビタミンEは効果的なのです。

おつまみに最適

ビタミンEを多く他に含んだ食品としてはアーモンドやナッツがあります。おつまみとして定番ですが実は二日酔い予防に効果がある食べ物だったのです。

またアボガドやナッツ、アーモンドは脂質を多く含んでいます。脂質は二日酔いを早く治す効果はありませんが、アルコールの吸収を穏やかにする作用があります。

飲んでいる最中にアボガドの入ったサラダやおつまみとして、ナッツ類を食べるのは二日酔い予防に効果があります。是非試してみてください。

大根

大根の皮に部分にビタミンCが豊富に含まれているので、肝臓のサポートをしてくれます。消化酵素の一種であるジアスターゼによって、消化器官の働きを促進してアセトアルデヒドの分解をサポートします。

はちみつ大根などは喉にもいいですし、はちみつに含まれている酵素の働きで分解機能が向上しますので最適です。

栄養素も沢山含んでいますので是非試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする