二日酔いの症状の予防や対処!効果がある薬や原因は?

スポンサーリンク

昨日は飲み会で潰れてしまうほど飲んでしまい、居酒屋を出てから記憶がない!翌朝気づいたら自宅のベットの上で割れるような頭痛と気分の悪さや吐き気が襲ってきます。

仕事には遅刻しそうで、このまま二日酔いを抱えながら仕事をしても絶対にはかどりません。

明後日には大事なプレゼンがあるし、少しでも早く二日酔いを醒ましたいところです。

今回は二日酔いの原因や予防対策、そして効果がある薬やサプリメントを紹介します。

スポンサーリンク

二日酔いの原因とは?

二日酔いとはエタノールが分解されてできたアセトアルデヒドがまだ体内に残っているのが原因です。

普段飲んでいるお酒の主成分はエタノールというアルコールの一種が主成分なのですが、酵素によってアセトアルデヒドへと分解されます。このアセトアルデヒドは人間の体にとって有害な物質で、頭痛や筋肉の張り、ガンの発生確率を高めると言われているほど猛毒な物質です。

アセトアルデヒドはまた酵素によって最終的には水と二酸化炭素に分類されます。

酵素の働きが強いとお酒を大量に飲んでもすぐに分解されて、アセトアルデヒドが残ることがありませんが、自分の許容量を超えてお酒を飲んでしまうとアセトアルデヒドが体内に残り続けてしまうので二日酔いになってしまうというわけです。

スポンサーリンク

二日酔いに効果的な予防対策は?

投資の世界の名言としてトラブルが起きてから対処するのではなくトラブルを避ける方が簡単だという格言があります。

これは二日酔いにも当てはまります。二日酔いになるまえに適切な予防対策をしておくことで悪酔いが続くことを防ぐことができます。

二日酔いになってから治すのではなく、飲み会に参加する前から対処する必要があります。

まず基本中の基本ですが、空腹の状態で飲み会に参加しないこと。空腹の状態だとアルコールがダイレクトに吸収されてしまうので酔いが回るスピードが極めて早くなります。

かといって、何か食べて参加するのも時間がないし・・・という方には、バターやオリーブ油、プロテインを摂取してから飲み会に向かうことをオススメします。

タンパク質や脂肪を摂取するとアルコールの吸収が穏やかになるからです。そして一気に大量のお酒を飲むのではなく、焼き鳥やお通しを食べながらゆっくり飲むことで、急激に酔いが回るのを抑えられます。

また人によって酔いやすいお酒があります。例えば日本酒なら平気だがワインはグラス一杯で酔ってしまうといったものです。自分にとって酔いにくいお酒を頼むことによって周りの空気を壊さずに、かつ二日酔いになるほど悪酔いすなくて済みます。

スポンサーリンク

二日酔いに効果的な薬とは?

まずは気軽に購入できる市販の薬を紹介します。少しでも症状を早く良くするために薬や胃腸薬などを使用して症状を和らげていきましょう。

ヘパリーゼ

肝臓水解物が肝臓の働きをサポートして二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促進します。

肝臓水解物とは動物の肝臓と酵素を加えて、ペプチドレベルまで細かくして人体に吸収されやすくしたものです。ヘパリーゼでは豚の肝臓を使用すています。

二日酔いになってから飲むのではなく、飲む前に服用するようにしましょう。その方法あ一番効果が高くなります。
肝臓の働きを強化することによってアルコールの分解速度を速めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする