眠気を覚ますオススメの飲み物は?

スポンサーリンク

前の日、オールで遊んでしまった、でも今日は大事な会社の会議が控えている。徹夜でテスト勉強してしまったが、進級がかかっているので、どうしてもテスト中に眠ることだけは避けたい。

そんな時に、眠気が覚める方法として簡単にできることが飲み物を飲む方法です。簡単に用意できるものからコンビニで購入できるものまでまとめてみました。

スポンサーリンク

眠気が即効で覚めるオススメの飲み物とは?

まずはどのような成分が、眠気を覚ますのかみていきましょう。

カフェイン

そもそも睡魔の原因は体内にアデノシンという物質が蓄積されることによりますが、カフェインは体内にアデノシンが溜まるのを阻害してくれます。

なので眠気にはカフェインが有効なのです。

またカフェイン以外では、唐辛子の辛味の成分である辛味やレモンなどの酸味もカフェインほどではないですが効き目があります。

ハーブやメントール

ハーブやメントールなどのスースーする成分も良いです。

あと以外なことなのですが、断食すると眠気は無くなります。朝は飲み物だけにして、昼食も抜きにすれば、夕方まで眠気が襲ってきても寝てしまうということはないです。

食べ物を食べると血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると体内からインシュリンというホルモンが分泌して上昇した血糖値を下がります。

血糖値が上昇すると体に強い負担がかかるので眠気が襲ってきてしまいます。なのでカフェインが苦手という方は断食を夕食まで行えば、眠気も和らぎますし、テストや仕事中に眠ってしまうということは避けられます。

それでは眠気を覚ます飲み物を紹介します。

コーヒー

カフェインが眠気を抑えます。それ以外にも脂肪燃焼効果や美容効果もあります。飲む時間帯としては朝起きてからと、昼食後がいいでしょう。

昼食後が一番眠くなる時なので、コーヒーを飲むことによって午後に眠気がくるのを抑えることができます。

カフェインの効果はコーヒーを飲んでから4~6時間で効果がほとんど無くなります。そのため睡眠時間の6時間前にはコーヒーを飲まないようにしましょう。

ちなみにコーヒーであればエスプレッソが一番多くカフェインが含まれています。

カフェラテなどの牛乳や砂糖が入っているコーヒーは眠気の原因となるので、眠気覚ましでコーヒーを飲む場合は、アスプレッソかブラックコーヒーにしましょう。

自分もそうなのですが、コーヒーアレルギーの体質の人もいます。コーヒーを飲むと頭痛や吐き気といった症状が現れます。カフェインをとりたいけどコーヒーが飲めない人は、お茶や眠気覚ましのドリンクを活用しましょう。

玉露茶

意外ですが、お茶にもカフェインが含まれています。

玉露茶が100mlあたりのカフェインで見るとコーヒーよりも多いです。他にカフェインが多いお茶としては抹茶が挙げられます。

同じお茶でも紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶、緑茶はカフェインの量が少なめです。コーヒーアレルギーの人でもお茶なら気軽に飲めるのでオススメです。

メガシャキ

カフェイン以外にも、山椒、ショウガ、トウガラシの成分を抽出したものを配合しています。味は苦いですが比較的長時間効果があります。

6時間くらいは眠気がなくなるでしょう。

眠眠打破

カフェインが100mg含まれています。味は濃いコーヒー味といったところです。保存料が含まれていないので体の負担を考えた飲み物です。

自分も受験時代に愛用していました。

イミダペプチド飲料

これは寝不足ではなく、寝ても疲労感が抜けない時に効果があるドリンクです。

渡り鳥は越冬をするために毎年3万キロも渡ります。その原動力が、体内にイミダペプチドが含まれているからです。

夏バテ防止の成分として、鶏の胸肉がありますが、それはイミダペプチドが豊富に含まれているからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする