眠気を覚ますオススメの食べ物は?

スポンサーリンク

昼食後に襲ってくる猛烈な眠気・・・そのまま午後の会議で寝てしまって課長に大目玉をくらうことに・・・

何か眠気を覚ます食べ物でもあればなあと思っている方はこの記事を是非お読みになってください。食事をした後に襲ってくる眠気とその症状の改善方法について紹介していきますので参考にして対処していきましょう。

スポンサーリンク

食べ物と眠気の関係

まず大前提としてお伝えしておきたいのが、本当に眠気を覚ましたいのであれば断食がオススメだということです。

食べ物を食べると血糖値が上がり、血糖値の上昇した分を元に戻すために、インシュリンというホルモンが分泌されて、血糖値が正常な値に戻ります。

この血糖値が上昇して下降するという一連のプロセスが体に強い負担を与えて眠気を誘う原因になっています。

ということは血糖値をなるべく上げない食べ物を選ぶことが眠気を予防するのに大切なことです。ここら辺は糖質制限と考え方が似ていますが、甘いもの、炭水化物は血糖値が急上昇しやすいです。

肉野菜魚を選んで米は少なめに

逆に、肉や野菜、魚は食べても血糖値が上昇しにくいので食べても眠気が襲ってくることは少ないです。

ランチに丼ぶりものを食べたら、ガッツリ眠気は襲ってきたという経験はありませんか?丼ぶりものは白米が大量に含まれているので、血糖値が急上昇してしまいます。またお昼にコンビニでおにぎりや菓子パンだけで済ませてしまう人も、血糖値が上がりやすくなるので注意が必要です。

肉や魚、野菜を食べても血糖値はわずかながら上昇してしまうので、理想的には、昼食は何も食べないのがオススメですがどうしてもお腹が空いて集中できない場合は血糖値を上げづらい食べ物を少しだけ食べるようにしましょう。

よく噛んで食べよう

そして食べ物を食べるときはよく噛んでから食べるようにしましょう。よく噛むと眠気が解消されますし、消化するときに体への負担が軽減されます。消化に負担がかかると体のエネルギーが消費されるので眠気が誘発される原因となっています。

またすぐお腹が空いてしまう人は脂肪分を摂取することをオススメします。炭水化物は食べてから消化されるのが早いですが脂肪は体内で消化されるのが遅いです。

よくバターコーヒーを飲めば夕食までご飯を我慢できると聞いたことはありませんか?それはバターは脂肪分を豊富に含んでいるので空腹感を抑えることができるからです。しかし脂身たっぷりの肉や何回も使いまわしている酸化された油は胃もたれを起こすので注意は必要です。

まとめると、一番ベストな眠気を覚ます食べ物は何も食べないことです。

しかしどうしても空腹で我慢できない時には何かしら食べ物が欲しくなるでしょう。そのため、眠気予防に若干効果がある食べ物をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

眠気予防に効果がある食べ物とは?

基本的にはよく噛む必要があり低糖質な食べ物を選びました。

コンビニでも購入できる最も効果的な食品は以下の2つになります。

スルメ

スルメは非常に硬いので、食べる時には何度も噛む必要があります。噛む時にはアゴの筋肉を大きく使います。すると脳が刺激されて、脳の血流UP効果があるので、覚醒作用があります。

ガムよりも噛む力が必要なので、目を覚ます効果は高いです。また栄養成分として、炭水化物や脂質はほとんどなくタンパク質が多いので食べても眠くなる心配はありません。ミネラルも豊富なので栄養満点なおやつです。

欠点としてはイカ臭くなるので周囲に迷惑になることでしょうか?また職場でするめを食べていると親父くさく見られてしまいます。

ガム

ガムも噛み続けることによって、脳の血流がよくなり眠気覚ましに効果があります。また眠気覚まし用のガムとしてはブラックガムが有名ですが成分にカフェインが配合されています。

カフェインやミント成分が配合されているガムを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする