熱帯夜を快適に過ごす対策や快眠方法は?

スポンサーリンク

いよいよ夏が近づいてきましたね。夏といえば、キャンプや海水浴、お祭りに花火大会…楽しいイベントが盛りだくさんの楽しい季節です。

同時に、夜もどんどん暑くなって寝苦しく感じる夜も増えてきました。

この記事ではこれから頻繁に訪れる熱帯夜の快適な過ごし方や快眠方法をまとめました。

ちなみに熱帯夜とは、夕方から朝までの最低気温が25度ある夜のことです。考えただけでも暑くなってきましたね。

いつでも熱帯夜に対応できるように今のうちから対策を考えておきましょう。

スポンサーリンク

熱帯夜になると眠れなくなる原因は?

疑問に思う女の子の画像

熱帯夜は寝付きがすごく悪くなってしまいますよね。眠れなくなってしまう原因はみなさんもおわかりのように気温が高いことです。

さらに、湿度が高くなることも寝付きを悪くする原因なんです。日本の夏は湿度が高く、ベタベタとして気持ち悪いですよね。気温と湿度が高いときを「不快指数」で表しますが、特に熱帯夜は不快指数が高いです。

不快指数は高ければ高いほど体温を下げにくくしてしまい、その結果眠れなくなってしまうのです。体温を下げにくくなると、体の奥深い部分に熱がこもってしまうので睡眠を妨害するんですね。

この体の深い部分の温度を「深部体温」といい、正常に維持することで免疫力を高めたり体を健康にし、幸福感をもたらします。

睡眠中はこの深部体温を下げることで脳や体内の機能を休めようとするので、体温自体が下がるんです。なので、この深部体温を下げることが快眠につながるのですが、先ほどもお伝えしたように熱帯夜は体温が下がりにくく眠りも浅くなってしまいます。

このように、気温と湿度が高いと深部体温が下がりにくくなることが熱帯夜に眠れなくなる原因です。

スポンサーリンク

熱帯夜で快適に過ごすオススメの方法は?

寝苦しい男性の画像

それでは、熱帯夜で快適に過ごせないことは仕方がないと諦めるしかないのでしょうか?眠れなくてもやってくる明日のために、少しでも快適に睡眠をとり体を休めておきたいですよね。

ここではそんな熱帯夜でも快適に過ごすおすすめの方法をご紹介します。

室内の温度を下げる

熱帯夜を快適にするためにいちばん手っ取り早いのはエアコンで室内の温度を下げてしまうことです。エアコンを使えば室温も湿度も下げることができて一石二鳥です。暑い熱帯夜に涼しい空間を作り出すのですから快眠効果はピカイチです。

エアコンの設定温度をあまり下げたくない場合は扇風機を併用するのもおすすめです。一か所に溜まってしまうエアコンの冷気を、扇風機の風で空気の流れを作り快適に室内を冷やします。

扇風機だけで済ませるにしても、窓を開けて室内に熱がこもらないように換気するなどの工夫が必要です。

電気代を節約しながら部屋の温度を下げる

また、エアコンがなくても効果的に室内を冷やせる方法があるんですよ。扇風機の後ろに凍らせたペットボトルや氷を設置するのです。

凍らせたぺットボトルや氷から発生する冷気が扇風機の風に乗って室内にいきわたります。とってもエコな方法ですよね。しかも氷はいずれ溶けるので冷やしすぎる心配もありません。

エアコンはつけすぎると電気代も気になりますし、環境によくない気もしますよね。ですが設定温度を下げすぎず、つけっぱなしの自動運転にしておけばそこまで電気代が高くなることもありません

何より、節電やエコに気をつかいすぎて体を壊してしまえば意味がありませんよ。

暑い夏は無理をせず、ご自身にあった方法で熱帯夜を乗り切ってくださいね。

体を直接冷やす

エアコンの設定温度を下げすぎないために、そもそもエアコンを使わないために、体を直接冷やしてしまうという方法もありますよ。

寝ている間、熱い体を冷やすにはアイスノン(保冷枕)・保冷材や氷枕、接触冷感の寝具やパジャマが有効です。

大きなアイスノンがあれば最適ですが、なければわざわざ購入しなくても保冷材で代用できます。ケーキなどの生菓子やアイスを購入した時についてくる保冷材は捨てずに置いておくとこの時に活躍しますよ。

深部温度を下げるために、体は手足など先端から熱を放出するので手足が熱を持ち体がすごく熱く感じますよね。そのままの状態ではとても眠れる気がしません。

その熱さを解消するために、首の後ろやわきの下・ふくらはぎなどを冷やし深部体温の低下を助けます。ひんやりして気持ち良いので眠りにも入りやすいです。

また、アイスノンや氷枕は冷たすぎるのでタオルを巻いて使用することをおすすめします。冷やしすぎると反対に頭痛や寝冷えの原因になってしまいますので欲張らないように注意しましょう。

お風呂に入る

入浴中の女性の画像

暑い日は、寝る前にお風呂に入るようにすると気持ちよく眠ることができます。

ただでさえ暑いのですが少し熱めのお風呂に入って体をあたためて、体温を一時的に上げることでお風呂あがりに深部体温がスッと下がりやすくなります。冬や秋口にこれをしてしまうと体が冷えて寝冷えや湯冷めしてしまうのですが、熱帯夜にはおすすめの方法です。

ただし、熱いからといって冷たい水を浴びてしまうと反対に体温が上がりすぎてしまうので要注意ですよ。人の身体は体温を一定に保つはたらきがあるので、冷やすと温めようと頑張ってしまうのです。

深部体温を下げることは快眠や健康に過ごすために大切なことです。さらに、屋外で仕事やスポーツをしている人はもちろん、在宅している主婦の方も1日で体内に熱を溜めこんでいるんです。

その日に溜めてしまった熱は、その日のうちに放出させるようにすると快眠対策だけでなく熱中症の予防にもなります。ずっと熱を溜めたままにしておくと隠れ熱中症や、脱水症状も引き起こすことになります。

寝苦しいということは体の危険信号でもあるので、軽く考えずにしっかり対策をとって体力をつけるようにしましょうね。

今年の夏2017年は暑い理由は?気温予報や対策は?

今年の夏2017の猛暑の原因や予想は?

今年の夏2017の残暑はいつまで続く?予想は?

暑い日の家での過ごし方でオススメの対策は?

体が熱い原因や治し方は?

暑くて眠れない時のオススメの対処法

クーラー病の症状や子供や女性の注意点は?

脱水症状に効果がある食べ物は?

脱水症状に効果がある飲み物は?

熱中症予防対策のオススメドリンクランキング

熱中症予防対策のオススメ食べ物ランキング

夏バテ対策のオススメドリンクは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする