猛暑の対策でオススメな方法は?

スポンサーリンク

気温が少しづつ上がってきている今日この頃、皆さんは夏の暑さに向けての対策は考えていますか?

今年の夏は猛暑が予想されていて、残暑も厳しいものとなりそうです。

そこで今回は、猛暑の対策でオススメしたいものを集めました。夏はイベントも多く楽しい季節です。

ぜひこの記事を参考に猛暑を快適に過ごすだけでなく、熱中症対策もしっかりとして元気に乗り切りましょう。

スポンサーリンク

昔ながらの方法

猛暑のイラスト画像

日本には、昔から伝えられている暑さを和らげる方法もあります。例えば、涼しげに感じることのできる風鈴の音色。近頃は耳にする機会も減ってしまいましたが、夏の風物詩として古くから親しまれてきました。

ほかにも、畳や御座も夏を快適に過ごせるもののひとつなんです。湿度を調節してくれる効果もあるので、部屋がカーペット敷きのお宅はぜひ採り入れてみてください。

水うちわや打ち水といった、水を使った対策も人気ですね。水うちわは岐阜県に伝わる伝統工芸です。専用のうちわが必要ですが、普通のうちわとしても使用できるのでこの機会に購入してみてはいかがですか。

スポンサーリンク

涼しい服装

猛暑の厳しいときは、服装にも注意が必要です。特に女性に多いのが、ファッションのために暑いのを我慢して重ね着したり季節に合わないものを着ていたりする場合です。

おしゃれすることも大切なことですが、何より大切なのはご自身の体調ですよね。それに洋服の下でいつも汗をかいていては、あせもができる原因にもなりますし、皮膚にも身体にも良いことがありません。夏は夏に最適な服装をするようにしましょう。

透湿吸水性に優れたコットンや、リネン素材のものは来ているだけで少し涼しく快適です。また、暑いとき専用のインナーも販売されています。服装によってはインナーを1枚着た方が快適に過ごせることもあります。

基本的には首元はすっきりさせ、屋外にいる場合は直射日光が肌に当たらないようにすると少しでも快適に過ごすことができますよ。

スポンサーリンク

窓辺を日陰にする

すだれの窓際の画像

部屋の中が暑すぎる場合、すぐにエアコンをつけるのではなくまずは外からの熱を遮断してみませんか?

部屋が暑くなるときは、ほとんどが窓辺から入ってくる熱が影響しているんです。窓にすだれを吊るす・立てかけるなど、窓際に日陰をつくってあげることで入ってくる熱を大幅に防ぐことができます。

すだれのほかにも朝顔などつる性の植物を植えて、天然のグリーンカーテンを作ることもオススメです。

クールべジのゴーヤもつる性なので、グリーンカーテンに利用しながら身は食べられてとてもエコです。

朝顔もゴーヤも、今年できた種を保管しておくと来年また楽しめますよ。

スポンサーリンク

クールベジ

クールべジという言葉はご存知ですか?クールべジとはクールベジタブルの略で、体の熱を下げてくれるはたらきのある野菜のことなんです。

ところで、昔から「秋ナスは嫁に食わせるな」なんて言いますよね。これは女性の身体は冷えに弱いため、お嫁さんの身体を気遣って言われたという意味があります。

このように、人の身体を冷やすはたらきのある野菜はナスのほかにもトマトやピーマン・キュウリ・ゴーヤなどがあります。

水分を多く含むもの、利尿作用のあるカリウムを含むものがクールべジには適しています。尿の排出を促すことで体内に溜まった熱を一緒に出してあげることが目的ですよ。

スポンサーリンク

辛いものを食べる

クールべジとは反対に、暑いものを食べて体温を下げるという方法もあります。

暑いときに辛いものなんて食べると、体温が上がって余計に暑くなってしまいそうですよね。ですが、辛いものを食べて一時的に体温を上げることで、その後一気に涼しくなるのですごく効率的な方法なんです。

それに、暑いからと言って冷たいものばかり摂取していると内臓冷え性になってしまいます。内臓冷え性は夏バテの原因になったり、ウエスト周辺の皮下脂肪や内臓脂肪を蓄えてしまったりと良いことはありません。夏に内臓を冷やしすぎることによって秋以降に全身の冷え性を引き起こすことにもなります。

暑いときに、あえて辛いものを食べることは涼しさ対策だけでなく元気に過ごすためにも大切なことなのですね。

スポンサーリンク

身体を直接冷やすグッズ

暑いサラリーマンの画像

昔ながらの方法や食べ物で猛暑対策ができても、毎日お勤めに出ている人や学校に通うお子さんは日中とても暑いことが多いですよね。そんな人のためにも、市販品の猛暑や熱中症対策グッズがあります。

対策グッズは毎年たくさんの新商品が発売されていて、正直どれを選んで良いのかわからないことが多いです。シャツを濡らして涼しくするスプレー首から下げる扇風機服の中にファンで風を送り込むものもあります。

様々あるグッズの中からオススメしたいのは、ボディ用のウェットシートです。ボディ用のウェットシートにはサラサラタイプとひんやりタイプがあります。

ビオレサラサラパウダーシート

サラサラタイプで代表的なのは「ビオレサラサラパウダーシート」で、ご存知の方も多いでしょうか。パウダー効果で、拭くだけで汗をとってサラサラにしてくれます。汗でべたついた状態は暑いだけでなくとても不快ですよね。

その不快感を軽減してくれるサラサラパウダーシートは、携帯用もありますのでぜひバッグにひとつ忍ばせておきたいです。

ギャッツビーデオドラントボディペーパー

ひんやりタイプで代表的なものは「ギャッツビーデオドラントボディペーパー」です。こちらはひんやりのサラサラタイプ・さらに冷たい氷冷アイスタイプがあります。特に猛暑にはアイスタイプがオススメで、拭いた瞬間から爽快なクール感です。

ペーパーは厚手で大型なので、1枚で全身ゴシゴシ拭けます。拭いた直後だけでなく、しばらくクール感が続くので炎天下での作業快適にしてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

どちらもドラッグストアやホームセンター、ネット通販で購入できますのでぜひお試しくださいね。

どの方法も効果的に涼しくしてくれる方法ですが、あまりに暑い場合は無理をせずにエアコンも使ってくださいね。お子さんや高齢者は特に、自覚がなくても熱中症になってしまうこともあります。

できれば家系にも優しい方法で夏を乗り切りたいですが、体を壊して病院にかかることや辛い思いをすることを考えると少々お金がかかってしまってもより効率的なものを選んでおきたいです。

本格的な夏が始まる前に、グッズを購入したりグリーンカーテンを設置するなど準備を始めておきましょうね。

今年の夏2017年は暑い理由は?気温予報や対策は?

今年の夏2017の猛暑の原因や予想は?

今年の夏2017の残暑はいつまで続く?予想は?

暑い日の家での過ごし方でオススメの対策は?

体が熱い原因や治し方は?

熱帯夜を快適に過ごす対策や快眠方法は?

暑くて眠れない時のオススメの対処法

クーラー病の症状や子供や女性の注意点は?

脱水症状に効果がある食べ物は?

夏バテ対策のオススメドリンクは?

熱中症予防対策のオススメドリンクランキング

熱中症予防対策のオススメ食べ物ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする