汗かきを治す方法は?薬や食べ物は効果ある?

スポンサーリンク

汗かきに悩んでいる人は意外に多いのですが、汗かきには「ただの汗かき」と「多汗症」があります。

この記事では、汗かきを治す方法をご紹介します。汗かきを治すために薬や食べ物は効果があるのでしょうか?

自分の汗かきタイプと原因をちゃんと見極めて、より効果的な方法を選んでくださいね。

スポンサーリンク

汗かきの原因とは?

汗かきを治したいときに重要なのは、原因です。自分が汗かきになっている原因をしっかりと病気の人達の画像

自覚して、その原因に合った方法で治していくことが大切です。

自律神経が乱れていたり、汗腺の機能が低下している人は顔や脇・首元などの心臓から近い場所に汗をよく書きます。肥満傾向にある人は体内に熱を閉じ込めてしまうので、体温調節をするために汗をよくかきます。

外見的には肥満に見えなくても、内臓脂肪が多いことも汗かきの原因です。内臓脂肪が増えると体温調節が苦手になり、熱を閉じ込めたり体温が上がりやすく汗をかきやすくなるんです。

意外なのは、冷え性の人は汗かきになりやすいということです。冷え性は水分を多く溜めこみやすく、少し動いただけで大量の汗をかいてしまいます。

病気では、自律神経失調症バセドウ病・糖尿病・更年期障害に多汗の症状があります。結核や白血病では異常なほど大量の汗をかくことがあります。他に自覚症状のある場合は特に、なるべく早く病院で検査をしてくださいね。

また症状のひとつではなく「汗かき」自体が病気の多汗症もありますよ。多汗症の原因はまだはっきりしていませんが、全身性のものと局所性のものに分かれます。

局所性では脇からの「腋窩(えきか)多汗症」、「頭部多汗症」、手や足の「掌蹠(しょうせき)多汗症」があります。さらに掌蹠多汗症は手のひらの「手掌(しゅしょう)多汗症」と足の裏の「足蹠(そくせき)多汗症」に分かれ、それぞれで症状の出る場所が違います。

スポンサーリンク

汗かきを治す方法は?

疑問に思うサラリーマンの画像

汗かきを治すには、元の原因を絶つ必要があります。肥満の人は痩せる、汗腺機能が低下している場合は運動したりお風呂などで汗を流して改善してください。自律神経の乱れを整えるためにも重要なことですが、規則正しい生活や食事を心がけることも汗かきを治したいなら大切ですよ。

発汗をコントロールしてくれる「制汗剤」もあります。脇用や足用・全身用など目的別に分かれていて、気になるニオイを抑えてふんわり香る香料入りのものも豊富に売っていますよ。最近では顔用の制汗剤「サラフェ」も発売され、特にメイク崩れの気になる女性に人気です。

全身や背中によく汗をかく人はなるべく重ね着はせず、通気性の良い服装をしましょう。洋服の中で汗をかき蒸れてしまうとあせもや肌荒れの原因にもなります。また、汗かき対策インナーは吸水性や速乾性に優れた素材も多く、普段の服装でも下に一枚着るだけで快適に過ごせます。

スポンサーリンク

汗かきを改善する食事は?

汗かきを改善したいなら、食事にも気を付けましょう。唐辛子やスパイス類・辛いものは発汗作用があるのでなるべく避けた方が良いですよ。

そして、汗かきを治すために効果のある食べ物があります。ここではその食べ物をいくつかご紹介しますので、毎日食べて汗かきを改善しましょう。

イソフラボン

大豆や大豆製品に含まれるイソフラボンという成分には発汗を抑える作用があります。イソフラボンは、体内で女性ホルモンと似たはたらきをします。

男性ホルモンは発汗を促す作用があり、反対に女性ホルモンには発汗を抑える作用があります。「男の方が汗かきが多い」のはこの男性ホルモンが多いためで、女性ホルモンに似たイソフラボンを摂取することで汗をかきにくくなるんです。

また、女性にとってイソフラボンはホルモンバランスを整える効果があるので積極的に摂るようにしましょう。汗の原因となる自律神経の乱れの改善や更年期障害の軽減だけでなく、骨粗しょう症の予防や美肌にも効果があります。

代表的な大豆製品は豆腐・油揚げ・きな粉・納豆・豆乳・おからです。

豆腐や油揚げを具に加えたおみそ汁は汗かき予防にも効果的な料理ですよ。

ハーブ

汗かきや多汗症の原因のひとつに自律神経の乱れがあります。自律神経は交感神経と副交感神経の2種類あり、それぞれの入れ替わりがうまくいかないとき、自律神経のバランスが乱れているのです。

交感神経は活動している・緊張している・ストレスを感じていると活発にはたらき、反対に休んでいる・眠っている・リラックスしているときには副交感神経が優位にはたらいています。汗をかくのはこの交感神経が活発なときなんです。

ハーブにはリラックスさせる効果があるので、汗をかく交感神経を休ませて副交感神経のはたらきを助けます。

特にリラックス効果の高いハーブはジャスミンやカモミール・ラベンダーやローズです。他にも安眠効果があるといわれているハーブが副交感神経にはたらくので汗かきにも効果的ですよ。

クールベジ

夏野菜の画像

クールベジとは正確には「クールベジタブル」といい、体を冷やしてくれる野菜のことです。効果があるのはトマト・キュウリ・ナス・ピーマン・ゴーヤ・とうもろこしなど水分とカリウムが豊富な夏が旬のものです。

クールベジは食べるだけで体温を下げてくれるので、体温調節のために余分に汗をかくのを防ぎます。また、カリウムには発汗を抑える効果がありますので、まさに汗かきにはもってこいの食べ物ですね。

スポンサーリンク

汗かきを改善する薬は?

ここでは汗かきの人にオススメの薬や漢方薬を集めてみました。

汗かきのタイプによっても効果のある薬は変わってきますので、どのような汗かきのタイプなのかをしっかり判断した上で薬も選んでくださいね。

病院で処方してもらわないと入手できない薬は少々面倒かもしれませんが、市販のものを使用するよりもやっぱり効果が高いです。すぐに治したい!という場合医師に相談して処方してもらってくださいね。

また、汗かきのタイプによって診療内科や皮膚科などかかる病院が変わりますが、多汗症の診療をしているなどはホームページに記載されていることが多いので予め調べてから行くことをおすすめします。

テノール液

テノール液は塗るタイプの制汗剤です。

テノール液は、塩化アルミニウム液で汗腺に炎症を起こして汗を止めます。そのため、肌に合わない・痛いなどの違和感がある場合はすぐに使用を中止しましょう。

塗ることで治療になるものではなく、あくまでも汗を止める効果であることを忘れないでくださいね。即効性があるので、他の対策を試しながら汗を止めたい日中に使用するようにしましょう。

防己黄耆湯

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)は体の中にある水分の量を調整してくれる薬です。

余分な水分を取り除き、全身の機能を高めてくれます。肥満やむくみにお悩みの人、少し動いただけでも汗をかいてしまう人によく効きますよ。ドラッグストアでも購入できますので忙しい人もすぐに試すことができますね。

プロバンサイン

プロバンサインは病院での処方でのみ入手できます。多汗症の治療薬としてただひとつ認定されているお薬です。

アセチルコリンという物質の分泌を抑え、汗をかきなさいという脳からの命令を止める作用があります。胃腸薬としても使われるので胃の粘膜を守る効果があり、胃に優しいです。

ただし副作用として喉の渇きや眠気があるので、高所での仕事や乗り物を運転する前の服用は控えましょう。

グランダキシン

自律神経失調症や更年期障害の治療につかわれる薬で、自律神経失調症や更年期障害からくる汗かきに効果があります。

こちらも病院で処方してもらい入手できる処方薬で、比較的副作用が出ることの少ないお薬です。

副作用少ないとはいっても、お薬なので全くないわけではありません。

主な副作用はねむけと筋弛緩効果です。高所でのお仕事や乗り物の運転前の服用は控えてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする