膝の角質の黒ずみの原因や取り方は?

スポンサーリンク

毎日暑くなってみんな薄着になってきましたね。ハーフパンツやショートパンツをはく機会も多くなっていると思います。

でもちょっと待った!その膝、黒ずんでませんか?

今回は、恥ずかしい膝の角質の黒ずみの原因や取り方をご紹介します。

「ひざ、黒ずんでるよ」って言われる前に解消できるよう早めの対策を始めましょう。

スポンサーリンク

膝の角質の黒ずみの原因は?

膝立ちの画像

膝の角質の黒ずみの直接の原因は色素沈着です。膝立ちしたり、パンツやズボンで擦れたり…足を組む人はその時に圧迫してしまっている可能性もあります。日ごろから膝を出している人は紫外線からの刺激も気になりますね。

膝は関節ですので常に皮膚が伸び縮みしています。なのでもともと黒くなってしまいやすい部分なんです。

膝の皮膚は他の部分の皮膚と違い、薄く皮脂腺も少ないのです。いつも乾燥しがちなので外部からの刺激に弱く、無理に黒ずみを取ろうとこすりつけることでさらに悪化してしまいます。

もちろん、黒ずみを取りたいからってボディータオルで強くゴシゴシなんてもってのほかですよ。これも、黒ずみを悪化させてさらに黒くしてしまう原因になります。

他にも乾燥から毛穴が開いてしまい、皮脂が詰まって酸化することで黒ずみになってしまうこともあるんです。

私たち日本人は、床で生活する習慣があります。床に座っていてちょっとものを取りに行くのに膝で歩いてしまったり、床の雑巾がけをするときにも膝で移動するという人が多いと思います。

このように、毎日のちょっとした行動の積み重ねでどんどん膝は黒ずんでいきます。膝の角質の黒ずみは1日にしてならず、そして黒ずみの解消も1日ではできないんです。

スポンサーリンク

膝の角質の黒ずみケアでオススメは?

スクラブ入りジェルの画像

これだけ黒ずむ原因があるとなれば、今すぐにでも予防や解消のための対策を練らないといけませんね。

ここでは膝の角質の黒ずみの、オススメのケア方法をまとめました。角質の奥へとしっかりアプローチするためには、やみくもに手あたり次第の方法を試しているだけではダメなんです。

蓄積された黒ずみの解消は1日では効果が出てくれませんが、簡単な方法なので毎日継続することを目標としましょう。

日々の日課にひとつ追加して、ツルツル綺麗な膝を手に入れましょうね。

角質ケア

ゴシゴシするのがいけないとなると、保湿が良さそうですよね。はい、その考えは間違ってはいないんですがそのまま保湿しても意味がありませんよ。

角質がカサカサ・カチカチのままクリームを塗ったって浸透してはくれません。まずは角質をケアして、保湿のための有効成分を奥まで届けられるようにお肌を整えましょう。

角質のケアは入浴中が最適です。湯船につかり角質を柔らかくしたところで、スクラブ入りのジェルや膝専用の角質除去クリームでオフしましょう。このとき注意することは、力を入れすぎないことです。

何度もお伝えしているようにゴシゴシは黒ずみの元。スクラブを転がすようにゆっくり優しくマッサージしてくださいね。

角質オフは、半月に1度程度のスペシャルケアにしましょう。やりすぎると刺激でお肌が固くなってしまいますよ。

保湿

保湿剤の画像

余分な角質を落としてお肌が柔らかくなれば、次は保湿です。保湿には特別なクリームは必要ありません。普段お使いのボディークリームやボディーミルク、ボディーバターやオイルを膝にも塗ってください。どれも持っていない人はこの機会に購入しておきましょう。

新しく購入するのであれば、美白成分や酵素入りのものや肌を柔らかくしてくれるシアバター配合のものがオススメですよ。

また、フェイスマスクを使っている人は、顔からはがした後で膝にも当ててあげるのも良いですよ。上記のクリームなどを塗る前に水分補給です。

マスクはしないけど水分補給したい人は、化粧水でもできますよ。

専用グッズ

さらに効果を高めるために、膝の角質の黒ずみ対策専用のクリームもあります。

今年新発売された「クロキュア」はヒジ・膝の黒ずみやザラザラを改善する治療薬(第3類医薬品)です。尿素配合でクリームタイプなので、塗りやすく保湿効果もあります。

指先の手荒れにも効果があるので、膝に塗る指も一緒に綺麗になる一石二鳥なお薬です。角質ケアができるので、かかとやくるぶしなどのかたくなりやすい所にも使えます。

何度も言いますが、膝の角質の黒ずみは1日では解消できません。長い年月をかけて蓄積してしまったのですから、それなりにじっくり時間をかけて改善していく必要があります。焦って一気に取ろうとすると返って悪化させてしまいます。角質を溜めないように注意しながら、毎日しっかり保湿してください。

お肌が入れ替わる、ターンオーバーは正常で約30日前後です。効果がないように感じても、諦めずに1か月は継続することが大切です。

最後に、黒ずみが解消できてもケアはやめないでくださいね。黒ずみは日々のちょっとした習慣の積み重ねなので、負けないように角質・保湿ケアも積み重ねていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする