夏風邪予防対策に効く食事レシピは?

スポンサーリンク

夏風邪は冬場に引く風邪と違い長引く傾向にあります。そして原因となりウィルスも異なります。

基本的な予防対策と言えば、手洗いやうがいなどを思い浮かべる方も多いでしょうが、今回はそれ以外にも夏風邪予防に効果がある食事や栄養素、食欲不振で食事をとる気が起きない方のために、効果的なサプリメントを紹介します。

夏の時期は何かと、イベントが多く楽しみですが夏風邪を引いてしまったら台無しになってしまいます。

風邪は引いてから治すのではなく予防するのが一番、効果があります。どのような成分が夏風邪予防に効果があるか見ていきましょう。

夏風邪予防の乳酸菌サプリはこちらをクリック

スポンサーリンク

夏風邪予防対策で注意すべき点は?

基本的に『うがい・手洗い』は夏冬共通の予防法ですが、夏と冬では風邪のかかり方と予防法が変わってきます。

そこでここでは夏と冬の風邪の相違点と、夏風邪予防対策の注意点をご説明します。

①夏と冬のウィルスが違うのでその特性を知ること。

夏風邪と他の季節との大きな違いは、『ウィルス』の違いです。

基本的に風邪のウィルスというのは低温乾燥の時期に空気中を浮遊するものですが、夏風邪のウィルスは高温多湿に強いものが多いです。

有名なところでは『夏のインフルエンザ』と呼ばれる『アデノウィルス』や夏風邪の代表である胃腸の風邪を引き起こす『エンテロウィルス』がいます。

これらのウィルスは高温多湿でも影響を受けづらく、繁殖してしまうので、例えばプールなんかでも罹患してしまいます。

②マスクは使い方が大事

マスク画像

風邪予防の定番として言えば『マスク』ですが、これには一つ落とし穴があります。

まず、ウィルスというのは目に見えない程とても小さいものです。ですから、マスクをしていても実は息を吸う度にウィルスは側面などから侵入してきます。完全にウィルスが侵入してこないようにするには密閉しかありませんがそれでは息が出来なくなります。

ではなぜマスクが有効なのでしょうか?

これは呼気によって適度な湿度を含んだ空気がマスクを湿らせることによってマスク内及び咽頭内の潤いを保ち、湿度に弱いウィルスから防御している訳です。

ここで先程の話を思い出してもらいたいのですが、『夏のウィルスは高温多湿に強い』ですから、マスクで防御しても唇に付着したウィルスは容易に中に入りやすいということです。

そもそも冬と違い、夏は気候が暑いですから外でマスクを付けることも辛いですよね。

ただ、それでもマスクの有効性は失われません。

なぜならば、『喉を潤す』ことにより、ウィルスの排出作用が高まるからです。

喉には『腺毛』といって潤いを含んだ細かい毛があり、これが『腺毛運動』といって捕らえたウィルスを速やかに排除する仕組みがあります。

『咳』『痰』などの症状はこのウィルス排除作用の働きによるものです。

この腺毛が乾燥に弱く、カピカピになると働きが低下する為にウィルスの侵入を許してしまい、夏風邪に罹患してしまいます。

夏に喉を痛めるもの。それは『冷房』です。

冷房は乾燥を伴う為に、防御機能である腺毛の働きを低下させます。

それに加えて、外は暑く、中は寒いという環境が自律神経バランスを著しく崩しやすくなり、免疫力を低下させる為に更に夏風邪にかかりやすくなります。

ですから、まず『マスクは使い方』が重要で、特にクーラーのある職場で長時間仕事をする場合などには有効な予防法になります。

しかし、外出するときに夏風邪を予防するためにマスクを着けて歩くのは現実的な方法ではありません。夏の時期にマスクをつけて外を歩くと目立ちますし、何より息苦しいです。

③特に胃腸機能の低下に注意する

胃腸のイラスト画像

また『免疫』についてですが、冬と夏ではこの『免疫力が低下する理由』が変わります。

冬の場合、基本的に外気が寒くなる為、身体の弱い人ほど外気に影響されて身体が冷えてしまいます。
体温は1℃低下すると免疫力は37%低下すると言われていますので、風邪にかかりやすくなるということです。

対して夏は、外気からは体温は下がりづらい環境です。しかし、夏の暑い時期に食欲が低下するのを経験されたことがあると思いますが、夏は『胃腸の不調』により体力抵抗力が低下する季節です。

具体的に腸には免疫細胞の70%があり、身体の防衛力を担う大切な臓器ですが、腸の働きが低下することにより免疫力が低下してしまい、風邪にかかりやすくなってしまいます。

免疫力を高めるためには、腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすのが良い方法ですが乳酸菌を摂取するのがオススメです。乳酸菌を毎日定期的に摂取することで夏風邪は予防できます。

夏風邪予防の乳酸菌サプリはこちらをクリック

以上三点の理由により、冬と対策が違うことをきちんと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

夏風邪予防に効果ある食事レシピは?

夏風邪予防に大切なのは『胃腸を守り免疫力をアップすること』です。

ここでは手軽な食べ物で出来る『特選!夏風邪予防レシピ』をご紹介します。

食欲が無くても免疫アップ!『特選梅干し卵雑炊』

ぞうすい
【材料】
・出し 360cc(二合)
・ご飯(冷飯でOK) 一合(軽く一膳)
・卵 一個
・梅干し 一つ
・お酒 少々
・お醤油 お好みの濃さで(たらーっとお鍋が一周くらいが目安)

  1. 出し360cc(だしの素+水でもOK)を煮立たせてお酒、お醤油を入れます。
  2. ご飯はザルに入れてしゃもじでかき混ぜながら水で洗い、ぬめり気を取ります。
  3. 洗ったご飯を煮立たせた出しに投入、蓋をしてから卵をお椀に開けて軽く箸でかき混ぜておきます。
  4. お鍋が吹きそうになったら蓋を開け、卵を円を描きながら落とし入れます。
  5. 再び蓋をして火を消して一分間蒸らします。
  6. 茶碗によそって梅干しを乗せたら出来上がり。

卵とご飯はパワーフードです。特にご飯を洗うことによりお粥のようなドロドロ感がなくなり喉越し良く食することが出来ます。

梅干しの酸っぱさは食欲増進。クエン酸も摂れて疲労回復力アップです。

土用丑の日の定番!鰻!

うなぎ

平賀源内が広めた『土用丑の日』の鰻の蒲焼き!

一年の中で一番暑い長夏の時期に鰻を食べて乗り越えよう!というのが土用丑の日の始まりですが、免疫力アップは夏風邪予防に繋がります。
ここではスーパーで手に入る冷凍鰻をお店のプロ使用並に美味しくいただく方法をご紹介します。

【材料】
・冷凍鰻
・鰻のタレ(付属でOK)
・お酒 少々

  1. まず冷凍鰻をパックから出して冷水でタレを洗い落とします。きちんと隅々まで綺麗にしましょう。
  2. お酒を振り掛けて、コンロの魚焼き器の中に、身を上にして一番弱い火でじっくり焼き上げます。
  3. 表面に油が浮いてチリチリと焦げ目が付いたらタレを付けて焼き色を付けます。

出来上がり。身は柔らかいのでフライ返しなどでゆっくりお皿に乗せましょう。ただレンジでチンするよりもお店のふっくらした味に近付きます。

市販のタレは甘過ぎる!という方は、お酒と醤油を足して好みの味を作っても◎です。
タレを付けずにわさび醤油でいただいてもサッパリ美味しく召し上がれます。

鰻にはムコ多糖類ビタミンが豊富に含まれており、疲労回復力を抜群に上げてくれます。とろろ芋を掛けて更にパワーアップしても良いでしょう。とろろ芋は漢方では『山薬(さんやく)』といい、山の薬と呼ばれている程滋養強壮に優れています。

鰻ととろろ芋のネバネバ物質が粘膜と免疫力を強化、疲れてかかりそうな夏風邪の予防には最適と言えます。

手軽で最強の夏風邪予防ドリンク!『はちみつ甘酒ヨーグルト』

食欲が無い時の体力回復夏風邪予防にはこれです。

【材料】
・甘酒    100cc
・ヨーグルト 100g
・はちみつ   5g

工程は甘酒にヨーグルトを入れてはちみつで味を整える。それだけです。

最短最速ですが効果は抜群です。

はちみつには殺菌作用があり優しく喉を潤わせ、甘酒は酒粕が、ヨーグルトは乳酸菌が、それぞれ腸の健康を守ります。夏風邪予防に限らず、オナカキレイ系女子を目指す女性を中心に広まっています。朝一の食欲が無い時でもすんなり取り入れることが出来るのがポイントです。

スポンサーリンク

夏風邪予防には乳酸菌が一番効果的

乳酸菌の画像

先ほど、夏風邪に効く食事レシピとして3点紹介しましたが、夏は食欲が起きなく食べる気が起きないという方は多いと思います。何より一人暮らしの方は毎日食事を用意するのも大変です。

乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトを思い浮かべますが、毎日一定量のヨーグルトを食べるのは思いのほか大変です。

そのような時には乳酸菌サプリがオススメです。一日2~3回、水と一緒に服用するだけなので食欲が無い時、料理する暇がない時にも続けられます。

乳酸菌を選ぶコツとしては、しっかりと体内に取り入れて腸まで届く乳酸菌を選ぶということです。

乳酸菌は腸に届く前に胃を通過しますが、胃酸に弱いのでしっかり腸まで届かないと効果が半減してしまいます。

腸にまで乳酸菌を届けるサプリ

ヨーグルトや市販の乳酸菌サプリはしっかりと腸内まで届く種類のものが少ないです。

しかし、ラクトプランというサプリメントならしっかりと腸内まで乳酸菌を送り届けることができます。

ラクトプランはl-137という特殊な乳酸菌を加熱して、HK-l137という乳酸菌に変化させたものを使用しています。

乳酸菌は便秘改善などに効果があるとよく聞きますが、ラクトプランは免疫強化専門のサプリです。

乳酸菌は通常だと、加熱すると死滅して効果が無くなりますが、l-137は加熱して死なせることによってより生命力が強くなる逆転の発想を持った乳酸菌なのです。

臨床試験では風邪やインフルエンザに感染する確率が下がったと証明されています。

3か月以上継続して申し込んだ人が9割以上いるのもうなづけますね!乳酸菌は毎日コツコツ摂取することで効果を発揮します。

値段と購入方法について

価格は初回は一か月1544円です。一日当たり約50円で効果が無かったら一か月で解約できます。2か月目からは一か月3024円です。

一日あたり約100円です。もちろん夏風邪にかかってしまってもラクトプランを摂取することで症状の治りが早くなります。

価格 3086円初回1544円(送料無料)
内容量 30日分(1日3粒×30日)
おすすめ度 ★★★★★

夏風邪にかかると確実に二日以上は寝たきりになります。感染力が高いので学校や職場も休む必要がでてきます。

もし夏風邪を引いてしまったら丸二日分の時間が無駄になります。病院の費用や薬代も含めると確実に2万円分以上は損しているでしょう。

そのリスクを一日100円で回避できるのは安いと思いませんか?

夏風邪を予防したいが、毎日マスクをつけて外出したり、効果がある食材を選んで料理するのはメンドウな方にはオススメです。

ラクトプランは以下の公式サイトからのみ購入することができます。

夏風邪は発症してからですと1週間ほど長引いてしまったり、口内に水疱が出来てしまって数日間何も食べることができなくなることもあります。

症状が出てから治すのではなく、予防して夏風邪にかからない対策をするのが大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする