夏バテに甘酒は効果ある?いつ飲む?

スポンサーリンク

夏バテに甘酒は効果ある?いつ飲む?

甘酒といえば冬に飲むものというイメージを持っている人が多いかもしれません。また、ひな祭りと甘酒のつながりは深いですよね。しかし、甘酒は江戸時代より「栄養満点の飲み物」として知られていました。

今回は、「甘酒をいつ飲む?」などの味方に関する疑問に答えるほか、米麹を使った甘酒の作り方もご紹介しましょう!

スポンサーリンク

夏バテに甘酒が効果ある理由とは?

甘酒は夏バテの解消に効果がある
甘酒は夏バテ解消に効果抜群! という話を聞いたことはありませんか? 「それってホント?」と疑っている人もいるかと思いますが、これは本当です。

なにしろ「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養が豊富(疲労回復に良いとされるビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミンB群や、身体の調子を整える食物繊維・葉酸、さらには必須アミノ酸を含めたシステイン・アルギニン・グルタミンやオリゴ糖などが入っている)なので、つらい夏バテを吹き飛ばしてくれるのです!

疲労回復や風邪の予防をしてくれるビタミン群やアミノ酸をはじめ、食物繊維やオリゴ糖が腸内環境を整えてくれます(ご存じでない方も多いかと思いますが、オリゴ糖といえば、腸内の善玉菌を増やしたり、その働きを活性化させてくれる成分です)。

腸の働きが活性化すれば、それが夏バテの予防にもつながりますからね。どうしても暑い夏は食欲がなくなってしまいますが、そんなピンチから私たちを救ってくれるのが、甘酒の持つパワーなのです。

その他、甘酒に含まれる麹に美肌効果があったり、さらには先述のビタミンB群が代謝を助けてくれるため、ダイエットにも効果があったりと、細かく解説をはじめればキリがないほど栄養満点です。

まさに贅沢すぎる飲み物、それが甘酒なのです。これまで甘酒の魅力を注目してこなかった人は「もったいないことしたなぁ」と思うかもしれませんが、むしろこれからがチャンスですので、この機会にぜひ、甘酒の魅力を存分に知り尽くしてください!

スポンサーリンク

いつ飲むのが効果ある?オススメの飲み方は?

甘酒はいつ飲むと良い?
どういう目的で甘酒を飲むのか、それによって、甘酒を飲むべきベストタイミングが少しずつ変わってきます。といっても、それほど厳密に考えなければならない問題ではないため、あくまで参考程度に考えてください。

甘酒は健康に良いとされる飲み物ですが、細かいことを気にしすぎるあまり、余計なストレスをため込んでしまうようでは本末転倒です。

まず、夏バテの予防や滋養強壮などの目的で甘酒を飲む場合、食後や寝る前などに軽くコップ一杯、甘酒を口にするのが効果的です。

甘酒はダイエットの効果を高めてくれるものですが、そうはいっても、甘酒そのものに含まれるカロリーはそれなりに高いため、調子に乗ってガブ飲みするのはオススメできません。また、栄養価が十分に高いため「健康のため!」と意気込んでガブ飲みする必要もないのです。

ダイエットを特に気にしている人は、甘酒が持つ「新陳代謝を促進する」という作用に注目して、朝いちばんに甘酒を飲むというのも効果的です。こうすれば、日中の活動時間中に、いつもよりいっそう効果的にカロリーを消費できるのです。

甘酒を暖め過ぎるのはNGです!

甘酒を暖め過ぎるのはNG
寒い冬、あるいは風邪などで体調を崩した際には、甘酒を温めて飲むことで体も温まります。そういうイメージから、なんとなく甘酒とは「温めて飲むもの」と考えている人も多いと思います。

そういうイメージはもちろん間違いではありませんが、かといって、甘酒をあまりに暖め過ぎるのは、飲み方としてNGです。なぜなら、甘酒に含まれるビタミンB群やビタミンCなどの栄養素は熱に弱いからです。

健康維持に役立つ大切な栄養素が豊富に含まれているのに、それらが熱によって破壊されてしまったら何の意味もありません。

基本的に、甘酒の温度が60℃を超えてしまったら栄養素が失われてしまうので、温めて飲む際には、その温度を超えてしまわないように注意しましょう。もっとも、あまり調子に乗って甘酒を温めても、「熱すぎて飲めなくなったら意味がない」と考える人が多いと思うのですが。

甘酒を加熱する際に、焦らず弱火でじっくり温めていけば、ビタミンなど大事な栄養素を破壊するリスクを下げることができます。また、こうすれば舌を火傷する心配もありませんしね。

飲む前に、甘酒の成分表示をよく確かめて!

アルコールを含んだ甘酒に注意
甘酒には、酒粕から作られたものと米麹から作られたものがあります。特に成人の方であれば、甘酒の成分を気にする必要はあまりありません。しかしながら、妊婦の方や未成年の方、さらにはお酒に弱い方なら、アルコールの含まれない米麹由来の甘酒を選ぶとよいでしょう。

さらに細かい話をするなら、酒粕から作られる甘酒は砂糖を後から加えてあることが多いため、米麹由来のものに比べれば、ややカロリーが高めです。しかしその一方で、酒粕由来のものは食物繊維の含有量が多くなっていることも知っておくべきでしょう。

スポンサーリンク

自家製甘酒の作り方?

健康維持のため、毎日でも飲み続けたい甘酒。でも、継続するとなるとそれなりにお金がかかるのでは……? そんな心配をしているあなたにはぜひ、自家製の甘酒をオススメします。その気になれば、ご家庭でも簡単に甘酒を作ることができちゃうんですよ!

甘酒を作るときになによりも重要なのは、ズバリ温度の管理です。なにしろ甘酒は「発酵させて」作るものですからね。温度管理に役立つアイテムとして、最近では「ヨーグルトメーカー」と呼ばれる機材も売ってますが、こんなものは家にないという人も多いでしょう。

そこで、もっと簡単に甘酒を作るために必要なものとは……?

超簡単! 魔法瓶で作る自家製の甘酒!

自家製甘酒を作る方法
びっくりする人も多いでしょうが、なんとあの〈魔法瓶〉があれば、ご家庭で誰でも簡単に、栄養満点の甘酒を作れちゃうんです!

甘酒1.5リットル分の材料は

米麹500g
水① 750cc(初めに米麹と混ぜ合わせるもの)
水② 400cc(温度調節のために後から加えるもの)

……これだけです!

さて、繰り返しますが、甘酒を上手に作るために重要なのは温度の管理。まずは米麹を魔法瓶に入れ、65℃まで温めた水①を混ぜ合わせ、魔法瓶に蓋をしたら、よく振ります。

調理用の温度計などを用いて温度をじっくり見ながら、温度調節用の水②を用いて60℃の温度をキープします。温度調節がきっちりとできたら魔法瓶に蓋をし、その状態で最低でも七時間以上放置します。

米麹を発酵させる時間が長くなればなるほど味わいが深くなるので、時間に余裕があれば24時間以上放置してもいいです。

さて、無事に発行させられたら甘酒の原液が出来上がります。ただしこれは原液なので、そのままでは甘すぎて飲めません。お好みに応じて、水で2~3倍程度に薄めましょう。

スポンサーリンク

甘酒を使用したオススメレシピは?

甘酒を使用したオススメレシピ
そのまま飲んでもおいしい甘酒ですが、お好みに応じて、様々なアレンジレシピを楽しむこともできます。

甘酒にヨーグルト、あるいは牛乳などを混ぜてみよう!

これによって、甘酒独特の香り(苦手な人がいるかもしれません)を抑えることができ、さらに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と甘酒に含まれるオリゴ糖を合わせて飲むことで、腸内環境を整えるパワーが格段にアップします。

なにしろオリゴ糖とは、乳酸菌にとってエネルギー源ですからね。

甘酒とヨーグルトを混ぜ合わせる際には、甘酒:ヨーグルト=1:2くらいがおすすめです。ヨーグルトをやや多めでどうぞ。また、ヨーグルトではなく牛乳や豆乳を同じ割合で混ぜ合わせても、とてもおいしく召し上がれますよ。

夏にひんやりおいしい! 甘酒シャーベット!

甘酒と牛乳を混ぜ合わせ、それを冷凍庫で個売らせれば、夏にぴったりのデザート「甘酒シャーベット」が完成です。カチカチに凍らせてもいいですし、軽く凍らせたものをスプーンで混ぜてシャーベット状にしても良いです。

さらに、甘酒と牛乳、さらにはお好みのフルーツなどをミキサーで是合わせれば、特製フルーツアイスの出来上がりです! 暑い夏にこそ、ぜひ一度お試しください!

さて、ここまでは、自家製甘酒の作り方や、甘酒の魅力を存分に活かしたレシピを紹介してきました。お時間のある方はぜひ、こういうレシピにチャレンジしてほしいと思います。

とはいえ、甘酒を毎日飲み続けるのは、口で言うほど簡単なことではありません。そこでオススメなのが、甘酒の有効成分を手軽に摂れる話題の甘酒サプリメント〈和の酒粕〉です。

和の酒粕で夏バテ防止

たかが夏バテ、されど夏バテです。夏には長期の休暇をとることができる人も多いと思いますが、せっかくのお休み、夏にしかチャレンジできないことがあるのに、ぐったりとバテてしまって貴重な時間を無駄にするようでは、後から悔やんでも悔やみきれません。

また、単純に夏バテの症状を心配するだけでなく、急激な体力の低下によって、例えば夏風邪や肺炎などをこじらせてしまうと、下手をすれば入院を含めた治療費で財布に大きなダメージを与えるでしょう。

夏バテで胃腸が弱っていたり抵抗力が落ちていたりすると、食中毒に感染してしまうリスクも高まります。夏は楽しいことだらけですが、同時に危険なこともたくさんあるのです。

このたび紹介する〈和の酒粕〉は、一ヶ月分の通常価格が税込み4980円ですが、なんと今なら先着千名様に限り、80パーセントオフの980円でお試しいただけます。

これは定期コースをお申込みいただいたお客様限定のサービス価格ですが、万が一、このサプリは自分に合わないと感じた場合、すぐに解約できるので安心ですね。

夏バテで貴重な時間をふいにし、体調を壊して無駄な治療費がかかったり、さらに自分の身体への負担が大きくなってしまったりすることを考えると、この価格で大切な健康が維持できるのはうれしいですね。

さらに、万が一体調を崩しても、甘酒のパワーで回復を早めることができるので、暑さに負けず、楽しい夏を思い切り満喫できますよ。

夏バテや風邪などをはじめとした体調不良に悩まされることなく。楽しい夏のひとときを思いっきり楽しみたい人には、〈和の酒粕〉がたいへんオススメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする