夏にだるい原因や予防対策は?

スポンサーリンク

世間では夏休みなどで子供たちの僑声が夏を賑わせます。
大人になると夏バテや冷房病で身体がだるく、朝からしんどい。そんな様子になる方も多いでしょう。

なぜ子供の頃は一晩寝たらあんなに元気になれたんだろう?
年を取ったせいかな…と思っている方。

ちょっと待ってください。
そのだるさ、適切な対処で取り除くことが出来ます。

ここではそんな夏のだるさの原因と対策を解説していきます。

スポンサーリンク

夏に体が疲れる原因は?

夏に身体が疲れる原因は外的要因内的要因の二つがあり、それぞれが複雑に絡み合っています。
ここではそれらをひとつひとつ紐解いてみましょう。夏に身体がだるくなってしまう原因について紹介します。

外的要因について

外的の主な要因は

  • 暑さ
  • 暑さ以外の環境のストレス

が挙げられます。それぞれの影響について紹介します。

暑さ

夏は暑い!

皆さんが体感する周知の事実です。

『暑さ』は夏バテや熱中症に代表されるように身体に著しい負担を掛けます。

暑さからくる夏の疲れの原因は

  1. 胃腸の不調
  2. 自律神経バランスの乱れ

の二つになります。

夏は胃腸不良になりやすい季節ですが、これは冷たいものの摂り過ぎや水分の過多により身体の代謝機能がより多く働くようになるからです。例えば下痢などの症状は蓄えすぎた水分を排出する為に行われます。

私達も24時間ぶっ続けでマラソンをしたら疲れますよね。それと同じで胃腸をはじめとする消化器系がバテてしまい、吐き気などの症状が出てしまいます。これは胃腸を休ませてほしいというサインです。すると正常な栄養代謝機能が働かなくなり、徐々に疲労が蓄積していく為に身体がだるくなり、微熱や吐き気、頭痛などの症状が出てくるようになります。

また、身体は暑さを感じると自律神経を働かせて汗を出し体温を調節しようとします。
サウナもそうですが、特に動かないでじっとしていても身体が疲れます。

自律神経が急に働くことにより、身体を動かさなくても体内では急速な新陳代謝の働きにより知らないうちに疲労が溜まっていき微熱などの症状が出てくる訳です。

暑さ以外の環境のストレス

先に挙げた『暑さ』も環境のストレスの一つですが、それ以外にも夏の環境により疲れを生じさせます。
それが、

  1. 昼間の時間が長い
  2. 暑さと冷房による寒暖差
  3. 暑さによるイライラから来るストレス

です。

『夏至』とは一年で一番陽の長い日のことですが、これは『活動の時間が長くなる』ということです。夏は開放の季節とも言われますが夜でも花火やキャンプなど楽しいイベントが世の中に溢れる通り活動をしやすい季節です。

夏のイベント画像

活動時間が長くなれば当然身体は疲れます。

また、外気温と室内の気温差は著しく自律神経バランスに負担を掛ける為、急激な体温調節に身体は疲れてしまいます。

暑さによるイライラから来るストレスは経験があるかも知れませんが、刑務所などでも夏の暑さで囚人がイライラしだすとちょっとしたいざこざなどのトラブルが増える時期になります。

イライラすると交感神経が過剰になり、身体が緊張状態を持続するようになるので身体が疲れる原因となります。

内的要因について

上記外的要因から内的要因に繋がります。

  1. 栄養代謝機能の不調
  2. 自律神経バランスの失調
  3. 新陳代謝機能の失調

が挙げられます。それぞれの具体的な影響について見ていきましょう。

栄養代謝機能の不調

夏は暑さによる食欲減退などから胃腸の不調をはじめとする栄養代謝機能の不調が現れやすい時期です。

この栄養代謝機能の主な機関は消化器系となります。
口から肛門まで一本の管で繋がっている消化器系ですが、少し詳しくご説明します。

まず、口に入った食べ物は歯による咀嚼により擂り潰されて唾液と混ざり消化の準備を始めます。食道を通り胃に入った食べ物は、胃酸により更に細かく分解されます。

だいたい皆さんはここまではご存じなのですが、次からが大切になります。

胃の次には指12本分の長さの『十二指腸』があり、ここで

  • 膵臓から膵液
  • 胆嚢から胆汁

が分泌されて栄養素の分解抽出が始まります。

次いで空腸、回腸という小腸を通じて、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど徐々に微量栄養素へ分解されていき、小腸の裏にある門脈を通り、肝臓へ運ばれて要るものと要らないものに仕分けをされて血液に乗ることになり、全身に配されます。

この時、消化器系の働きが衰えていると、各消化液の分泌量が低下してしまいます。

ですから、食事では胃腸に負担を掛けずに効率の良い必要な栄養素を摂取する必要があります。

自律神経バランスの失調

夏は活動時間(交感神経が活発な時間)が長い為、当然相対的に休息の時間(副交感神経が優位に働く時間)が短くなります。そうすると疲労を溜め込む時間が増え、回復する時間が短くなるので身体は朝からダルくなります。

これは身体の『新陳代謝』に関係しています。

お肌のゴールデンタイムとは聞いたことがあると思いますが、これは夜の22:00~2:00までが一番身体を修繕するのに適した時間だからです。

副交感神経が優位になった時、個人差はありますが約1.5時間ほどでノンレム睡眠(深い眠り)とレム睡眠(浅い眠り)を繰り返します。

ノンレム睡眠の時に脳を休め、レム睡眠時に身体を休めると言われています。

浅眠体質と呼ばれる方は、このノンレム睡眠を上手く導入出来ない為に脳が休まらずに疲労感が抜けなくなりますが、これにはホルモンの働きが関与しています。

深い睡眠に入った時、脳下垂体から指令が出され、成長ホルモンと身体の新陳代謝の為に甲状腺から甲状腺ホルモンが分泌されます。

その時に身体の新陳代謝は進むのですが、自律神経バランスが乱れている場合、この機能が正常に働かなくなる為、疲労物質は分解されずにダルさが継続することになります。

新陳代謝機能の失調

先に挙げた自律神経バランスの失調から新陳代謝機能も失調しますが、もう一つ、身体の栄養不足によっても新陳代謝機能が低下してしまいます。

これは微量栄養素と呼ばれるビタミン、ミネラル、それと身体を修繕する為に必要なアミノ酸の不足によるものです。

どんなに優れた大工が居ても、材料がないと家が建たないのと同じように、身体を修繕する機能はあっても材料がないと修繕出来ません。

夏は活動によって栄養素を使用しがちなので、身体を修繕する栄養素が不足しがちになる為にダルさが取れにくくなります。

以上の状態が複合的に絡み合うことにより、 夏に身体が疲れることになります。

スポンサーリンク

オススメの対策は?

それでは夏のだるさに対するおすすめの対策を確認していきましょう。生活習慣、食事、睡眠の3つのアプローチで上記の症状を改善することが出来ます。

しっかり対策して体調を元に戻していきましょう。

栄養代謝機能の回復をする

栄養の分解代謝を正常にする為には胃腸機能の回復が必要で、これには『食べ物を食べないこと』が最有力となります。

「疲れているのに食べない?」と驚く方もいますが、胃腸が弱ることによって代謝機能も低下している為、『食べるだけで疲れてしまう』という状態が続いているからです。特に胃腸が気持ち悪い時には無理して食べる必要はありません。

例えば

  • 土日だけプチ断食をする。
  • 胃腸に優しいお粥にする。

などで胃腸を休ませて機能を回復をさせてあげましょう。

自律神経バランスを整える

これには『規則正しい生活』が一番です。

だからといって、今すぐに夜22:00に寝て朝7:00に起きて決まった時間に三食食べて…では逆に自律神経に負担を掛けてしまいます。

私たちの身体には『ホメオスターシス』という身体を恒常的、つまり一定に保つ機能が備わっており、これに基づいて自律神経バランスを整えています。

例えば、夜勤ばかりの人が、いつも働いている時間にいきなり寝ようと思っても眠れません。このホメオスターシスと自律神経というものは『急激な変化で疲労する』と覚えておくと良いでしょう。

急発進、急ブレーキなど『急』のつく行動は身体が疲れるということです。

ですから、なるべく規則正しい生活に『じわじわ』と戻していくことです。具体的に『セットポイント』といって規則正しい生活をして二ヶ月続けると身体は慣れて覚えるそうです。

そうしているうちに夏が終わってしまいますが、来年の為にも今からの改善が必要になります。
焦らず取り組むようにしましょう。

とりあえず『朝から眠い』という時は身体が休養を欲しているサインです。早めに休むように心掛けましょう。

また冷房など、急に涼しい部屋に入り体温の急激な変化をすることも自律神経バランスを乱す原因になりますので、こちらも『じわじわ』室温に慣らすことが必要です。具体的には薄手のカーディガンを羽織るなどして徐々に室温に慣らすようにしましょう。

新陳代謝機能を回復をする

まずはよく寝ることです。具体的には夜22:00には寝た方が良いとされています。

『寝る子は育つ』『お肌のゴールデンタイム』と言いますが、夜寝ている間に大人になってからも成長ホルモンが分泌され、甲状腺ホルモンが身体の新陳代謝を促すからです。

ここでも『規則正しい生活』が必要になります。
これを機に自身のライフスタイルを見直して不規則な生活を正していきましょう。

また、疲労を貯めないような身体作りも必要になります。
次項ではその解消に有能な『イミダペプチド』についてご説明致します。

スポンサーリンク

イミダペプチドドリンクがオススメ?

渡り鳥

なかなか聞き慣れない『イミダペプチド』ですが、『慢性疲労』『夏バテ』『疲れやすい』『朝から辛い』身体に非常に有効であることがわかり、積極的に摂取することにより『疲れない』『朝目覚めからスッキリする』『スタミナが持つ』と今評判の栄養成分です。

渡り鳥の羽の付け根の筋肉に多く含まれている『イミダペプチド』ですが、一言で言えば『疲れない身体』を作る栄養成分です。

アミノ酸が二つくっついた『ジペプチド』が身体に様々な良い作用を引き起こします。

イミダペプチドは疲労回復に効果テキメン!

これは『抗酸化作用』によるものです。
疲労が蓄積すると酸化を及ぼし、身体が錆び付いていきます。それによりギシギシを身体が軋むような感覚が現れる訳です。

イミダペプチドはこの酸化を抑えて疲労しづらい身体を作ります。

筋肉痛もしづらい若いあの頃の身体に!?

前項で酸化の話がありましたが、血液が酸化するとpHが酸性に傾き、ドロドロ血に変わる為疲労回復能力は低下します。イミダペプチドはこの血液phの酸性化を抑える為、スタミナアップに役立ちます。

自律神経バランス調節に関与!神経性の疲れにも効く!

自律神経バランスを保つ作用もイミダペプチドには期待できます。ストレスによる心身の疲労を内側から高めていきます。肉体疲労、精神疲労の両方からのアプローチに期待できます。

エイジングケアにもイミダペプチド

細胞が酸化、つまり老化していくことで疲労が蓄積し、身体は老けていきますが、細胞自体の酸化を抑えることに加え、最近話題になっている『糖化(メイラード反応)』もイミダペプチドが抑えるという働きがあります。

若々しいお肌や肉体を保つ為にイミダペプチドを摂取することは職業柄肉体を披露しなければならない方々の強い味方です。

どんな食べ物で摂ればよいの?

このイミダペプチド、渡り鳥の羽の付け根に豊富に含まれており、食品では鳥むね肉を食べることで摂取することが可能です。

しかし、鶏肉を毎日食べるのは大変ですし、イミダペプチドのみを効率良く摂取するのは難しいという問題があります。

そこで現在は効率良く摂取出来る吸収率の良いドリンクタイプで取り入れることでイミダペプチドの体感を得ることができます。鶏肉を毎日食べて微々たるイミダペプチドを取るよりも手軽に摂取することが出来ます。

効率良く取れる商品を紹介

こちらの日本予防医薬から出ているイミダペプチドドリンクは既に25万人の方に愛飲され、プロスポーツ選手も飲まれているものです。

最近ではネットやテレビでもこのイミダペプチドが多く取り上げられていますが、その理由は栄養ドリンク等の一時的な疲労回復効果を狙うものとは違い、『そもそもの疲労を溜めないような若々しい身体を保つ』ことに評価されている結果があります。

『イミダペプチドを広く周知して国民を健康にしたい』と15億円を掛けたプロジェクトで、今はイミダペプチドをまずは知ってもらう為に一本当たり98円という手軽さで利用者が増え続けています。内容は安全基準に応じた純国産品ですので安心感が高いのもポイントです。

夏のだるさが気になる前、またはお肌の老化が気になる方は一度試してみてください。翌日の目覚めが肉体的にも精神的にもあの頃のようにスッキリすることでしょう。

慢性疲労が溜まっている方は4ヵ月続けると良いと言われています。これは血液が入れ替わる新陳代謝の期間となります。

新しく身体を生まれ変わらせ、あの頃の身体を取り戻すきっかけになさってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする