インフルエンザ予防に乳酸菌サプリは効果ある?

スポンサーリンク

毎年冬になるとインフルエンザの流行がニュースで取り沙汰されます。

インフルエンザの流行シーズンは1月~2月、早ければ11月には流行し始めます。

ですが、10月頃にはすでにインフルエンザに感染してしまう人がいることはご存知でしょうか?

流行しニュースで見るようになるのが冬なので、冬の病気だと思ってしまっても無理はありません。そのため流行する少し前から予防を始める人が多く、結局予防が遅れてしまいインフルエンザに感染してしまうのです。

インフルエンザ予防に最も大切なことは、直前に予防対策を考えるのではなく「インフルエンザに感染しない体をつくる」ことです。

受験の時期に重なってしまったりと厄介なインフルエンザですが、完璧に予防できる方法があれば怖くありません。

そこで、今回はインフルエンザの流行に乗ってしまわないための身体作りに必要な知識を皆様に伝授いたします。

スポンサーリンク

インフルエンザに乳酸菌が効果がある理由とは?

近ごろ乳酸菌の効果が注目を浴び、様々なヨーグルトや乳酸菌飲料が発売されています。乳酸菌は、風邪や花粉症などを様々な病気を予防・緩和する効果があります。

この乳酸菌はインフルエンザ予防にも効果的というのを聞いたことがあると思いますが、いったいどのような理由から効果があるとされているのでしょうか?

乳酸菌の効果を説明する前に、まずは簡単に体の仕組みをご説明します。

身体に備わっている免疫システム

私たちの身体には免疫細胞というものがあり、風邪や病気のウイルス・細菌が侵入した時に攻撃してくれます。

つまり、この免疫細胞がしっかりはたらいていれば風邪や病気のウィルスが体内に侵入しても免疫がブロックしてくれるので症状を発症することはありません。

マスクをして外からのウィルスをガードするより、より確実に風邪やインフルエンザにかかりづらい方法と言えます。

しかし、食生活などの生活習慣・ストレスによる自律神経の乱れ・加齢などが原因で免疫細胞による免疫機能はどんどん衰え免疫力は低下します。

この免疫システムは腸内細菌を整える事で向上するので、乳酸菌などの善玉菌を増やす食品が有効になるのです。

よく「食生活を工夫することで、風邪やインフルエンザを予防しよう!」というキャンペーンを見かけますが、現代社会の食生活は添加物まみれです。

添加物を摂取する量を減らすには毎回手作りの料理を取る必要がありますが、一人暮らしや仕事で忙しい場合は時間の制約がありかなり難しいでしょう。

免疫機能をもっと手軽に強化するためにはするためには乳酸菌を摂取することがオススメです。

乳酸菌と免疫機能の関係性について

乳酸菌のイメージ画像

実は体内の免疫細胞の60~70%は腸内に存在しています。つまり、腸内環境が悪化することで免疫細胞が減少してしまうのです。

そこで乳酸菌を継続してに摂取することで腸内環境を良い状態にキープできます。

乳酸菌は腸内細菌の中の善玉菌の一種で、腸内では侵入してきたウイルスや細菌がこれ以上繁殖するのを防いだり、悪玉菌の働きを抑えるなどの役割をはたしています。

悪玉菌の数が善玉菌を上回ると、免疫力が低下してウィルスに対する抵抗力が落ちます。

逆に善玉菌の数が悪玉菌を上回ると免疫力が強化されて病気にかかかりづらくなります。

常に善玉菌優勢の腸内環境を維持する・免疫機能を高めて健康でいるためにも乳酸菌を継続的に毎日摂取することが重要です。

毎日習慣的に乳酸菌を摂り続けることで、いつも腸内環境が整っている状態に保つことができるのです。

話をまとめますと、乳酸菌を継続的に摂取し続けることで免疫力が強化されて体内にインフルエンザウイルスが侵入しても免疫細胞が攻撃して感染することを防いでくれます

スポンサーリンク

インフルエンザにオススメの乳酸菌サプリ

ここまでお話した通り、乳酸菌はインフルエンザに効果があります。ですが、やみくもにどんな種類の乳酸菌でも摂取すれば良いというわけではありません

数多くの乳酸菌配合のサプリやドリンクが販売されていますうが、どれほど摂取してもしっかりと生きたまま腸まで届けることができなければ意味がないのです。

乳酸菌は熱に弱く、さらに体内に大量に摂り込むことができても腸にたどり着く前に胃酸や消化液によって死滅してしまいます。

つまり市販のヨーグルトや、乳酸菌サプリ毎日飲んでいても本来の効果を期待することはできないのです。

それをクリアする商品を紹介します。

免疫力を向上させるラクトプラン

ラクトプランの商品画像

オススメなのがハウス食品グループのサプリメント「ラクトプラン」です。

ラクトプランに配合されるのは「乳酸菌HK L-137」です。熱に弱いとされる乳酸菌に加熱処理を施すことで守る力を高め、維持したまま腸に届けることに成功しました。

乳酸菌L-137はアジアの伝統的な発酵食品である「なれずし(熟れ寿司)」から発見されました。なれずしに似たようなものとしては、日本では鮒寿司が挙げられます。

このL-137は加熱をして菌が死んでも体を守る力が弱まることはなく、むしろ生きていや状態よりも守る力が強まり長時間持続します。L-137という種類の乳酸菌を加熱加工して誕生したものがのが乳酸菌HK L-137です。

これは乳酸菌は生きている方が効果があるという固定観念を覆す、ハウス食品グループの大発見なのです。

ラクトプランの効果

口から体内に入った乳酸菌HK L-137は、小腸で免疫組織に取り込まれて免疫細胞を活性化させます。これにより免疫細胞が活性化して免疫力が高まるのです。

免疫力が高まれば、風邪をひきにくくなったり、病気にかかりづらくなります。さらに風邪や病気にかかってしまっても治りやすくなるのです。

つまりインフルエンザを予防する効果もありますし、インフルエンザにかかってしまったとしてもラクトプランを服用することによって症状の回復が早くなります。

価格・購入方法

ラクトプランの価格は1か月分の一袋が税込み3086円、公式サイトでのみ入手できます。さらに今なら、毎月届く定期コースのご注文で初回は税込み1544円で購入できます。

定期コースはいつでも解約できるので、実質は通常価格の半額ではじめの1か月間はお試しできます。1日たったの約50円で乳酸菌HK L-137の効果を試せるということです。

ちなみにこのラクトプラン、購入者の90%が継続しています。このリピート率の高さも効果を証明してくれています。

ラクトプランの画像

さらに、定期コースで継続すれば2回目以降も5%オフの税込み2932円で購入できます。

休止や解約に対するペナルティなどは一切ありません。ご安心してお試しください。

価格 3086円初回1544円(送料無料)
内容量 30日分(1日3粒×30日)
おすすめ度 ★★★★★

スポンサーリンク

まとめ

インフルエンザにかかると確実に2~3日以上は寝たきりになります。

感染力が高いので学校や職場も休む必要がでてきますし、風邪と違い自然に完治しづらく症状が長引くものです。

もしインフルエンザに感染してしまったら確実に数日分の時間が無駄になります。病院の費用や薬代も含めると確実に2万円分以上は損しているでしょう。

そのリスクを一日100円で回避できるのは安いと思いませんか?

ラクトプランは腸内環境を整え免疫力を高めるサプリメントです。今回ご紹介したインフルエンザ予防の他にも「いまいち体調がすぐれない」「年々疲れやすくなった」などの不調の改善にも役立ちます。

加齢とともに低下する免疫機能、不調のあらわれやすい季節の変わり目の強い味方となってくれるラクトプラン。

健やかな生活を送るために、ぜひ毎日続けて飲むことをオススメします。