免疫l137は風邪やインフルエンザに効果ある?

スポンサーリンク

例えばヨーグルトなどの食品に含まれる乳酸菌は、免疫力アップに優れた力を発揮しますが、「乳酸菌なんて、結局はどれも同じじゃないの?」と思っている人にこそ、今回ここで紹介する乳酸菌〈免疫l-137〉の魅力をぜひ、知っていただきたいと思います。

そもそも免疫機能とは、言うまでもなく、ヒトの身体をウイルスや細菌など悪いものから守ってくれる働きのことを指します。例えば白血球などがその役割を担ってくれていることは、すでにご存じの方も多いのではないでしょうか。

しかし、ヒトの免疫力は、特に何もしなくても自然にキープできるものではありません。

大事なことなので繰り返しますが、最近では特に、ヒトの免疫機能と乳酸菌に秘められた力の関係が注目されています。

しかしながら、市販されているヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌と、今回ここで紹介する乳酸菌〈免疫l-137〉には、はっきりとした違いがあるんですね。

その違いとはいったいどのようなものか、分かりやすく解説していきましょう。

スポンサーリンク

免疫l-137とは?

免疫l-137とは?

乳酸菌が体に良い、という情報をなんとなく耳にしたことがあるという人は多いと思います。では、具体的に乳酸菌はなぜ体に良いとされるのか、前項までの説明を軽くおさらいしておくと、乳酸菌の魅力は、ヒトの免疫力を高めてくれることにあります。

細菌やウイルスを殺して体の外へ出してくれる働きが無ければ、人間は生きていけません。

さて、先ほど「乳酸菌は、免疫力アップに優れた力を発揮する」と説明しました。それでは、乳酸菌であれば種類は問わず、私たちの免疫力を高めてくれるのでしょうか? 残念ながら、この質問の答えはNOです。

確かに、乳酸菌が私たちの健康にとても役立つことは事実です。しかし同時に、乳酸菌は、熱や人間の消化液などにさらされることで、腸に届く前に死滅しやすい(乳酸菌本来の効能を失いやすい)という弱点を持っています。

そこで、近年とりわけ注目されているのが、乳酸菌L-137を加熱処理した〈HK L-137〉です。この乳酸菌は、たとえ死んでしまっても本来の機能を損なうことなく、むしろ他の乳酸菌よりも優れた働きを保ったま本来の機能を損なうことなく小腸まで届くところが、大きな魅力の一つだといえます。

熱を加えることでより活性化した〈HK L-137〉

この乳酸菌のルーツは、東南アジアを発祥の地とする発酵食品「なれずし」にあります。ご飯を発酵させて作るこの食品から、記念すべき〈HK L-137〉の第一号が発見されたのです。

ヒトの免疫力を高めてくれる重要な成分の一つ、それが〈リポテイコ酸〉と呼ばれるものです。実は、加熱処理を施した〈HK L-137〉の場合、表面がモコモコしている細胞壁から、この成分がたくさん出ていることが分かったのです。

ここまでいろいろと説明してきましたが、実は乳酸菌そのものが、ヒトの免疫として直接的に働くわけではないのです。あくまで乳酸菌とは、ヒトが本来持っている免疫機能に刺激を与え、その働きを活発化するもの。だからこそ、口から入った乳酸菌が、たとえ死んでしまってもその働きを失わないというのは、非常に重要な問題です。

免疫力を高めるメリットはたくさんあります。まず病気にかかりにくくなり、万が一何かの病気にかかったとしても、回復が早くなります。また、アレルギー症状などの体質改善のためにも、乳酸菌の持つ力が非常に注目されています。

なぜ乳酸菌がアレルギー症状の改善に役立つのか、少しだけ説明しておきますと、実はアレルギー症状の原因はそもそも、ヒトが持つ免疫機能の誤作動にあります。

つまり、本来なら人の身体にそれほど害がない物質に対してまで、過剰に攻撃を加えてしまうのです。そのことによって、例えば蕁麻疹が出たりくしゃみが止まらなくなったり、そういう厄介な症状が出てしまうんですね。

乳酸菌は、誤作動を起こしている免疫機能を正常な状態に戻す働きも備えているので、アレルギー症状の改善に役立つというわけです。

ところで、ヒトが持つ免疫の機能は、決して完璧なものではありません。まず免疫機能というものは、加齢とともにだんだんと弱くなっていくことが知られていますし、例えば睡眠不足やストレスなどが原因で、身体に本来備わっている免疫力が是以上に働かなくなってしまうこともあります。

しかしだからといって、「もう歳だから……」とか「最近は仕事が特に忙しくて、無理ばっかりしているから……」などと諦めてしまう必要は、まったくありません。

こんな時こそ、乳酸菌〈HK L-137〉の働きが重宝されます。生活習慣の乱れなどが原因で衰えた免疫力を取り戻してくれるのも、この乳酸菌が持つ重要な作用なのです。

その他、免疫は細胞の新陳代謝にも働きかけるため、この機能が高まることで肌の保湿力がキープできます。これが俗に言う、免疫による〈美肌効果〉です。

風邪やインフルエンザに効果がある理由とは?

風邪やインフルエンザに効果がある乳酸菌
ここまで、乳酸菌には免疫力を高める作用があるのだと説明をしてきました。特に今回ここで紹介している〈HK L-137〉は、風邪やインフルエンザウイルスの撃退にも優れた効果を発揮してくれるのですが、その秘密はいったいどこにあるのでしょうか?

マウスを用いた実験において、乳酸菌〈HK L-137〉を与えた個体とそうでない個体の間で、明確な違いが確認されました。その違いとはIFN-β(インターフェロン・ベータ)と呼ばれる、免疫機能に関わるタンパク質の存在にあります。

実は、乳酸菌〈HK L-137〉を投与されたマウスの方が、もう一方のマウスに比べて圧倒的に、血中にあるIFN-βの数値が高くなっていたのです。すなわちこのタンパク質こそが、免疫機能を高めるために必要なものということになります。

ちなみに、免疫機能に関わるタンパク質を指して、専門的には〈サイトカイン〉という呼称を用いたりするのですが、ここであまり難しい話はしないでおきましょう。

体内でIFN-βがつくられることにより、インフルエンザウイルスの増殖が抑えられたり、その結果として、病気の回復が早くなったりすることも確認されています。もちろんこの効果は、長年にわたる臨床試験の結果、マウスだけでなく人間にも当てはまることがちゃんと分かっていますよ。

スポンサーリンク

免疫l-137が配合された商品は?

免疫l-137が配合された商品は?

ここまで解説してきたように、〈免疫l-137〉はただの乳酸菌ではなく、特殊な製法によって生み出されたもので、一般に市販されているヨーグルトやサプリメントには配合されていません。

免疫l-137が配合されている商品はハウス食品が長年の研究をへて生み出した乳酸菌サプリメント〈ラクトプラン〉しかありません。公式サイトでのみ購入できます。

最近、なんとなく体の調子が悪いとか、あるいは健康には十分気を配っているつもりだけれど、風邪を頻繁に引いてしまうのでなんとか予防したいという人にはオススメです。

価格 3086円初回1544円(送料無料)
内容量 30日分(1日3粒×30日)
おすすめ度 ★★★★★

スポンサーリンク

免疫l137は薬局で購入できる?価格は?

ラクトプランを購入する方法
さて、ここまで紹介してきた全く新しい乳酸菌〈免疫l137〉を配合した〈ラクトプラン〉について、ちょっと気になった方は多いのでは?

例えば「仕事の帰りにちょっと薬局かコンビニに寄って、試しに買ってみようかな?」と思ったかた。残念ですが、この商品は、薬局やコンビニなど、一般の店舗では販売されていません。

ラクトプランは公式サイトでのみ購入することができます。

最初のうちは本当に「軽いお試し感覚」でいいと思います。ただ、愛用者の実に9割が定期お届けコースを継続しているという実績が、免疫l-137の底知れぬパワーを物語っていますね!

商品のお届けに際して、送料はいつでも無料! さらに今なら毎月定期お届けコースでご注文されたお客様に限り、初回の商品代金が何と半額! 通常価格3086円(税込み)のところ、1544円でのお届けになります。なんと、一日あたり約50円でその効果をお試しいただけますよ!

定期コースは1か月で解約可能ですので、最初の1か月は一日50円でトライできるのは嬉しいですね!

風邪を引いてしまうと丸二日は最低でも寝込んでいなければなりません。つまり丸二日仕事を休まなければいけないわけです。もし行けたとしても仕事のパフォーマンスが明らかに低下してしまうでしょう。

一日8時間働いたとして、病院の薬代も含めると時給換算すると風邪を一回引くごとに2万円は損する計算になります。そのリスクを一日たったの50~100円で回避できるのは自分に対する良い投資だと思いませんか?

ラクトプランは風邪やインフルエンザを予防するだけではなく、今現在風邪やインフルエンザにかかっている場合でも、治りを早くする効果があります。免疫力を強化するというのはそれだけの効果があるのです。

風邪を頻繁に引いてしまう方、インフルエンザにシーズン中かからないか不安な方には特にオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする