乾燥肌対策にオススメの入浴剤は?

スポンサーリンク

乾燥肌に悩む人に大切なことは保湿ケアを忘れずに続けることです。スキンケアを保湿効果の高いものにしたり、クリームを塗りこむことで簡単に改善を目指すことができますね。

さらに、毎日お風呂で湯船につかる人は入浴剤でも乾燥肌のケアを始めてみませんか?

今回は、乾燥肌対策にオススメの入浴剤をご紹介します。

お店に行くとたくさんの種類があり、どれを選べば良いのかわからなくなってしまいますよね。この記事ではオススメの入浴剤ランキングと併せて選び方も解説します。

しっかり身体を温めながら、全身の乾燥肌対策も一緒に済ませてしまいましょう。
アヒルのいるお風呂の画像

スポンサーリンク

乾燥肌にオススメの入浴剤の選び方は?

考えている女性の画像
乾燥肌の人は、油分や水分が不足してしまっていることから皮膚のバリア機能が低下してしまっています。間違った入浴剤選びをしてしまうと乾燥が悪化してしまうどころか、肌荒れや蕁麻疹などさらなる皮膚トラブルを引き起こしてしまうことになりかねません。

スキンケアを選ぶ時にも大切なことですが、できるだけ肌に刺激の少ないものをしっかりと成分を見て選ぶことが大切です。

入浴後は体温が上昇するため肌の水分が蒸発してしまい、特に乾燥しやすく刺激に弱くなっています。保湿成分配合で保湿効果の高いものであることはもちろん、着色料や香料無添加であることや天然成分を使用しているなど肌に優しいものを優先的に選んでください。

まず、入浴剤といえば唐辛子成分配合のダイエット効果のあるタイプと美肌成分配合のスキンケアタイプがありますよね。乾燥肌の場合はスキンケアタイプの中でも「保湿」「高保湿」などの表記のあるものが最適です。

ヒアルロン酸やセラミド・スクワランオイルといった保湿効果の高い成分が配合されているものは、肌への密着率が高く湯上りでもしっとりが長続きするようになっています。

また、水道水に含まれる塩素も肌への刺激になるのでミネラル配合のものを選ぶようにしてください。

保湿入浴剤の効果を妨げてしまわないためにも、最後にシャワーで流さないようにしましょう。高保湿の入浴剤を使っても、入浴後のスキンケアは欠かさず行いましょうね。

スポンサーリンク

入浴剤ランキングは?

乾燥肌の対策にオススメの保湿入浴剤の選び方を覚えたら、次は実際にどんな種類があるのか見てみましょう。

たくさんの種類があるので、いくつか購入してその日の気分で使い分けるのも楽しいですね。

何度も言いますが、乾燥肌の人は刺激にとても弱いので必ず低刺激のものを、使用前にパッチテストを行うことを忘れないでください。
入浴剤を入れている画像

1位:みんなの肌潤風呂

北の達人コーポレーションの「みんなの肌潤風呂」は天然温泉成分配合で、化学成分不使用・自然素材で微発砲する「アトピー肌」用の入浴剤です。

水道水に含まれる塩素を除去し、さらに微発砲がお湯あたりを柔らかくしてくれるので乾燥肌や敏感肌でも安心して入浴できます。そして、砂糖のチカラである浸透力や吸水・保湿力によって水分をしっかりキープしてくれるのです。

発売前のモニターテストでも86%の人が満足していて、公式サイトからの購入では返金保証付きです。

専門知識豊富な健康管理士や専門アドバイザーが多数常駐しているので、不明点などの相談に乗ってもらえますよ。

2位:薬用入浴剤DRアロマバス スキンケア

ハイパープランツの薬用入浴剤「DRアロマバス スキンケア」は、医師との共同開発によって誕生した医薬部外品の入浴剤です。

有効成分の「硫酸ナトリウム」が温浴効果を高め、血行促進・入浴後の湯冷めを防いでくれます。また「炭酸水素ナトリウム(重曹)」がさらに温浴効果を高め、適度な清浄作用で肌を清潔な状態にし柔軟性を与えます。

合成香料やタール色素は一切不使用、オーガニック認定を受けた高品質な天然エッセンシャルオイル・ホホバオイル配合です。

保湿効果だけでなく、効能は湿疹やあせも・ニキビ・しもやけ・あかぎれなどの皮膚トラブルから冷え性・肩こり・腰痛やリウマチなど関節系のトラブルにも幅広く対応しています。アロマ効果でリラックスもできますので、疲れの溜まった1日の終わりに最適の入浴剤ですね。

3位:生薬のめぐり湯

松田医薬品の「生薬のめぐり湯」は自然の生薬と温泉成分から作られた無添加の入浴剤です。

乾燥肌はもちろん、冷え性やむくみなど30代以上の女性や高齢者にも多い悩みに嬉しい効果が期待できます。

「紅花(コウカ・ベニバナ)」「生姜(ショウキョウ・ショウガ)」「唐辛子」「艾葉(ガイヨウ・ヨモギ)」「八角(ハッカク・スターアニス)」という5種類の自然生薬で女性特有のめぐりの悩みを解消・女性特有のゆらぎを緩和・血行促進作用や鎮痛効果・イライラを解消したり憂鬱感の解消など心を落ち着かせる効果など様々な身体の不調を和らげてくれるのです。

洗浄効果の高い温泉成分も配合で角質を柔らかくし、毛穴に詰まった皮脂や汚れ・古い角質まで取り除いてくれますよ。

4位:キュレル

乾燥性敏感肌のことを考えて作られた花王のスキンケアブランド「キュレル」の入浴剤です。

潤浸保湿セラミド機能成分が角層の奥深くまで浸透し、入浴後の乾燥も防ぎます。

入浴効果を高め、荒れ性や湿疹肌にも安心して使用できます。もちろん、赤ちゃんのデリケートな肌にも使用できます。

5位:コラージュDメディパワー保湿入浴剤

コラージュDメディパワーはアトピー体質で乾燥肌の人でも使える薬用保湿入浴剤です。

皮脂の少なくなった高齢者の乾燥肌にも効果的な独自開発のメディパワー処方で、細胞間脂質(セラミド)・天然保湿因子・皮脂などの肌因子をバランス良く配合していますよ。

ここでご紹介した入浴剤は低刺激で保湿力の高いものばかりですが、どの製品も誰にでもぴったり合うというわけではありません。敏感肌用・アトピー用と表記があっても、配合されている成分によっては症状が悪化してしまうこともあるのです。

刺激に弱い肌を持つ人は、必ず全身に使用し始める前に二の腕のうつ側などでパッチテストを行うようにしてくださいね。

また、保湿効果がどれだけ高くても入浴後のスキンケアは忘れずに続けるようにしましょうね。

様々な乾燥肌対策を組み合わせて行うことでさらに効果がアップして、しっとりツルスベ肌を手に入れる近道になるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする