乾燥肌対策に効果ある食べ物は?

スポンサーリンク

乾燥肌対策というと、保湿効果の高いボディクリームを塗るなどスキンケア・外側からのアプローチばかりに目が行きがちですよね。

ですが、肌が乾燥する原因は空気の乾燥や紫外線の刺激など外部からの影響だけではありません。

人の身体には、健康的に生きていくために必要な栄養素があります。同じく、肌を市場に保つためにも必要な栄養素があるのです。

この記事では乾燥肌対策に効果のある、オススメの食べ物を解説します。

身体のための栄養素だけでなく、肌の健康のこともしっかり考えた栄養バランスの食事を心がけてくださいね。
食堂のおばさんの画像

スポンサーリンク

どのような栄養素が効果的?

肌のために良い栄養素は様々あります。

特に乾燥肌の対策として摂取したい栄養素は

「ビタミンA」(皮膚・粘膜のうるおいを維持したり、新陳代謝を助けるはたらき)
「ビタミンB群」(乾燥から起こる肌の炎症を抑えたり、これもまた新陳代謝を活発にする)
「ビタミンC」(肌の乾燥防止に欠かせないコラーゲンの生成を促したり、皮膚の老化や炎症を進める血中の活性酸素を除去する抗酸化作用)
「ビタミンE」(血行促進・肌の新陳代謝の促進・抗酸化作用・たるみやシワなど肌の老化を引き起こす過酸化脂質を分解)
「セラミド」(皮膚の角質層に存在している成分で、皮膚を外部刺激から守り角質層の水分保持)
「亜鉛」(細胞分裂に必要な酵素のはたらきを助ける)
「αリノレン酸」(細胞膜を生成する原料で、セラミドをつくる原料にもなる)

です。
食事の風景
日々の栄養バランスをしっかり整えながら、これらの栄養素は特に不足しないように注意することが乾燥肌を改善するカギです。

不足してしまうと乾燥が進み肌のバリア機能も衰えることで、乾燥肌が悪化するだけでなくニキビや湿疹など新たな肌トラブルを招くことになってしまいます。

必要な栄養素を満遍なく摂取することで今ある悩みを解決しながら、さらに美肌を手に入れることができるのです。

スポンサーリンク

乾燥肌対策にオススメの食べ物は?

肌に良く乾燥肌の対策にオススメの栄養素はわかりましたが、どのような食材にどの栄養素が含まれているかはご存知ですか?

当たり前ですが、ただ漠然と野菜やお肉を食べていれば栄養バランス良く食事できるなんてことはありませんよね。

ここでは、先ほどお伝えした栄養素が含まれている食材をご紹介します。
野菜の画像

ビタミンA

レバー・バター・マーガリン・うなぎ・チーズ・卵・ほうれん草などの緑黄色野菜

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、脂に溶けるビタミンです。

不足すると目が見えにくくなったり、感染症にかかりやすくなるなど起こるトラブルは様々です。ですが、ビタミンAは摂取しすぎると体内に蓄積されます。

食材からだけででなく、サプリメントを摂取するなどで摂りすぎると危険ですので注意してください。

ビタミンB群

ビタミンB群の中で皮膚に良いのは「ビタミンB2」「ビタミンB3(ナイアシン)」「ビオチン(ビタミンB7・ビタミンH)」です。

食材では、豚レバー・うなぎ・納豆・カツオ・ピーナッツ

ビオチンに関しては、カレイ・ししゃも・うなぎなどの魚介類・きのこ類・大豆食品で、卵白を摂りすぎるとビオチンの吸収が阻害されてしまうので注意が必要です。

ビタミンC

主にレモンやいちご・キウイなどの果物・赤ピーマン・ブロッコリー・菜の花

ビタミンCは摂りすぎてもすべては吸収されず、尿と一緒に排出されます。

サプリメントの大量摂取などに気を付けていれば、特に心配することはありません。

ビタミンE

ナッツ類、特にアーモンド・養殖の鮎・ニジマス・うなぎ・西洋カボチャ・赤ピーマン・大根の葉

他にもひまわり油やべにばな油・マーガリンにもビタミンEが豊富で、卵でも「ビタミンE豊富」な商品が発売されています。

食材から摂取する量では過剰摂取の心配はありませんが、サプリメントで摂っている場合は摂りすぎないように注意が必要です。

セラミド

米ぬか・小豆・黒豆・ゴボウ・ひじき・わかめ・コーヒー・紅茶・こんにゃく芋・牛乳

また、玉ねぎやジャガイモ・里芋・白菜・緑黄色野菜を一緒に摂るとはたらきを助けます。

反対にグレープシードオイルやべにばな油・コーン油・マーガリンに含まれるリノール酸の過剰摂取はセラミドを減らすといわれています。

組み合わせに注意して、効果的に食べてください。

亜鉛

牡蠣(かき)・うなぎ・牛もも肉・チーズ・鶏や豚のレバー・卵黄・大豆製品・ゴマ・アーモンド

亜鉛の必要量は15mgですが、牡蠣なら2粒程度で補うことができます。

亜鉛の過剰摂取では健康障害も起こりますが、過剰になる量は牡蠣にすると18粒なので普通の食生活であれば問題ありません。

ただし、どの栄養素にもいえることですが、サプリメントで摂取している場合は食品から摂りすぎないように注意が必要です。

αリノレン酸

小麦・ライ麦・トウモロコシ・そば・玄米・くるみ・えごま油・菜種油・オリーブオイル

αリノレン酸は非常に酸化しやすいため、開封後はできるだけ速やかに食べるようにしてください。

また、油脂類は摂りすぎに要注意ですよ。

乾燥肌対策と一言でいっても、効果のある食材はこんなにもあります。

ここでご紹介したものはほんの一部です。

この機会に栄養素について研究して、さらに健康的な生活を送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする