かかとのひび割れの原因や効果ある薬は?

スポンサーリンク

特に女性にとっては大きな悩みとなってしまうのが皮膚やお肌のトラブルですよね。

歩くたびに襲う痛みや、見た目にも影響のあるガサガサなかかとのひび割れはどうしても避けたいしできるものなら予防したいものです。

この記事では、かかとのひび割れの原因をお伝えします。

予防するにも改善するにも、まずはしっかりと原因を理解しておく必要があります。ご一読のうえ、あなたのかかとを綺麗にする対策にぜひ活用なさってくださいね。

最後にかかとのひび割れの治療に効果のある薬もご紹介します。

かかとは乾燥しやすく、しかもお手入れを忘れてしまいがちな場所です。

これからは、毎日キチンとケアをして美しいかかとを保つ努力をしていきましょう。

スポンサーリンク

かかとのひび割れの原因は?

疑問な女性の画像
かかとがガサガサしたりひび割れを起こしてしまう原因のいちばん多くは皮膚の表面にある角質層がかたく分厚くなってしまう「角化症」です。角化症は「皮膚の乾燥」「外的刺激」「古い角質が溜まる」ことによって起こります。

角化症でどんどんかたくなったかかとは、少しの刺激でもパックリとひび割れを起こしやすくなっています。

そもそもかかとには皮脂腺がなく、自分で皮脂を分泌して保護することが出来ないのです。特に冬になると全身の汗や皮脂が少なくなり乾燥してしまいますが、かかとはさらに乾燥してかたくガサガサになってしまいます。

冬に活躍するこたつやエアコンは肌の乾燥を招きます。しっかりとケアしながら使用しないとかかとはもっと悲惨なことになってしまいますよ。

乾燥しやすいだけでなく、一日中私たちの身体を支えているかかとには多くの刺激が加わっています。

裸足でサンダルを履いている人は紫外線や空気に当たることでの刺激などさらに角化症のリスクが大きくなります。サイズの合っていない靴を履き続けていることもかかとがガサガサになってしまう原因です。

かかとに加わる刺激から皮膚を守るため、さらに角質は分厚くなります。乾燥している皮膚は通常の状態の皮膚よりも刺激に弱いので角化症はどんどん重症化します。

これらの原因の他にも肌のターンオーバーが乱れることで角質が溜まってしまうこともあるのです。

ターンオーバーとは皮膚の細胞の生まれ変わりのことで、正常な周期で機能して肌の健康を維持します。これにより古い角質は剥がれ落ち、新しい皮膚へと生まれ変わるので綺麗な肌でいられるのです。

しかし、何らかの理由でターンオーバーの周期が乱れるとうまく新しい細胞に入れ替わることが出来なくなり、角化症や様々な皮膚トラブルの原因となります。

また、かかとのひび割れの原因は角化症ではなく水虫などの雑菌が引き起こしている可能性もあります。

かかとの水虫は指などで起こるものとは違い、分厚い角質の奥に原因菌が存在します。そのためかゆみなどの症状がないので気付きにくいのです。症状は出ませんが、しっかりと治療しないと指など他の場所に感染させてしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

かかとのひび割れに効果ある薬は?

ヒビケアFT軟膏

池田模範堂のムヒ「ヒビケアFT軟膏」はかかとのガサガサやひび割れ専用第3類医薬品の軟膏薬です。

アラントインとパンテノールというひび修復促進成分、皮膚のターンオーバーを改善し古い角質を落とすはたらきのあるビタミンA油配合しています。

さらに血行促進してひびやあかぎれの回復を促すトコフェロール酢酸エステルと、ひびやあかぎれに伴うかゆみを抑えるジフェンヒドラミン、保湿成分のグリセリンも配合しカチカチになったかかとを保護しながら修復してくれます。

尿素などの刺激になる成分は入っていないので、痛いひび割れにしみることなく浸透します。

しっとりと皮膚に馴染むので、べたつかず靴下やストッキングに貼りつきません。

就寝前にはたっぷりすり込み、かかとを保護するサポーターなどでパックするようにしておくと回復の手助けにもなるのでオススメですよ。
かかとサポーターの画像

ヒビプロKTα

ロート製薬のメンソレータム「ヒビプロKTα」はかかとやひじ・ひざの荒れやひび・あかぎれや手指のしもやけに効果のある第3類医薬品のワセリンベースの軟膏薬です。

しっとりとした軟膏が患部を密閉するように覆い、有効成分を閉じ込めてなめらかな皮膚へと導いてくれます。

有効成分は新陳代謝を促進してくれる「ビタミンA油」、血行促進効果のある「ビタミンE誘導体」、抗炎症成分の「グリチルレチン酸」、皮膚修復成分の「アラントイン&パンテノール」、殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」の6種類です。

荒れた皮膚の新陳代謝を促進しながら修復しひび割れを治してくれます。角質が分厚く治りにくいかかとのひび割れを考えて作られました。

さらにぴったりと密着するので成分が浸透しやすく落ちにくいという特徴があります。

こちらもヒビケア同様塗りやすいクリームタイプなので、就寝時にしっかり塗り込み靴下やサポーターなどで保護しておくと効果的ですよ。

サリチル酸ワセリン

サリチル酸ワセリンは、皮膚科で処方してもらえる軟膏薬です。

サリチル酸には皮膚の角質を軟化させたり水虫菌(白癬菌)の増殖を抑える効果があります。

かかとの角化症だけでなく、水虫が原因となっている人にも大変効果のあるお薬です。

病院でもらえるお薬なので、医師に指示された塗布する回数を守って正しく使用してくださいね。
綺麗なかかとの画像
かかとのひび割れは何より保湿ケアが大切です。

治療を始めて改善されてもまたすぐに元通り、なんてことにならないようにしっかり予防しましょう。

お風呂あがりにもしっかり水分を閉じ込めるようにすぐにケアをすると良いですよ。顔につけて余った化粧水・乳液・クリーム・美容液を付けてあげると効果的に予防することができます。

悪化して治療を繰り返すことは皮膚にとってもあまりよくありませんし、精神的にもつらいですよね。

忙しい人にとってはかかとのケアに時間を取りたくないと思うでしょうし、いつも目につく場所じゃないのでついつい忘れてしまいがちです。

ですが毎日少しづつ、3分のケアでも継続すれば綺麗なかかとを維持できるのでぜひ頑張ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする