喉が痛い時の食事レシピは?

スポンサーリンク

風邪や扁桃腺炎、蓄膿症などの副鼻腔炎のような病気からくる喉の炎症。鼻水が後ろから流れることでも喉が炎症を起こし痛くなります。

特にこれからの季節、空気がどんどん乾燥してくると喉が痛くなる人も増えるでしょう。

このように喉の痛みの症状の原因は色々ありますが、どれも同じようにつらいですよね。

そこでこの記事では喉が痛い時にとりたい食事や、オススメのレシピをご紹介します。

市販薬や病院での治療に頼りたくない!そんな時には喉に優しい食事をして、これ以上症状が広がらないように優しく過ごしましょう。

薬と違って食事なら副作用の心配もなく、妊婦さんにも安心です。

この記事でレシピをしっかり覚えてぜひ活用してください!

スポンサーリンク

どのような食事をとるべき?

喉が痛い女性の画像
喉が痛いとき、どんな食事を心がけていますか?普段通りの食事をしていると、喉にしみて痛いですよね。

それに、辛い食材など刺激の強い物を食べると症状がさらに酷くなってしまいます。

では、喉痛いときはどんな食事をとればよいのでしょうか?

喉が痛いときには、その痛みや炎症を抑えてくれるような食材を積極的に食べましょう。

例えば冷たいものです。炎症していると、その部分は熱を持ちます。ですので冷たい食べ物で冷やすと炎症を抑えたり、痛みを和らげることができます。

アイスクリームやゼリー、プリンなどの冷たく柔らかいものはツルッと飲み込みやすいので喉が痛くても食べやすいですよね。風邪で下痢をしている、などの場合は冷たいものは避けた方が良いですが、基本的には喉が痛い時にオススメの食べ物です。

他にもはちみつは殺菌効果も高く、喉を潤してくれるのでオススメです。また、のど飴やチューインガムは唾液の分泌を促し喉を潤してくれます。

昔から、喉が痛いときに耐えると良いといわれているのは大根おろしの汁ですね。

大根をすりおろすと細胞が壊れて、辛味成分の「イソチオシアネート」ができます。このイソチオシアネートは炎症を抑える効果があるので喉の痛い時に食べると良いのです。

ただし、このイソチオシアネートを作る時に必要な酵素は熱に弱いので生のまま食べるようにしましょう。加熱してしまうと効果がなくなります。イソチオシアネートは、20分程で分解されてしまうのですりおろしたらすぐに食べるようにしましょう。
はちみつの画像

スポンサーリンク

オススメレシピや食べ物は?

どんな食材が良いのかはわかりましたが、食事はどうでしょうか?

喉が痛いからと言って、治まるまでなにも食べないわけにはいきませんよね。

そこで、ここでは喉が痛い時の食事のレシピをお伝えします。

喉が痛い時は、風邪をひいて身体がしんどいが多いと思うのでできるだけ簡単にできるレシピを集めました。

ブックマークしておいて、いざという時にすぐに見られるようにしておくと便利ですよ。

身体もあったかたまごがゆ

かつおのだし汁にご飯を入れてグツグツ煮込みます。だし汁とご飯の割合は2:1くらいが美味しいです。ご飯が100gならだし汁は200g用意しましょう。

煮立ったら塩少々と醤油少しで味付けし、溶き卵を流し入れてください。さっと混ぜたら火を止め、仕上げにお好みでおろし生姜を入れると身体が温まります。

生姜には抗炎症・鎮痛作用があるので喉が痛いときにオススメの食材なんです。

さらに、卵は完全栄養食とも言われるほど栄養満点な食べ物です。のど越しも良いので食べやすく喉が痛いときにもぴったりです。

ちなみにだし汁はかつお以外にも昆布やアゴだし、和風だけでなく牛だしや鶏ガラだしなど中華風・韓国風とアレンジできます。

飽きないように工夫してみてくださいね。のどの痛みに効果のあるネギを入れるとさらに効果的ですよ。

かきたま豆腐スープ

豆腐もまた喉が痛くても食べやすい食材のひとつですね。

鍋で火にかけた200gのだし汁に塩少々と醤油小さじ半分程度で味付けします。次に手でほぐした豆腐を鍋に入れ、弱火で3分煮込みましょう。

最後に溶き卵を高めの位置から流し入れ、軽くかき混ぜて完成です。

豆腐は木綿豆腐や焼き豆腐などどのタイプでも美味しいですが、喉が痛いときは柔らかい絹ごし豆腐がオススメですよ。

お好みで生姜やネギを入れるとさらに美味しく食べられます。

鶏だしにゅうめん

にゅうめんの画像
にゅうめん(そうめん)やうどんなどの麺類は、喉が痛いときや風邪をひいているときに食べやすいですよね。

ですが、その期間ずっとそうめんばかり食べていると飽きてしまいます。

そんな時にオススメなのは鶏だしのにゅうめんです。

普段のうどんつゆのかつおだしや昆布だしを鶏ガラスープの素にするだけで簡単に味を変えることができます。

茹でたささみをほぐして冷凍しておけば、一緒に煮込んでトッピングにすることができます。タンパク質が摂れるので風邪のときにぴったりです。

こちらもお好みで溶き卵を落としたり、生姜やネギを入れてみてください。

喉が痛いときに食事をするのは億劫ですよね。

ですが、そんなときこそしっかりと栄養を摂っておかないと、症状が長引いてこじらせてしまったりすることがあります。

少量でもしっかり栄養を摂れる食事を心がけて、早く治してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする