目の奥が痛い原因や対策は?

スポンサーリンク

目の奥が痛い、ということはよくありますよね。

目の奥が重い感じがする、ズキズキ痛む、ガンガンする、などその時により痛みは様々ですが、この状態になると眼精疲労だと思う人が多いのです。

ですが、ちょっと待ってください。その痛み、本当に目が疲れているだけでしょうか?いつまでも治らない痛みに少し不安になっているのではないでしょうか?

この記事では、目の奥が痛くなる原因や痛くなったときの対処法を解説します。

目は体の中でも最もデリケートな場所のひとつです。ただの疲れと放置していると取り返しのつかないことに繋がりかねません。その症状の原因を突き止め、しっかり改善してあなたの大切な目を守ってくださいね。

スポンサーリンク

目の奥が痛い原因

目の奥が痛い女性の画像
目の奥の痛みの原因はめだけではありません。どこか他の病気の症状として「目の奥の痛み」が出ている場合もあります。

ここでは目の奥が痛い原因をご紹介します。

あなたの目の奥が痛くなるときの環境や、症状・特徴と比べてみて思い当たることがあればすぐにでも病院へ行きましょう。

それでも原因が何なのかわからない場合は、まずは眼科へ行き詳しい状況を相談してください。

眼精疲労

まずは本当に眼精疲労が原因だった場合です。

目の奥の痛みの原因としていちばん多いのが眼精疲労でしょう。眼精疲労はパソコンやスマホによるもの・眼鏡やコンタクトをずっと付けている、まやは度が合っていないことによるものがあります。

目を酷使すると、ピントを合わせる「毛様体筋」とういう筋肉が疲労を起こして自立神経のバランスが乱れます。自立神経のバランスが乱れると眼精疲労を起こしてしまうだけでなく全身に不調があらわれ始めます。

ドライアイ

ドライアイは涙の量が不足したり涙の質のバランスが崩れることで、目に涙が均等に行きわたらなくなる症状です。

目が乾くことで傷ができやすくなることもあるので注意が必要です。

ドライアイは高齢化や、パソコン・スマホの普及、エアコン、コンタクトが原因で患者数が年々増加しています。

肩こり

肩が凝っている女性の後ろ姿
仕事でパソコンに向かっていたり、スマホを触っていたり、家事や勉強などにより首が疲労することで肩こりを起こすことがあります。肩こりが酷くなると目の奥が痛くなる場合もあるんです。

ずっと方が凝り続けていると頭痛がすることがありますよね。それよりも痛みが酷くなってしまった状態が、目の奥が痛いという症状です。

頭痛

頭痛からくる目の奥の痛みもあります。

例えば片頭痛ですね。片頭痛は気圧の変化やストレス、女性ホルモンの変動、寝不足、強い光や大きな音がきっかけで起こります。

また、群発性頭痛では片目が痛くなります。切りなどの鋭利なものでえぐられるような痛みで、日常生活にも支障が出るほどの痛みが特徴です。

年に数回、1ヶ月程度の激しい痛みが発作として出る厄介な病気です。

副鼻腔炎

副鼻腔炎には慢性のものと急性のものがあります。慢性になると蓄膿症と呼ばれるんです。

副鼻腔炎の症状は鼻水・鼻づまり、咳、痰、頬が痛む、頭痛、目の奥が痛いのもそうです。

症状が進行すると黄色や緑の粘り気のある鼻水が出ます。鼻水に少し臭いがあるのも蓄膿症の特徴ですよ。

三叉神経痛

痛みを脳に伝える三叉神経に異常が起こる症状です。

左右どちらかに痛みが起こり、風に当たったり口を少し動かすといった小さな刺激で激しい痛みを感じます。

患部が腫れたり熱を持つことはありませんが、20秒~2分ほどの発作が起こることが特徴です。

緑内障

緑内障は視神経のい障害が起こり視野狭窄の症状が出ます。失明の原因の最も上位にあるといわれる病気で、日本人の20人に1人が発症するといわれます。

目を球体に保つために循環している液体が、何等かの理由で排出されずに眼圧が上がってしまうことで起こるのです。ただし、眼圧は正常なの緑内障を発症することもあるので注意が必要です。

脳腫瘍

目の奥が痛いという症状の原因でいちばん怖いのがこの脳腫瘍です。

腫瘍のできる場所によっては目の奥が痛くなることがあるのです。

脳腫瘍の主な症状は頭痛・吐き気や嘔吐で、日に日に痛みが激しくなっていきます。手足のしびれや麻痺・意識障害・言語障害といった症状も起こることがあります。

スポンサーリンク

目の奥が痛いときにできる対策は?

目の奥の痛みには、ここまでご紹介してきたように様々な原因があります。

いちばん多い眼精疲労以外の目の奥の痛みは、今すぐにでも病院へ行ってください。

根本的な病気の治療を行うことで、じょじょに目の奥の痛みも取れてくるでしょう。

また、目の奥が痛いという症状は、改善対策を行い痛みがひいてもまたすぐに痛くなることがほとんどです。

何度も繰り返し痛むときは、面倒がらずに病院を受診してくださいね。

それでは、目の奥の簡単な対策をお伝えします。

この方法をしばらく試してみても良くならない場合は、しつこいようですが必ず病院へ行ってくださいね。

目を休める体操をする

遠くを見て、近くのものを見る、というのを繰り返し行う体操があります。遠くを見るときには、山や木などの緑を見るとさらに効果が上がります。

ほかにも、1日の終わりにはパソコンやスマホを触るのは控え、目を休めてあげてください。

ホットタオルを目に被せて温めたり、反対に保冷材付きのアイマスクなどでクールダウンするのも気持ちが良いですよ。特に片頭痛や群発性頭痛の場合は血管が拡張することと深いかかわりがあるので冷やしてあげると効果的です。

軽い眼精疲労には即効性のある方法ですが、症状が悪化しているとすぐには効きません。毎日継続して行い、少しでも目を疲れさせないように工夫してみてください。

目薬をさす

目薬の画像
最近は、ドラッグストアでも眼精疲労に効果のある目薬が販売されています。

根本的な解決にはなりませんが、一時的に症状を緩和するくらいの効果はあるでしょう。

また、スマホやパソコンのブルーライトによる目の疲れに特化した目薬もあります。あなたの状況や環境に合わせた目薬を選んでみてくださいね。

サプリメントを飲む

目に良いサプリメントといえばブルーベリーですよね。

この、ブルーベリーのサプリメントを飲むことで、眼精疲労や目の奥の痛みの予防になります。

他にも、マリーゴールドから多く抽出される「ルテイン」が目の奥の痛みに効果があるのですが、このルテインのサプリメントもあります。

ルテインは白内障の予防や改善にも効果があり、ブドウ膜炎といった眼病予防にも効果があります。製品の特徴を見て、お気に入りのサプリを見つけてみてください。

今回は、目の奥の痛みに重点をおいてお伝えしました。目の奥が痛いだけ、どうせ眼精疲労だろうと放っておくと怖い病気に気付けない可能性があります。

重大な病気を早期発見、早期に治療を開始するためにも少しでも心配なことがあれば原因を追究するというクセを付けてくださいね。

身体の病気のサインに気付けるのは自分自身だけですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする