唇の乾燥の原因や治し方は?オススメのリップは?

スポンサーリンク

唇が乾燥すると何かと不快な思いをすることになります。

女性ならリップや口紅のノリが悪く、汚くなるので気分も落ち込みますよね。

しかも、顔の中でもよく動かす部分である唇が乾燥すると、少し笑っただけでも切れてしまいます。こうなるとなかなか治りませんし、血が出てみっともないことにもなりかねません。

ヒリヒリ痛いですし、見た目も悪いとなれば一刻も早く治したいですよね。

そこで今回は唇の乾燥の原因や、治し方のポイントをお伝えします。

唇の乾燥を治すためにオススメのリップもご紹介しますので、これからの季節にぜひご活用ください。

乾燥して切れてしまってからでは遅いのです。

予防対策のつもりで、こまめにリップを塗る習慣をつけましょうね。

スポンサーリンク

唇が乾燥する原因は?

唇が痛い女性のイラスト
唇の乾燥の原因は1つではありません。

あなたの唇の乾燥の原因はどれなのか、しっかり見極めてみてください。

乾燥

唇が乾燥する原因でいちばん多いのが「乾燥」によるものです。

空気が乾燥してくると、いつもむき出しの唇には大きな負担がかかります。もともと唇には他の皮膚とは違って汗腺や皮脂腺がなく、とても乾燥しやすいんです。唇はいつも外から水分を補っていないとすぐに乾燥してしまう状態なんですね。

だからと言って、唇を舐めてしまうのはNGです。口呼吸や唇を舐めるという行為は唇の乾燥を招きます。

口呼吸の場合は、いつも呼吸による空気の流れを唇が受けることになりカサカサと乾いてしまいます。

唇を舐めるのは、唾液が蒸発するときに唇の水分を奪ってしまうからです。仮に、こまめのリップを塗っていてもなめとってしまいますよね。

唾液でかぶれてしまうこともあるので、唇は舐めないようにしましょう。

外部からの刺激

口元を押さえる女性の画像
唇は風や空気だけでなく、食べ物や飲み物などの刺激も受けやすいです。

そもそも皮脂腺がなく、唇を保護するものがないのでとても刺激に弱いのです。

スパイスたっぷりの料理や炭酸飲料でも刺激を受けてしまいます。

また、夏の紫外線にさらされていたことも唇には大きな負担になっています。唇は日焼けしてもあまり変化がありませんが、すごく乾燥します。

他にも歯磨き、メイク落としを無理にしてしまうこと、唇のメイクを落とし切れていないことなど、唇への刺激はたくさんあります。

擦ったり汚れっぱなしにはせず、唇は優しく扱いいつも清潔にしておきましょうね。

生活習慣

唇の乾燥する原因、最後は生活習慣です。

食生活が乱れ栄養不足になったり、寝不足で自律神経が乱れたり…

そのせいで体調が悪くなってしまうとさらに唇の状態は悪くなってしまいます。

生活習慣の乱れは唇の乾燥だけでなく様々な身体の不調を引き起こします。

健康に過ごすためにも大切な規則正しい生活習慣は、唇のためにもとても重要なのです。

スポンサーリンク

どのようなケアはおすすめ?

唇の乾燥を改善するために、大切なのはしっかりと水分補給することです。

その上で、さらにケアをプラスしましょう。

オススメなのは、はちみつを使ったパックです。

はちみつには保湿効果やピーリング効果、殺菌作用や抗菌作用があります。

乾燥した唇にも浸透しやすく乾燥対策にはとっておきの材料なのです。

やり方は簡単です。

唇にはちみつをたっぷり塗り、ラップでパックするだけです。ラップは唇の周りだけに貼れるようにカットしてくださいね。くれぐれも鼻まで被せないようにしましょう。

あとは、5~10分放置して洗い流せば完了です!入浴中に行えば温まってさらに浸透しやすくなり、湯船につかっている間にできるので便利ですよ。

また、はちみつにオリーブオイルを少し混ぜたり、ワセリンと混ぜるのもオススメです。

入浴中に行わない場合は、はちみつを塗る前に蒸しタオルで唇を温めればさらに効果的です。

驚くほどもちもちの唇に生まれ変わりますよ。
はちみつの画像

スポンサーリンク

オススメのリップクリームは?

上でご紹介したはちみつパックをして唇をいたわり、さらにこまめにリップケアを行いましょう。

ここでは唇の乾燥にオススメのリップクリームを3つご紹介します。

メイクポーチにひとつ追加して、ぷるっぷるの唇を目指してくださいね。

キュレルリップケアクリーム

潤浸保湿セラミド機能成分や植物由来のモイストキープ成分・ホホバオイル配合で唇の角層にしっかり浸透します。

乾燥だけでなく荒れやカサつきを防ぎ、潤いを閉じ込めます。消炎剤も配合なのでひび割れにもよく効き、外部刺激から保護してくれます。

敏感な唇にも安心して使用できるリップクリームです。

ニベアモイスチャーリップ

しっとり潤うのにべたつかないと人気のリップクリームです。

唇にスッとなじみ、口紅の下地としても使えます。

はちみつ・ローヤルゼリーエキス・アミノ系保湿成分配合で唇の荒れやひび割れも防いでくれるんです。乾燥が酷いとリップを塗ってもすぐに治らないこともあるのでひび割れを防いでくれるのは嬉しいですね。

さらにUVカット効果もあるので、紫外線による唇の乾燥も防ぐ効果も期待できます。

メンソレータム薬用リップクリーム

リップといえば、昔から定番のメンソレータム薬用リップスティックです。

唇の表面を保護し、乾燥で荒れた症状も緩和してくれます。

低価格でどこでも手に入るという手軽さから今でも愛用者の多いリップクリームです。

ポーチにひとつ、リビングにひとつ、ベッドの近くにひとつ、と複数持ちして使用している人も多いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで唇の乾燥についてご紹介してきました。

唇の乾燥や荒れは痛いだけでなく美容的にもよくないので悩んでいる人は多いと思います。

ですがその唇の乾燥やガサガサ、もしかすると口唇炎という病気の可能性もあるんです。

その場合も唇を保湿して保護することがとても重要です。

あまりに重症化しそうな場合は医師に相談してください。傷口がら細菌などへの感染症を引き起こす危険もありますので、あまり甘く見Zにしっかり治療してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする