病気見舞いの手紙はどのような内容がよい?書き方は?

スポンサーリンク

病気の時にもらうお見舞いの手紙は、相手への励ましになりますしとても喜ばれるものです。

私も一度、病気で入院した知人宛て・親戚宛てに見舞状を送ったのですが、その友人からは元気になった今でも感謝されます。自分が書いた手紙で喜んでもらえるなんて、こちらも幸せになりますよね。

そこで、この記事では病気見まいに送る手紙の内容はどんなものが良いのかを解説します。

手紙の書き方やマナーだけでなくメールで送る場合のマナーもあわせてごご紹介します。

大人になると、いざというときに知らないと恥ずかしいことがたくさんありますね。

特にマナーは難しく、間違うと恥ずかしいだけでなく相手を不快にさせてしまうことがあります。

病気の治療中となるとさらにデリケートな状態になっていると思われる相手に、心から喜んでもらえるような手紙を書きましょう。

スポンサーリンク

病気見舞いの手紙の書き方のマナーとは?

手紙の画像
病気見舞いの手紙を書こうと思った時、いちばんに伝えたいことは何ですか?

どんなことを書こう、どのように書き始めよう、どんな言葉を選べば気持ち良く読んでもらえるか…考えることはたくさんありますよね。

もし、その手紙を自分が受け取ったとしたらどんな気持ちになるかを想像しながら書いていくことが大切です。

では、病気見舞いの手紙の書き方のマナーを見てみましょう。

忌み言葉は使わない

忌み言葉とは、「不吉・不幸」を連想させるような意味の言葉のことで、簡単に言えば「縁起の悪い言葉」ということですね。

病気で気弱になってしまっているとき、病気にしっかり向き合って闘っていこうという時にそんな縁起の悪い言葉を目にしてしまうと気分が落ち込んでしまいます。

ですので、この忌み言葉は決して使わないように注意が必要です。

病気見舞いにおける具体的な忌み言葉を少しご紹介しますね。

・弱る、衰える、枯れる
・重なる、再び、追って、続く
・消える、落ちる、終わる
・苦しむ、折れる
・四(死を連想させる)
・九(九を連想させる) など

時候の挨拶は書かない

手紙の挨拶の始まりには時候の挨拶を書きますよね。ですが、入院見舞いの手紙に時候の挨拶は不要です。

形を気にしすぎて、形式ばった手紙は病気を心配する気持ちが伝わりにくくなることがあります。

病気を心配して、知らせを聞いて慌てて書いたというような姿勢を示すために時候の挨拶は省略します。

さらに、時候の挨拶の代わりに「前略」や「急啓」と書き加えるようにしましょう。これらも省略する場合は最後に「草々」と入れましょうね。

病気に関することを詳しく効かない

病気見舞いの手紙で、詳しい病名や病気の状態は聞かないようにしましょう。

大切な相手であるほど、その病気の詳しい情報や今どんな病状なのか心配で気になってしまいますよね。

ですが病気というのはデリケートな話題で、本人はその病気の名前をいうのも嫌になってしまうこともあるでしょう。

細かく聞くことで、嫌な病気のことを詳しく説明するご本人の気持ちになってみてくださいね。

励まし方に気をつける

手紙を書いている画像
相手を応援したい、支えたいと思うとつい使ってしまうのが「頑張って」や「早く治して」などの言葉。

ですが病気になったことで毎日頑張っているのに、これ以上何を頑張れというのか?頑張っていないように見えるのか、と感じてしまう人もいます。

特に重大な病気で頑張っても病気は治らない、どうにもならない状況かもしれません。

相手の病気の状況を詳しく知らないなら特に、軽い励ましの言葉は使わないようにしましょう。

マイナス表現に気をつける

たくさんの伝えたいことの中には、少し表現を変えるだけで素敵なプラスの言葉に変身します。

例えば、大事に至りませんように、言葉えを添える場合には「1日も早く回復するように祈っています」のように書き換えます。

例文の「大事に至る」というマイナスの表現が「回復を祈る」というぷらすの表現に変身しましたね。

このように言葉一つで相手を暗い気持ちにさせることも、反対に明るい気持ちを伝えることも出来ると憶えておいてくださいね。

しかし、あまりに明るい内容の手紙も考えものです。早く元気になって戻ってきてほしい、というような気持ちを伝える場合には反対にプレッシャーを与えて重荷になってしまうことにもなります。

特に仕事関係の知人などに送る手紙では、復帰を望みすぎると職場の状況を心配させることにつながり気になってしまいます。落ち着いて治療・療養できるように自分の気持ちばかりを掻きすぎないということも大切です。

スポンサーリンク

メールのマナーは?

病気見舞いの手紙は、どちらかというと「すぐにお見舞いに駆けつけたいけど遠方のため行けない」というような理由で出すことが多いと思います。

一方、病気見舞いのメールは会社の上司や同僚に、お見舞いに行きたいけど仕事のため行けないという時に出すことが多いでしょう。

メールの場合も手紙と同様、言葉選びに注意しましょう。

忌み言葉を避けるのはもちろんマイナスな表現や明るすぎる励ましの言葉や、職場への復帰を強く望んでいるような内容は避けましょう。

相手の病状にもよりますが、頑張ってくださいなどの言葉も控えた方が良いですね。

基本的には前の章の手紙のマナーを参考にしてメールを作成しましょう。

上司へのお見舞いメールは「こんな気づかいができる部下だ」と思ってもらえることでしょう。それにより、自分が休んでいても安心して留守を任せられると思ってゆっくり休んでもらえるでしょうね。

また、ご本人の病状が良くないのであればご家族宛てに書きます。メールを送ろうと思っている場合も、ご家族宛ての手紙にしましょう。

看病されているご家族に向けて、ねぎらいの言葉を送りましょう。

まとめ

お見舞いの画像
病気で入院した場合、どんなに親しい友人であってもすぐに駆けつけると迷惑になるかもしれません。病状によって、検査が多くて病室にいないことがある・面会謝絶になっているといった事情で顔を出すタイミングも難しくなります。

また、集中治療室に入っていたり大部屋での入院の場合はいきなり押しかけると同室の患者に迷惑になることも考えないといけません。手術などの予定があるならその直後は避けたいでしょうし。

ですので、直接お見舞いに行きたいときは、一度メールや手紙でお伺いをたてましょう。

お見舞いは、病気をしている本人を気づかった言動を心がけるので、少々疲れを感じることもあるかもしれません。

ですが、親しい友人なら特に病気で気が滅入っている時に顔を見て少し話せるだけで嬉しいものです。直接お見舞いに行く場合は、あまり堅苦しくなる必要はありませんが忌み言葉やマイナスな表現は避けましょう。

しっかりとマナーをわきまえて、大切な人の病気の時を支えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする