冬バテの症状や原因は?

スポンサーリンク

この記事のタイトルを読んで、やっと涼しくなったのに次は「冬バテ」かよ!?って思いませんでしたか?

夏に夏バテを経験し、つらい症状からようやく体調も完全復活したのに!という人も多いのではないでしょうか。

せっかく元気になったのだから、またしんどい思いをしたくはありませんよね。

そこで今回は、そんなあなたに冬バテの症状と原因をお伝えします。

冬バテは自律神経失調症の原因のひとつとされています。

冬バテを悪化させさらなる病気を引き起こさないためにも、しっかり読んでこの冬の対策に役立ててくださいね!

スポンサーリンク

冬バテの症状とは?

ソファに横たわる女性の画像
冬バテは、夏バテとは反対で寒さで起こるものです。

その症状は、夏バテと大きくは変わりません。

・なんとなくだるい
・身体が重く感じる
・疲れやすい
・何に対してもやる気がない
・食欲の低下や体重の減少
・頭痛
・免疫力が低下し風邪やインフルエンザにかかりやすくなる
・すぐにイライラしてしまう

など、どれも夏バテに似たつらい症状ですね。

他にもそれによりストレスを感じることで胃腸の調子が悪くなってべ便秘になったり下痢をしたり、さらに酷くなると自律神経のバランスを崩して自律神経失調症を引き起こしてしまうこともあるのです。

寝付きが悪くなってさらに体力や集中力が低下したり、なかなか体調が戻らなくなってしまいます。

このすべての症状が必ず一気に起こるとは限りませんが、複数の症状を自覚する人が多いようです。

スポンサーリンク

原因は?

冬の女性の画像
ではこの冬バテ、何が原因なんでしょうか?

次はこの風バテの原因をひとつずつ見ていきましょう。

冬の寒さによるもの

もちろん、冬バテのいちばん大きな原因は「寒いこと」ですよね。

寒い日外に出たとき、身体がこわばったり筋肉に変に力が入って肩がこるという経験は誰もが一度はあると思います。そんな時は精神的にも肉体的にも緊張状態が続き、しっかりと身体を休めることができません。

その結果、自律神経は「活動モード」である交感神経ばかりが優位にはたらき、いつも神経がぴりついているという状態になります。

寒暖差によるもの

冬も本格的に寒くなってくると、それまでよりもグッと寒くなりますよね。その季節の変わり目の寒暖差や室内と屋外での寒暖差、さらに朝晩での寒暖差が大きい日もあります。

そのような寒暖差は身体のしんどさを招くほか、自律神経にも悪影響を及ぼします。

寒暖差だけでなく、冬は特に日照時間が短いことも精神的に滅入ってしまう原因になります。

この症状も冬バテの症状にありますので注意が必要です。

悪化すると自立神経失調症も

暖かくしてホットドリンクを飲む女性の画像
冬バテの原因は、他にも運動不足や度重なる宴会やパーティでの暴飲暴食が胃腸が弱っていることなど様々です。

年末の長期休暇に向けて仕事を頑張りすぎてしまうことや、大掃除な度で家事が増えて忙しくなるといったこともよくありますよね。

年末が近づいてくると、「今年もあと少しだから」「今年中には何とかしよう」というように、何故か無理をする人が増えます。この頑張りすぎも、冬バテを招いてしまうのです。

冬バテには、上でも少しお話しましたが自律神経が大きく関わっています。

自立神経には活動するときにはたらく「交換神経」とリラックスさせる「副交感神経」の2種類があり、その2種類の神経のバランスが乱れると心身に不調があらわれます。

特に、冬の時期は忙しさから無理をして頑張りすぎてしまい、交感神経がはたらきすぎます。その結果、夜寝るときになっても副交感神経にうまく入れ替わることができず交感神経が働きっぱなしになるのです。

冬という季節は、自律神経のバランスを乱れさせる原因にあふれています。

寒さで血管が収縮することもそうですし、平日忙しいからと休みのひに寝すぎてしまうことも生活のリズムを狂わせ自律神経のバランスが乱れます。

どんな原因でも、自律神経の乱れている状態が続けば自律神経失調症のリスクが大きくなります。

大きな病気じゃないから、冬バテだからと油断せずにしっかり元の体調に戻せるように努力をしてくださいね。

冬バテは、長ければ春になっても治らず引きずることもあります。

体調の変化を感じたらすぐにでも対策をとり、できるだけすぐに治せるようにしましょう。

毎年冬になると体調がすぐれない人や、いつも冬バテをする自覚のある人はしっかりと予防対策をすることも大切ですよ。

栄養バランスを考えた食事と規則正しい生活習慣を心がけ、心身共に健やかにお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする