体を温める飲み物一覧!

スポンサーリンク

寒い季節になると特に身体が冷えてしまいますよね。

普段口にしている食べ物や飲み物が原因で、さらに体を冷やしてしまうことがあります。ホットドリンクだから体を温めてくれるとは限りません。

ですが、逆を言えば食べ物や飲み物次第では体を温めることが出来るのです。

そこで、この記事では体を温める効果のある飲み物や簡単なレシピをご紹介します。

どんなものが体を温めてくれるのか、その選び方のコツもお伝えします。コンビニで帰る飲み物もあるので、ぜひ今日から始めてみてくださいね。

冷えは万病のもとです。しっかり冷え性を改善してポカポカな毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

体を温める飲み物の選び方のコツとは?

自販機前で悩む女性の画像
では、体を温める飲み物はどのように探せばよいと思いますか?

体を温める飲み物を選ぶときのコツは

・色
・原産地
・発酵させているかどうか

に注目してみてください。

色は、牛乳や清涼飲料水などの色の白い・薄いものではなく、ココアや紅茶などの色の濃いものを選んでください。

ですが、コーヒーは色が濃いですが体を冷やすはたらきがあるので要注意です。その理由は後ほど説明しますね。

冬、冷えた体を温めたくて、温かいお茶を飲むという人は多いと思います。ここでも要注意なのは茶葉の色です。例えば、熱く淹れた緑茶は冬に定番の飲み物ですよね?

ですが、緑茶は体を冷やす作用があります。

お茶を選ぶとき、体を温めるものが飲みたいなら茶葉の色が濃いものを選んでください。ウーロン茶や黒豆茶などの茶葉の色が濃い、淹れたときの色も黒いお茶などです。

次は、原産地についてお伝えします。

まず、先ほどの「コーヒーは体を冷やす」についてですが、コーヒーの原産国はブラジルなどの暑い国ではないですか?

そう、暑い国や地域では、気温が高く体温も上がりすぎてしまうので体を冷やしてあげないといけません。なので、暑い所で採れる物は基本的に体を冷やすはたらきがあるのです。

反対に寒い地域では体を温める必要があるので、寒い所で採れるものは体を温めるのに効果的です。

最後は、発酵させているかどうかです。

製造過程で発酵させているものは、体を温める効果があります。みそや納豆といった発酵食品が代表的ですね。

これは飲み物にもいえることで、紅茶やプーアル茶・ウーロン茶などがそれに当たります。

また、緑茶は体を冷やしますが、緑茶の茶葉を煎じたほうじ茶は体を温めてくれます。茶葉の色も煎じることで濃くなりますよね。

このように、体を温める飲み物と帆保飲み物は簡単に見分けることができます。

これを覚えておいて、次飲み物を買うときには体を温めるものをチョイスしてくださいね。

スポンサーリンク

体を温める飲み物の一覧ランキング

では、体を温める飲み物ランキングを見てみましょう。

特に女性はホルモンバランスの影響で体が冷える事もありますよね。しっかりと体を温めることに注意して冬を過ごしてください。

甘いものが飲みたいという時は、体を冷やす白い上白糖ではなく体を温める黒砂糖やはちみつを使うとさらに効果的ですよ。

ではランキングにいきます!

第5位:赤ワイン

赤ワインの画像
赤ワインは体を温める効果がります。

ワインが好きな人は、白ワインではなく赤ワインをチョイスしましょう。

アルコールが苦手な人は、少し沸騰させてアルコール分を飛ばしてホットワインとして飲むのもオススメです。

シナモンやクローブなどのスパイスを入れて楽しんでくださいね。

第4位:ごぼう茶

ごぼう茶はその健康効果が近年話題になっていますよね。

水溶性食物繊維が豊富に含まれているので便秘の解消や血糖値の上昇を抑える効果があります。

体を温める効果のあるごぼうは、血行改善効果があり血流を良くすることで冷え性を改善してくれます。

さらに嬉しいダイエット効果もあるので冷え性ではない人にもぜひ飲んで欲しいお茶です。

第3位:ほうじ茶

ほうじ茶には、自律神経の「リラックスさせる副交感神経」を刺激して冷え性を改善させる効果があります。

さらに血糖値の上昇を抑えて血液をサラサラにして体の末端の冷えを防止します。

他にも、肌荒れ予防やダイエット効果など美容にも良いので女性にはとても嬉しいですね。

飲んカフェインなのでカフェインを気にする人や、妊婦さんでも安心して飲むことができますよ。

第2位:ココア

ココアにも副交感神経を刺激してリラックスさせる効果があります。

先ほどもお伝えしましたが、リラックスすると血行が改善して血管を拡張・冷え性を改善します。

さらにココアに豊富に含まれるポリフェノールは、免疫力を向上して新陳代謝を上げるはたらきがあります。

新陳代謝が上がるとエネルギーを消費する基礎代謝量が上がるので、体温上昇にも効果があります。

ココアを飲むときは、甘く味付けしてあるものではなく「純ココア」を選びましょう。

甘く、そのまま飲めるものは手軽で嬉しいですが人工甘味料や上白糖で味付けされているので注意が必要です。せっかく体を温めるためにココアを飲むのですから、甘くない純ココアに黒砂糖やはちみつで甘みをプラスするようにしましょうね。

第1位:生姜紅茶

生姜紅茶の画像
さて、堂々の第1位は「生姜紅茶」です。

紅茶はそれだけで体を温めてくれるのですが、その紅茶に生姜をプラスすることでさらに体ポカポカドリンクになります。

生姜には発汗作用や体温上昇効果があり、体を温めることに効果的です。

さらに紅茶にも生姜にも利尿作用があり、余分な水分の排出を促してくれるのでむくみや冷えを予防できます。

紅茶を淹れたら、ぜひ生姜も一緒に摂ってください。

生姜のあの辛味が苦手な人は、はちみつや黒砂糖で甘くしたり牛乳を入れて生姜ミルクティー軟化もオススメです。

ただし、色の白い牛乳には体を冷やすはたらきがあるので注意が必要です。ドバドバ入れてはいけませんよ。

体を温める飲み物まとめ

今回は、嬉しい体を温めてくれる飲み物についてご紹介しました。

体を温める飲み物なのに、氷を入れて冷たく飲んだら効果が半減してしまいます。これは失敗する人が多いので要注意ですよ。

体を冷やす飲み物を少し飲んだからと言って、すぐに冷えてしまうわけではないのでご安心ください。ですが、チリも積もれば何とやらでいつも体を冷やす飲み物を飲み続けていると、だんだん冷えやすい体質になってしまいます。

同じように、体を温める飲み物でずっとポカポカでいられるわけではありません。

何事も継続がいちばんなので、体を温める飲み物を飲むことを毎日の習慣にしてください。

冬が本格的に始まる前に、体を温めておきましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする