RSウィルスの症状は?大人と子供で比較

スポンサーリンク

RSウイルスに感染すると、つらいんだろうということはわかっていても具体的な症状まで知っていますか?

特に、小さな子供や赤ちゃんがいるご家庭ではどんな症状が出るのかなど、RSウイルスについて知っておく必要があると思います。

そこで、この記事ではRSウイルス感染症という病気では、どんな症状が出るのかを詳しくお伝えします。

子供の月齢・年齢ごとの症状も湧けてご紹介しますね。RSウイルスは、小さな子供がや赤ちゃんが感染すると重症化する確率が高いので注意してください。

また、子供や赤ちゃんが気を付けることは何があるのか、感染すればどうすれば良いのかも併せて伝えします。

流行のピークを迎える前に、対処法をしっかり考えておきましょうね。

スポンサーリンク

RSウィルスの症状は?

感染した女の子の画像
ではさっそくですが、RSウィルスに感染した時の症状を見てみましょう。

RSウイルス感染症は、RSウイルスが肺や気管支などの呼吸器に感染することで起こる病気です。接触や飛沫が原因で感染し、2日~1週間の潜伏期間ののちに症状が出ます。

主な症状は

・鼻水が出る
・発熱
・しつこい咳
・喘鳴
・呼吸困難

です。

症状が重症化するにしたがって咳がひどくなり、喘鳴・呼吸困難といった症状が見られます。

喘鳴とは喘息患者に見られる呼吸音で、「ヒューヒュー」「ぜーぜー」のような音が呼吸とともに聞こえます。

また、最初に少しお伝えしましたが小さな子供や赤ちゃんがRSウイルスに感染すると、重症化しやすいという特徴があります。

特に初めての感染ではさらに重い症状が出る危険性が高いのです。

RSウイルスには、2歳を迎えるまでにほぼ100%の人が感染するといわれるほど感染力の強いウイルスです。しかも、生涯に1度ではなく何度も感染することもあります。

では、子供が感染するとどのような症状になるのか?ここから詳しくご紹介します。

生後1か月未満

生後1か月未満の赤ちゃんは、あまり外出したり他人と触れ合う機会もないのでそこまで感染率も高くはありません。

ですが免疫や抵抗力が弱く、感染してしまうと入院が必要になるくらい重症化する可能性が高いので注意が必要です。さらに、鼻水・鼻づまりや痰が詰まってしまうことで無呼吸発作を起こし突然死・・・という最悪の事態も想定されます。

この時期の赤ちゃんのRSウイルス感染症は、咳などの呼吸器系の典型症状があらわれないことも多いのです。

一見風邪のように思いがちですが、危険な自己判断はやめて医師に相談してくださいね。

1歳未満

赤ちゃんの足の画像
この時期の赤ちゃんがRSウイルスに感染すると、その半数近くが気管支炎や細気管支炎・肺炎を引き起こしています。

1か月未満の赤ちゃんと同じように、無呼吸発作を起こす危険があります。

細気管支炎は喘息のような喘鳴や呼吸困難などを発症する病気です。悪化すると呼吸数が増えたり、顔色が悪くなったり唇の色が黒くなってくるなどのチアノーゼ反応がみられるのでしっかりと様子を観察してください。

2~4歳

2歳になると、ほとんどの子供がRSウイルスに感染したことがあります。

再感染は初めての感染に比べて症状が軽くなることが多いですが、それでもこどもの感染では細気管支炎や肺炎を起こす可能性が高いです。

2度目だとはいっても、まだまだ免疫力が安定していないので重症になってしまうケースもあるんです。

3歳、4歳と少しずつ年齢を重ねるにつれ発症した時の症状は軽くなっていきます。

症状は大人と同じように、風邪のようなものです。

その他重症化しやすい赤ちゃんの特徴

子供で注意が必要なのは月齢の低い場合だけでなく、早産だった赤ちゃんや呼吸器系が弱い・または呼吸器系の疾患のある赤ちゃんも重症化しやすいので注意が必要です。

心臓に病気があったり、免疫不全の赤ちゃんやダウン症の赤ちゃんも同じく重症化しやすいというデータがあります。

病気しがちな子供や風邪をよく引くなど体があまり強くはないなと思う子供も注意してくださいね。

また、赤ちゃんではありませんが、大人の感染そ場合も高齢者や何かの病気の治療中など免疫力が低下している人は症状が重くなってしまうこともあるので要注意ですよ。

薬のあまり飲めない妊娠中の人も気を付けたいですね。

スポンサーリンク

子供や赤ちゃんが気を付けることは?

マスクをしている子供たちの画像
RSウイルスは感染力が強いので、幼稚園や保育園に通っていると感染することも多いです。

日ごろからしっかりと予防対策をするように教えてあげてください。

正しい手洗いやうがいを徹底して、除菌ジェルなどで手や持ち物を清潔にしておくことも大切です。

特にまだ小さい赤ちゃんは、手にしたものを口に入れて確認するので見の周りのものはきっちり除菌するようにしましょう。

自宅の掃除も徹底的にするようにしましょう。

特に床やテーブルの脚など、見落としがちな場所も拭き上げてくださいね。テーブルや雑貨などを拭ける除菌用ウェットティッシュもありますので、家中を除菌しちゃいましょう。

では最後に、RSウイルスに感染したらいつまで幼稚園や保育園を休めば良いのかお伝えして終わりにします。

お子さんが感染した時のために覚えておくと良いですよ。

いつから登園できる?

RSウイルスは、潜伏期間後発症してから約1週間ほどで回復します。

では、回復したらいつまでや済ませればよいのでしょうか?

RSウイルス感染症は、実はいつから登園するかなどという決まりはないんです。

インフルエンザのように「何日間」というのが決まっていればわかりやすいのにと思いますよね。

RSウイルス感染症の場合、基本的には咳や鼻水などの症状がなくなって全身状態も良く、元気そうにしていれば登園させても良いことになっています。

ですが、症状が治まっても3週間ほどはウイルスを出し続けるといわれています。早々に登園させてしまうと周りの子供に感染させてしまうので、登園を決める前に一度かかりつけの医師に相談したほうが良いかもしれません。

マスクをつけられれば大丈夫ですが、年齢によっては難しいですしマスクを強要するのも可哀想ですよね。

お母さんの見ていない隙にマスクを外してしまう事も多いですので、感染しない段階になってから登園させるのがいちばんだと思います。

また、RSウイルスへの感染が発覚したら、その後の感染拡大を防ぐためにも幼稚園や保育園にお知らせするようにしましょう。

お休み期間中は、元気そうに見えても感染させる危険があるのでむやみに外出しないようにしてください。

RSウイルスは感染力が非常に強いので、感染を広げないということが大切です。一度感染して回復しても、周囲に感染を広げてしまっているとまたそのウイルスに感染してしまうこともあります。

流行している間は予防対策はもちろんマスクをつけると安心ですね。

お父さんやお母さんが感染して子供にもうつしてしまったり、兄弟が感染してもらってしまったりということもあるので家庭内でも予防が重要ですよ。

潜伏期間もあるので、毎日しっかり対策してウイルスに負けず健康に過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする