風邪に葛湯が効く理由は?

スポンサーリンク

風邪に効くといわれる「葛湯」。

この記事では葛湯がなぜ風邪に効くのかをお伝えします。

そもそも葛湯とは何者なのか?

風邪のほかにも何か効果はあるのかをご紹介します。

また、葛湯のレシピや話題の葛湯ファスティングについてもお伝えします。

この記事を読んで、あなたも葛湯の魅力を知ってください!

スポンサーリンク

葛湯とはそもそも何?

葛湯の画像
葛湯とは、秋の七草のひとつであるマメ科の「クズ」の根っこから摂れる、デンプンを精製した「葛粉」でつくった飲み物です。

葛粉といえば、葛餅や葛饅頭の和菓子や葛きり・葛落雁は聞いたことがありますよね。実は、わらびもちも葛粉でできたスイーツです。

奈良の吉野葛や三重の伊勢葛、福井の若狭葛が有名で、購入する時は「本葛」と言った葛100%の表記があるものを選んでください。比較的安いものでは、葛粉と片栗粉を混ぜて売られているので注意が必要です。

スポンサーリンク

風邪に効く理由は?

葛はもともと、薬とされてきたこともあるほど、様々な健康効果があります。

どうして風邪に効くのか、その理由を説明する前に、まずは本葛のもたらす効果を見てください。

・解熱、鎮痛作用
・整腸、腸内環境を整える
・ダイエット効果
・体を温めて冷えを解消する
・抗酸化作用
・抗菌作用
・アルコールの分解
・糖尿病の予防
・更年期障害の緩和
・皮膚状態の改善
・抗炎症作用
・免疫力アップ
・肝機能の向上
・デトックス効果
・関節の柔軟性アップ
・ホルモンバランスの調節
・血管の健康維持
・消化機能の改善
・アレルギーの軽減
・心臓など循環器系をサポート

驚きました?

葛湯って、昔からあるからお年寄りの飲み物みたいって思ってました。でも、こんなにも様々な嬉しい効能があるんです。

しかも、葛はもともと漢方薬や生薬に分類されているので、副作用の心配もありません。

これだけの健康効果がありながら、安全に飲めてとても体に優しいんです。デトックス効果や抗酸化作用・ダイエット効果もあるのでアンチエイジングなどの美容にもぴったりです。

最近では、葛湯のデトックス効果を利用したファスティングにも注目が集まっています。ファスティングとは、酵素が一時期話題になりましたが断食のことです。

老廃物を排出し、内臓を休ませ体をリセットする効果があります。

葛湯を使ったファスティングのやり方は、後ほど詳しくご説明しますね。このファスティングも、結果的に風邪予防にも効果のあるものです。

では、なぜ葛湯が風邪に効果があるのか、その理由を見てみましょう。

風邪のひき始めに効果あり?

葛根湯のイラスト画像
葛湯は、古い時代から風邪のひき始めによく飲まれてきました。

上記でもお伝えしたように、葛には体の様々な機能を正常に戻してくれる効果があります。

免疫力をアップするので、風邪の予防はもちろんひいてしまった風邪にもよく効きます。

ところで、風邪薬の「かっこんとう」はご存知ですよね?

かっこんとうは漢字で「葛根湯」と書きます。

読んで字のごとく、葛の根から採れる成分で出来た薬です。

葛の根といえば、葛粉も同じでしたね。そう、葛湯には風邪薬と同じような効果があるんです。

薬の葛根湯もそうなんですが、葛湯は風邪のひき始め、「何だかだるい」「ゾクゾクする」という症状の時にもっとも効果を発揮します。

完全に風邪の症状が出てしまっても、解熱作用があるのですがひき始めのタイミングで飲むのがいちばん効くんです。

また、葛湯は消化に良く、整腸作用もあるので風邪で胃腸の弱っている時の水分補給に最適です。血流を改善して体を温めるので解熱にも効果があります。

そう、風邪のひき始めが良いといっておきながら、風邪の症状に苦しんでいる最中にも良いんです。

様々な効果のある飲み物ですから、いつ飲んでも遅いなんてことはないんですね。

葛は、マクロビオティック界では「万能食材」とされています。しかも、マクロビでは「陽」の食べ物で、体を温める効果があります。

風邪のひき始めやひいてしまってからだけではなく、日ごろの風邪予防にも効果があります。

インフルエンザ感染による発熱にも、その解熱作用で効果を発揮するみたいですよ。

スポンサーリンク

葛湯ファスティングで風に強い体づくり

痩せている画像
ここからは、先ほど少しお話しした葛湯を使ったファスティングについて解説します。

葛湯ファスティングは、酵素ドリンクやスムージーでのファスティングのときと同じで食事の代わりに「置き換えて」行います。

やり方は全部で3種類。

はじめてさんでもやりやすい初級コースから、もっともストイックな上級コースまで順にご紹介しますね。

葛湯によるファスティングは、ダイエット効果はもちろんデトックスによる美肌効果、内臓を休ませて強くする効果、腸内環境を整えて免疫力をアップすることで風邪や病気の予防にも効果的です。

では、やり方をご覧ください。

初級コース

まずは、朝食だけを葛湯に置き換える方法です。

前日の夕飯を食べてから、次に昼食を食べるまで約16時間の断食効果があります。

胃腸などの消化器管の細胞は14時間で新しく生まれ変わるといわれています。毎日細胞が生まれ変わるので内臓がどんどん強くなることが期待できます。

しかも、朝食以外は普通に食べれるので、手軽に始めやすいコースだといえます。

いきなり無理をして挫折しないためにも、初めてのファスティングはこの初級コースから始めましょうね。

中級コース

初級コースを試したことのある人や、忘年会シーズンまでには体を変えたい!という意気込みのある人は、この中級コースがオススメです。

中級コースは、初級の朝食に加えて夕食も葛湯に置き換えます。

そう、お昼しか普通に食べられません・・・ではなく!昼食は普通に食べられるんですね。

ただし、一日のうち大半を断食していることになるので、焼肉定食やミックスフライ弁当など油っこくて刺激の強いものは避けましょう。コーヒーやアルコールなどもこの時期だけは我慢しましょうね。

また、お腹が空いたら葛湯なら何度でも飲んでも大丈夫です。とろりとして腹持ちも良いので、噛むようにして飲みましょう。

上級コース

いよいよいちばんストイックな上級コースです。

勘の良い人ならもうお察しですよね。そう、朝昼夜のすべての食事を葛湯に置き換えます。

これでこそ本当のファスティング、といえるでしょうか。

この上級コースで注意してほしいのは、どんなに焦っていても3日で終わりにしましょう。

デトックス効果は最大ですが、長期間続けるにはあまりに協力すぎますし、生命の維持に必要な栄養素が足りなくなってしまいます。

また、このファスティングをするのは、年に1度のスペシャルケア、としましょう。

そして、3日間のファスティングを終えた後は好きなものをお腹いっぱい食べたい気持ちになりますが、お腹にやさしいものから順番に食べ始めるようにしてくださいね。

揚げ物や焼き肉なんてもっての外です。お腹がびっくりしてしまいますし、ファスティング後は体への吸収も良くなっている状態です。せっかく3日間頑張ったのに、これでまた太ったりお腹を壊してしまっては意味がありません。

まずはスープや雑炊・おかゆをリハビリのつもりで食べましょうね。

スポンサーリンク

葛湯のレシピ

本葛粉・・・約10g
水・・・1カップ
塩・・・一つまみ

すべての材料を鍋に入れ、ダマがなくなるまでくるくるかき混ぜるか、15分ほど放置します。本葛粉が溶けたら中火にかけてかき混ぜながら温めます。

とろみがついたところで弱火にし、引き続きかき混ぜながら透明になるまで加熱します。クツクツと似たって来たら完成です。

毎日飲む場合やファスティングで味に飽きそうなときは、塩の代わりに完成したタイミングで梅干しを入れたり、はちみつや黒砂糖で甘味を付けて「味変」してみてください。さらに体を温めるために生姜をいれるのもオススメですよ。

上白糖は体を冷やすので使わないようにしましょうね。

他にもレモン汁や果実酢などを合わせて、あなた好みの美味しい葛湯を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする