おせち料理の意味や由来は?

スポンサーリンク

正月になるとみんなで、綺麗に盛り付けられたおせちを囲んで新年を祝い、楽しい時間を過ごします。

子供のころはお年玉が嬉しくて、でもおせち料理はあまり好きな食べ物がなくてガッカリしていました。

でも、おせち料理には正月に食べるからこその大切な意味があります。

この記事では、縁起物のおせち料理を食べる理由とその料理に隠された意味を解説します。

確かに、最近のデパートのおせち料理は豪華ですが、昔ながらの手作りおせち料理ってたくさん食べたくなるようなものはあまりないですよね。

ここでそれぞれの料理の由来を知って、来年のお正月はおせち料理をありがたくいただきましょうね。

スポンサーリンク

どうしておせち料理を食べるの?

重箱のおせち料理
正月におせち料理を食べるのは、

・昔からの風習
・保存できるように
・栄養のバランス

です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

昔からの風習

おせち料理は漢字で「御節料理」と書きます。

御節は奈良時代より前から続く「節会(せちえ)」や「御節供(おせちく)」の略で、昔の日本では祝日(節日)に天皇のもとで行われた公式行事です。

節会は正月の「元日節会」を含む10種類あり、うたげの際に食べる料理のことを御節供と言いました。

じょじょに庶民の間にも広まり、時間が経つにつれもっとも重要な元日節会だけになり、御節供は正月だけのものになりました。

昔の人は、誕生日を祝う習慣がなく、年が明けるとみんないっせいに年をとりました。これが今で言う数え年の由来なのですが、そういったことから元日は特別重要な日と考えられていたのですね。

始めは御節供といえば高く盛られたご飯などで重箱に詰められた料理は備えるだけで食べませんでしたが、第二次世界大戦後にデパートが見栄えのするように重箱に入ったものを「お節料理」として発売したのが今の形のおせち料理になった由来だといわれています。(諸説あり)

保存できるように

おせち料理を思い浮かべてみてください。何かに気付きませんか?

そう、おせち料理には生ものがありません。

おせち料理とは別にお寿司やお造りを用意知り家庭はあるでしょう。ですがおせち料理の重箱の中身は、基本的に煮たり焼いたり酢で〆たりしていて、なんとなくおめでたそうなお造りや豪華なレアのステーキなんて入っていませんよね。

これは正月「歳神様(としがみさま)」をお迎えするのに、台所で騒々しくしていてはいけない、火をつかって煮炊きしてはいけないとされていたことに由来します。

そのため、前年末に作ったものを7日まで食べ続けるため日持ちするように工夫されているのです。

最近ではおせち料理は長く食べても三が日までですよね。しかも、正月くらいお母さんが楽できるように、なんて言われたりもします。

確かにそれも正解です。1年中家事や炊事に忙しいお母さんに少しでも休んでもらうためとも途中から言われるようになりました。

それに、いくら正月休めるとは言ってもおせち料理を家族の人数分、何日分も一度に調理するのはすごく大変なんです。

好きじゃないとか美味しくないとか言わずに、お母さんに感謝しておせちをいただきたいですね。

栄養バランス

おせち料理は上記の理由で、栄養バランスも適切に考えられています。

煮染めやなますの野菜、伊達巻きのたまご、ぶりやごまめ海老・棒だらといった魚介類に、栗きんとんや黒豆などの山の幸もあります。

何日も同じ物を食べるのですから、栄養が偏ってしまわないように内容が考えられています。

スポンサーリンク

おせち料理のそれぞれの意味

おせち料理の画像
では、ここからは一般的なおせち料理に入っているものの意味をご紹介します。

おせち料理は新年に食べるだけあって、とても縁起の良い意味があります。

次におせち料理を食べる時はその意味をしっかりかみしめながら味わいましょう。

紅白かまぼこ

紅白かまぼこを入れる理由は、まずはその扇形が日の出に似ていることです。めでたい初日の出なので、見事おせち料理に選ばれました。

紅白にするのにも理由があります。清浄を意味する「白」と魔除けを意味する「赤」、おめでたい出来事にはいつも赤と白が使われますよね。

初日の出に似ている正常と魔除けのかまぼこ。なんともありがたい料理です。

伊達巻

伊達巻には「子孫繁栄」「知識」「華やかさ」の3つの意味が込められています。

昔の巻物(書物)の形似ているので学問や勉強が成就するように、玉子の黄色で豊穣と子孫繁栄の願いを込め、昔長崎から伝わったおしゃれなカステラかまぼこにちなんで華やかさを表現されているのです。

ぶり

ぶりはツバス、ハマチなどと大きさによって呼び名の変わる出世魚です。

そのため、出世するようにとの願いが込められています。

うちではぶりの照り焼きを入れるのですが、家庭によっては鯛を入れることもあるようです。

黒豆

黒豆には「まめ」に働く、つまり元気に・丈夫に働くとの語呂合わせでおせちに入っています。

栄養のある豆なので、おせち料理には欠かせませんね。

栗きんとん

栗きんとんは、その黄金色から金銀輝く財宝に見立てて豊かさと勝負運の意味があります。

栗は山の幸を代表する食材で、「勝ち栗」と呼ばれ縁起が良いとされています。

昆布巻

巻物は大切、宝、だからおせちは巻物多い

田作り

小さな魚、ごまめの田作りは祝い肴のひとつです。

昔、五穀豊穣を祈り田畑に肥料として小魚を撒いたところからきています。

さらに、小さいですがお頭つきで、祝い事には欠かせない料理です。

数の子

数の子は、ニシン(二親)からたくさんの子が生まれることから子宝と子孫繁栄の意味があります。

昔からおせち料理に入っている一品です。

同じように、タイの子やいくらにも子宝の意味があります。

紅白なます

先ほど紅白かまぼこの所でお伝えしたように「紅白」はそれだけでもお祝いの色です。

生の魚や大根、人参を酢で漬けたので「なます」といわれ

海老

おせちに入っている、大きな頭つきの海老。

海老は、ひげが長く腰が曲がっていて老人のように見えるので、「海の老人」で海老と書かれるようになりました。このことから、長寿の象徴としておせちにも入れられているのです。

家族みんなが元気で長生きできますように、との願いが込められているのですよ。

煮染め

煮染めの画像
煮染め(にしめ)は、つゆの少ない煮物で料理そのものというより使われている具材に意味があります。

結びこんにゃくには縁結び、亀の甲羅の形に切り込みを入れたしいたけは長生きを意味しているんです。

長くまっすぐ伸びるごぼうは家の基礎がしっかりしていることを願っています。

まとめ

今まで何気なく食べていた食材にもこれだけの意味や願いが込められています。

おせち料理は縁起物であるとなんとなくは知っていたけど、深く考えたことはなかったという人は少なくないのではないでしょうか。

昔から現代まで、たくさんの人が食べてきたおせち。

この日本の伝統はいつまでも引き継いでいきたいものですね。

自宅で手作りしない人も、お店で買うときにしっかり意味を思い浮かべながら選んでみてください。

由来を知ることで、きっとおせち料理にもっと愛情がこもるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする