秋風邪の原因や予防対策は?効果ある食べ物は?

スポンサーリンク

風邪は冬に流行るもの・・そういうイメージが強いのですが、夏風邪という言葉があるように
秋風邪」という言葉もあるのです。

昔から季節の変わり目には風邪をひきやすいと言いますが、これには気候の急激な変化に体がついていかない場合にも起こるようです。

ここでは、秋風邪の原因とその予防、そして秋風邪に効果のある食べ物などを紹介します。

スポンサーリンク

秋風邪の原因は?

秋風邪イラスト画像

夏から冬の間に秋がありますが、この秋にひく風邪を秋風邪と呼んでいます。

夏風邪というのがありますが、これは、暑い夜に冷房が効き過ぎて寝冷えをしてしまって風邪をひくことがあります。

夏風邪の主な原因となっているのですが、秋風邪はどういったものが原因になるのでしょうか。

秋風邪の主な原因となっているのが、気候の急激な変化です。特に地球温暖化が叫ばれるようになった、この10年くらいは夏が過ぎて一瞬の秋の後に冬が来るといったイメージです。

秋が短くなった印象が強く、その秋の気温の寒暖差が体に悪影響を与えているのは間違いありません。秋に風邪をひいてしまうのはそういった気温の寒暖の差があるのです。

気温差が激しくなると、体がそれに合わせるのは大変です。そうなると、自立神経の乱れというのが顕在化してくるのです。

自立神経というのは自分でコントロールすることはできません。自分の意思とは関係なく、外部からの刺激あるいは情報といったものに反応してしまうのです。

ときに、それが過剰に反応することで、反対に体のコントロールができなくなってしまうことがあります。このように自律神経の乱れによって、体が変調を来たし、秋風邪をひいてしまうのです。

もう一つ、夏から秋にかけて急激に変わるのは気温だけではありません。

湿度も大きく影響します。日本の気候は湿度が高くなりがちですが、それは夏に限ったこで、秋から冬にかけては急激に湿度が下がって乾燥してきます。喉は粘膜の強さでウィルスの侵入を防いでくれるのですが、空気が乾燥すると、粘膜も乾いてしまいます。そのようなときにウィルスが体内に侵入しやすくなるのです。

一般的に湿度が40%以下になると、風邪への感染リスクが高くなるとされているのです。

スポンサーリンク

秋風邪の予防対策は?

うがい画像

それでは、秋風邪の予防対策はどうしたらいいのでしょうか。

秋風邪に限らないのですが、基本はうがいです。乾燥する時期は、とにかくうがいが一番ですよ。外出から帰ってきたら、手洗いとうがいは基本中の基本と考えましょう。

また、睡眠時間の確保も大事です。睡眠が足りないと体の抵抗力が目に見えて落ちてきます。そういったときに秋風邪にかかりやすいのです。

決まりきったことですが、睡眠時間の確保は何よりも大事と考えましょう。

さらに、部屋の温度管理も大事です。秋は気候の面では過ごしやすいですが、冬に向けて日に日に寒くなっていきます。

まだまだ夏の余韻さめやらないような格好をしていると、気温が急激に下がったときにすぐに風邪をひいてしまうことになります。

秋に入ると特に気温と、できたら湿度にも十分な注意が必要です。

スポンサーリンク

秋風邪の治療に効果的な食べ物は?

風邪をひくと熱っぽくなるのは、体温を上げてウィルスを死滅させようとする、体の正常な機能です。もっとも、熱が出ているときは必ず汗をかいているので、水分が必要ですし、できればスポーツドリンクなどがいいでしょう。

このように秋風邪ついては水分補給というのはとても大事です。もっとも、これは秋風邪を予防するためでも、秋風邪を早く治すためではなく、体が欲する本能に近いものです。

実際に秋風邪に効果のある食べ物を以下に示します。

味噌汁

例えば味噌汁など、体を温めるものがいいです。朝起きたら一杯の味噌汁というのは日本の伝統と言ってもいいでしょう。スポーツドリンクなどのなかった時代は、味噌汁の持つ塩分が汗をかいた寝起きの体にはとても貴重だったのです。

さらに、味噌汁には体を温める効果もありますから、寝起きの冷えた体に染み渡る暖かさは秋風邪をひいた体にも絶大な効果があります。

せっかくの味噌汁ですから、大根カボチャを入れるのもいいでしょう。昔から喉の痛みに大根は効果有りとされています。

喉の炎症を鎮め、さらに咳を止める効果があります。同じようにカボチャの持つビタミンAが喉の粘膜を再生してくれるので、これもまたオススメなのです。

味噌汁で暖まってさらに、風邪に効果のある大根とカボチャのツートップで秋風邪を撃退してください。

ネギ雑炊

ネギは昔から、咳や喉の痛みに効果があるとされてきました。ビタミンA、ビタミンCにカルシウムが含まれているネギはまさに栄養の宝庫と言えます。

ビタミンAは先述したとおり、喉の粘膜を形成してくれます。もっとも、ネギをそのまま食べるのは無理があるので、これもまた、体が温まるようにネギ雑炊などがいいでしょう。ネギをふんだんに入れるのがポイントですね。

豚の生姜焼き

秋風邪が長引いて体力を消耗している場合はやはり肉がいいでしょう。肉よりもお粥、というのは風邪をひいた初期の段階です。

肉なら牛でも鶏でもいいのですが、消化の良さや、疲労回復にいいのは豚肉です。

食べやすい豚肉料理がいいのですが、さっぱりとしたものよりもガッツリ生姜焼きで一気に体力を回復しましょう。

秋バテの症状やチェック方法は?治し方は?

秋バテの原因や予防対策は?食事での解消法は?

今年の秋風邪2017の症状の特徴は?治し方は?

今年の冬風邪2017の原因や予防対策は?

冬風邪の症状や治し方は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする