夏風邪2018の症状や早く治す方法は?

スポンサーリンク

風邪は誰もがかかる病気として知られていますが、冬の時期にかかる冬風邪と夏の時期に感染しやすい夏風邪では症状や対処法、治し方が全く異なります。

そして、夏風邪の症状にもいろいろなタイプがあり、予防対策は異なります。夏場に感染する「夏風邪」と呼ばれる風邪は、ウィルスの種類や性質が冬場に感染する風邪と異なります。

今回は2017年に流行が予想される夏風邪と対処法、予防法、効果がある薬についてまとめてみました。

スポンサーリンク

夏風邪とは?

夏風邪画像

風邪は一般的には、冬に感染するイメージがありますが、夏場にも風邪はかかります。原因となるウィルスの種類が違うだけです。

冬場に流行する風邪の原因となるウィルスは乾燥して気温が低い環境で繁殖します。一方夏風邪の原因となるウィルスは高温・多湿の環境で繁殖します。

夏風邪の主な原因となっているウィルスは、エンテロウイルス、アデノウィルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスなどが代表的です。

夏風邪の症状は様々なのですが、冬風邪と比較すると2点異なる点があります。

・下痢、嘔吐などお腹に来る症状が多い
・口内や手足に水疱ができることがある

夏風邪のよくある原因は?

また、夏場はエアコンの使い過ぎによる自律神経の乱れ、気温が高いことによる体力消耗や食欲不振からくる免疫力の低下しがちです。

夏場特有の環境がいろいろ積み重なって夏風邪は症状が長引きがちになります。

体の抵抗力をつけるためには、しっかりとした睡眠や食事が欠かせないのですが、夏場は熱帯夜が続き睡眠が浅くなりがちですし、下痢や吐き気が続いてたら食事をしっかりとることもままならないでしょう。

薬で悪化することも?

風邪薬を服用しても、対処療法となるだけで根本的な解決にならず、逆に症状が悪化することもあります。

対処療法とは、症状が出たらその症状を抑える治療をするだけで、その症状を治す根本的な療法ではないという、いわばその場しのぎの方法という意味です。

熱や嘔吐、下痢といった症状は体内に侵入したウィルスに抵抗するための体の自然の反応なので、風邪薬や下痢止めでそれらを抑えると夏風邪が長引く可能性があります。

早く夏風邪を早く治すには、対処療法で症状を和らげつつ、体内の免疫力を高めることが非常に重要です。

食中毒とも紛らわしいのですが、食中毒は潜伏期間や症状が夏風邪よりも短期間のものがほとんどです。そして数日で治まります。それに対して夏風邪は1週間程度症状が長引くケースが多いです。

まずは夏風邪の症状をまとめてみます。

スポンサーリンク

夏風邪の症状は?

夏風邪の症状の特徴としては、お腹関連の症状または、手足や口内に水疱ができる症状が特徴的です。ひとつずつ見ていきましょう。

高熱

高熱が長く続くと心配ですが、短期間の発熱は細菌をやっつける体の正常な働きですから、心配はいりません。体温が上がることによって免疫力が上がるのでウィルスに対する抵抗力が増します。

体がよほどしんどくない限りは解熱剤は服用しないようにしましょう。夏風邪の治りをかえって遅くさせてしまいます。

高熱を発症する夏風邪の主なものとしては、「ヘルパンギーナ」と「プール熱」があります。どちらとも38~40度程度の高熱が前後の高熱が数日間続きます。

ヘルパンギーナの方は口内に水疱が多数できて、食べ物や飲み物を口の中に入れられないほど痛みを感じる場合はあります。プール熱は目が真っ赤に腫れあがり、結膜炎を併発するのが特徴的です

両者とも圧倒的に感染しやすいのが、抵抗力や体力の少ない子供です。そして家で看病しているうちに大人にも二次感染することがあるので、注意が必要です。

ウイルスが原因となっているので抗生物質を服用しても効果がないですし、病院を受診してもそのばしのぎの対処療法しかありません。抗生物質は細菌感染の病気のみ有効なのです。

そのため、夏風邪の最善の治療方法としては予防が重要となってきます。

咳・痰

夏風邪の症状で、下痢・嘔吐や口内の痛みと比較して咳や痰が症状として発症することはあまりありません。

プール熱の原因となっているアデノウィルスに感染した場合は、咳が数日間ひどく出ることもありますが、ヘルパンギーナや手足口病に感染しても、咳や痰が症状として現れることはめったにありません。

咳や痰が出る原因の一つにエアコンの掃除をしておらず、フィルターの中にたまったホコリやダニに喉をやられてしまうことが挙げられます。これは夏風邪とは原因が全くことなります、エアコンの掃除はこまめに行いましょう。

しっかりとうがいをして喉に付着したウィルスを外に追い出すのも有効です。

咳や痰が1週間以上、長期間続く場合は別の病気の可能性もあります。具体的には喘息や肺炎などです。咳が長期間出るのを放置するのではなく早めに病院にいきましょう。

鼻水

原因不明の鼻水となると、花粉症を疑いたくなるのですが、夏となると花粉が飛んでいることは少なく、まずは夏風邪を心配するのが普通です。

花粉症の場合の鼻水は透明でサラサラなのですが、風邪の場合の鼻水は緑・黄色をしていてドロドロしています。これは鼻水の中にウィルスが含まれているからです。

夏風邪の鼻水の原因となるのは、ライノウイルスが原因となることが多く、特に大人が感染しやすいとされています。

「ライノ」はギリシャ語で「鼻」という意味です。ライノウイルスは、温度が低い環境を好むので体温が高い喉ではなく、体温が比較的低い鼻付近に繁殖します。

鼻水に対する特効薬はないので、対症療法が中心となります。予防対策としては鼻うがいが有効です。

塩水を作って片方の鼻の穴から塩水を吸い込みましょう。慣れると鼻の穴の中の汚れがスッキリとれます。

また、鼻水がつまって口呼吸しかできない場合は市販の鼻炎カプセルを服用するのも手です。

喉の痛み

夏風邪に多い症状として喉・口内の痛みがあります。夏風邪の一種である手足口病やヘルパンギーナに感染すると、口内や喉の粘膜に多数の水疱ができます。

そしてその水疱が破けたときに激痛が走り、ツバを飲み込むのもためらってしまうほどです。

この症状に特効薬はありません。よくうがいをして口の中のウィルスを取り除くか、口内炎用の塗り薬やパッチを使用して水疱が破れた跡が治るまで待つしかありません。夏風邪の症状の中でも、最も辛い部類に入ります。

頭痛

夏風邪に感染しても単独で頭痛の症状が起こることはありません。高熱が出た場合、同時に頭がズキスキ痛むケースがあります。

高熱になると脳の血管が拡張しますが、その際に神経が押しやられて、圧迫されるので頭に痛みを感じるわけなのです。

通常発熱と頭痛はセットで語られることが多いのですが、そういったことが原因というわけですね。高熱が治まれば頭痛も自然に治りますが、それでも続く場合は髄膜炎などの他の症状のケースが考えられます。

微熱

夏風邪は長引いてしまうとされていますが、その中で微熱が続くことがあります。高熱はウイルスをやっつけるための体の正常な活動なのですが、微熱はどのようなことが原因なのか・・

これは、体の自律神経の乱れが関係してきます。どういうことかというと、夏の屋外のうだるような暑さと冷房が効いた屋内の急激な気温差によって、体を調整する機能を果たす自律神経がやられてしまい、体のだるさ・微熱につながってくるわけです。

夏場でもクーラーのかけすぎは禁物ですし、設定温度を高めにしましょう。扇風機を使用する、部屋の換気を十分に行うことによって部屋の温度を少しでも下げる工夫を行いましょう。

夏風邪の中でも手足口病の場合は熱が出ても高熱にならないケースが多いです。手足口病の場合は、口内や手足など体全体に水疱・赤い発疹ができるので比較的判別しやすいです。

下痢・嘔吐

夏風邪の原因はウイルスによる感染で実に様々な種類があり、腸で長時間生息し続けるので、吐き気、下痢、腹痛、嘔吐といった症状が発症するケースが多いです。

通常、冬場に感染する風邪は喉の痛みや鼻水などですが、夏場に感染する中には胃腸に影響を与え、下痢や腹痛などの症状が出ることがあります。

腸内で繁殖するウイルスを体外にできるだけ早く排出しようとする働きが下痢や嘔吐の症状として現れます。

そのため下痢止めや吐き気止めを服用すると体の外へと追い出すべきウィルスが外に排出されずに体内にいたままになるので、回復が遅れてしまいます。

しんどくても、下痢や嘔吐は夏風邪の症状の回復を早めるためには、止めてはいけませんし体の自然な生理現象なのです。服用するなら整腸剤にしましょう。

下痢や嘔吐をしていると、とてもではないですが食欲はわきません。しかし体のエネルギーはどんどん消耗していきます。ウィダーゼリーなど手軽に食べられるもので栄養を補いましょう。

下痢や嘔吐をすると体内から大量の水分やミネラルが失われます。水分補給をするときは水ではなくスポーツドリンクを薄めたもの、もしくは経口補水液で水分だけではなく、塩分やミネラルも十分に補給しましょう。

水分補給が十分に行われない場合は脱水症状や熱中症になってしまうリスクも高まります。

スポンサーリンク

夏風邪を早く治す方法は?

夏風邪の症状をまとめてきましたが、基本的には夏風邪を早く治す風邪薬は存在せず、対処療法しか存在しません。症状が自然に回復するのを待つだけです。

夏風邪は下痢や嘔吐など急激にお腹に痛みが走る場合、口内に水疱ができて飲み物を飲むのもためらうほどの痛みがある場合と、冬場の風邪に比べてやっかいなものが多いです。

繰り返しになりますが夏風邪の症状が発症してからでは基本的には対処療法しか存在しないので、夏風邪にかからないような予防対策をすることが最善の早く治す方法と言えます。

しかし、冬場と違って夏はマスクをして外出することは難しいので、うがい、手洗いくらいしか予防対策はないです。

夏風邪を早く治すサプリ:ラクトプランの紹介

そこでオススメするのが、夏風邪のウィルスが体内に侵入しても平気なように強い免疫力を持つことです。

そんなことが出来るのか疑問に思う人もいるかと思いますが、答えは腸内環境を改善することです。

人間の免疫細胞のうち7割は腸内にあります。腸内の環境が良くなれば免疫力は強くなりますし、風邪やインフルエンザの原因となるウィルスが体内に侵入しても感染しづらくなります。

腸内環境を整えるには食生活を改善することももちろんなのですが、乳酸菌を毎日摂取するのが一番効果があります。

乳酸菌というとヨーグルトと思い浮かべる方も多いかもしれませんが、毎日、ヨーグルトを食生活に取り入れるのは思いのほか大変です。

乳酸菌イラスト画像

そこで手軽に乳酸菌を摂取する方法として乳酸菌サプリをオススメします。

乳酸菌を選ぶコツとしては、しっかりと体内に取り入れて腸まで届く乳酸菌を選ぶということです。乳酸菌は腸に届く前に胃を通過しますが、胃酸に弱いのでしっかり腸まで届かないと効果が半減してしまいます。

ヨーグルトや市販の乳酸菌サプリはしっかりと腸内まで届く種類のものが少ないです。

しかし、ラクトプランというサプリメントならしっかりと腸内まで乳酸菌を送り届けることができます。

ラクトプラン商品画像

ラクトプランはl-137という特殊な乳酸菌を加熱して、HK-l137という乳酸菌に変化させたものを使用しています。乳酸菌は便秘改善などに効果があるとよく聞きますが、ラクトプランは免疫強化専門のサプリです。

乳酸菌は通常だと、加熱すると死滅して効果が無くなりますが、l-137は加熱して死なせることによってより生命力が強くなる逆転の発想を持った乳酸菌なのです。

臨床試験では風邪やインフルエンザに感染する確率が下がったと証明されています。

3か月以上継続して申し込んだ人が9割以上いるのもうなづけますね!乳酸菌は毎日コツコツ摂取することで効果を発揮します。

価格は初回は一か月1544円です。一日当たり約50円で効果が無かったら一か月で解約できます。2か月目からは一か月3024円です。一日あたり約100円です。

もちろん夏風邪にかかってしまってもラクトプランを摂取することで症状の治りが早くなります。

価格 3086円初回1544円(送料無料)
内容量 30日分(1日3粒×30日)
おすすめ度 ★★★★★

夏風邪にかかると確実に二日以上は寝たきりになります。感染力が高いので学校や職場も休む必要がでてきます。

もし夏風邪を引いてしまったら丸二日分の時間が無駄になります。病院の費用や薬代も含めると確実に2万円分以上は損しているでしょう。

そのリスクを一日100円で回避できるのは安いと思いませんか?

また、夏風邪予防に乳酸菌を摂取するのが効果があると説明しましたが、夏風邪にすでにかかっている状態でも、乳酸菌を摂取すると早く回復することができます。

夏風邪に一度かかったら治るまで対処療法しかなく我慢するしかないと思った方は是非お試しください。

今一度、夏風邪と乳酸菌の効果をまとめておきましょう。

・乳酸菌を定期的に摂取することで夏風邪が予防できる。
・夏風邪にかかった場合でも乳酸菌を摂取することで夏風邪の治りが早くなる

ラクトプランは以下の公式サイトからのみ購入することができます。

夏風邪は発症してからですと、対処療法をするのが基本的な対処方法ですが、乳酸菌を摂取することで回復するまでの期間を早めることができるのです。

スポンサーリンク

夏風邪2017の症状の流行傾向は?

2017年度の夏風邪は手足口病が大流行の兆しを見せると言われています。手足口病は幼児や赤ちゃんが感染しやすく、保育園や幼稚園を休む義務はないですが感染力が強いのでたいていの場合は登園休止の措置が取られます。

また感染した子供を看病しているうちに大人や兄弟に感染するケースもあるので、十分に注意が必要です。

夏風邪の原因や予防対策は?画像は?

夏風邪の喉の痛みに効果がある市販薬は?病院処方と比較!

夏の病気2017の流行ランキング!

胃腸風邪の初期症状や期間は?子供と大人の違いは?

手足口病の登園はいつから?保育園は何日休む?

今年の風邪2017の症状や予防対策は?

鼻風邪の症状とは?

免疫l-137はインフルエンザに効果がある?

喉風邪の症状や治し方は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする