夏風邪の原因や予防対策は?画像は?

スポンサーリンク

夏にかかる風邪、いわゆる夏風邪は長引くと言われています。夏風邪は冬の時期の風邪と違って、下痢や腹痛、口内や手足に水疱が出来たり、目が真っ赤に腫れあがるなど、やっかいな症状が多いのです。

風邪は引いてしまう前に予防対策するのが大事と聞きますが、冬と違って夏の時期はマスクをつけて外出するのは暑苦しくてとてもじゃないいけど、できません。

じゃあ、夏風邪を予防する方法は手洗いうがいしかないのか!と思われるかもしれませんが、夏風邪を予防する方法は実はあります。

夏の時期に引く風邪は本当に辛いです。今回は夏風邪を予防する魔法のサプリメントを紹介するので是非最後までご覧になってみてください。

スポンサーリンク

夏風邪の原因とは?

夏風邪のうがい画像

夏風邪の原因となるウイルスの種類はたくさんあります。そして冬の時期に流行る風邪のウィルスとは全くことなります。

一般的に風邪は冬の時期にかかると思われますが、冬の風邪の原因となるウィルスは乾燥して温度が比較的低い環境を好みます。しかし、夏風邪の原因となるウィルスは、高温多湿の環境を好み繁殖します。

主なウィルスの名前を挙げると、アデノウィルス、エンテロウィルス、コクサッキーウィルスが挙げられます。夏風邪の代表的なものは、手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱が挙げられます。

中でも感染すると辛いのがヘルパンギーナで、口内に水疱が出来て破けた後は、食べ物はおろか、唾を飲み込むのもできないほどの激痛が起こります。2~3日は水やヨーグルトしか口に入れられなかったという体験談もあるほどです。

また夏風邪を治す特効薬はありません。風邪薬飲めば良くなると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、逆に治りが遅くなります。高熱が出ているのは体内に侵入したウィルスをやっつけようと体が頑張っている証拠だからです。あまりにしんどい時は解熱剤を飲んでも構いませんが、風邪を引いている時は基本的に自然と体温が下がるのを待つ方がいいのです。

基本的には夏風邪に対しては対処療法(症状の度合いを和らげる、イメージとしては-を0に近づけるだけであって、+にはならない)しか存在しないので、夏風邪にかからないことが最善の対策となります。

夏風邪予防のサプリはこちらをクリック

また、夏の時期は気温が高いので体力が消耗しやすいです。汗をいっぱいかくということはその分、ビタミンやミネラルが体内から失われやすいのです。

そして、室内やオフィスに入ると冷房が効いているので、外気温との温度差により体にさらに負担がかかり自律神経が乱れます。外気温が暑いと体内に熱がこもりますが、人間は汗をかくことによって、体内の溜まった熱を放出しています。

しかし、急激にクーラーが効いた室内に入ると汗がひいてしまうので、体内にこもった熱は体の外へ逃げることはできません。なので体に疲労が蓄積されていくのです。

夏の時期は知らず知らずのうちに、免疫力や抵抗力が落ちて風邪にかかりやすくなってしまうのです。冬場の時期は乾燥を防いで、体を温かくして寝れば、風邪は治ると思われていますが、夏の時期は、室内でもクーラーは適度に効かせる必要はあります。

そのため冬場の時期と異なる対策が夏風邪には必要なのです。夏風邪は1週間ほど長引くことが多いので、かかってからどのように治すと考えているようでは遅いのです。どのように夏風邪を予防するか?ということに重点を置くべきです。

スポンサーリンク

夏風邪の効果的な予防対策は?

一般的な予防対策としては帰宅したら手洗いやうがいをすることが大事です。基本的にはウィルスは鼻や口から侵入したり、手についたウィルスが食事をするときに口内へと入ってくるからです。 近頃では鼻うがいも流行っています。

しかし、これらの対策は体内にウィルスが侵入しないようにしているだけで、もっと効果がある予防対策は、体内にウィルスが侵入しても夏風邪に感染しないような強い免疫力を持つことです。

そんな、超人みたいなことができるのか?と思うかもしれませんが、簡単にできます。

腸内環境を改善することで体内の免疫力や抵抗力は強化されます。

腸内環境のイラスト

人間の免疫細胞のうち大半はは腸内に生息しています。腸内の環境が良くなれば免疫力は強化されて、夏風邪の原因となるウィルスが体内に侵入しても感染しづらくなります。

腸内環境を整えるには食生活を改善することももちろんなのですが、夏の時期は食欲不振になりやすく毎日決まった食材を選んで料理するのも思いのほか大変です。

乳酸菌を毎日摂取するのが一番効果があります。乳酸菌というとヨーグルトと思い浮かべる方も多いかもしれませんが、毎日、ヨーグルトを食生活に取り入れるのは意外とメンドウです。
ヨーグルトの画像

そこで手軽に乳酸菌を摂取する方法として乳酸菌サプリをオススメします。

乳酸菌を選ぶコツとしては、しっかりと体内に取り入れて腸まで届く乳酸菌を選ぶということです。乳酸菌は腸に届く前に胃を通過しますが、胃酸に弱いのでしっかり腸まで届かないと効果が半減してしまいます。

ヨーグルトや市販の乳酸菌サプリはしっかりと腸内まで届く種類のものが少ないです。しかし、ラクトプランというサプリメントならしっかりと腸内まで乳酸菌を送り届けることができます。

ラクトプランはl-137という特殊な乳酸菌を加熱して、HK-l137という乳酸菌に変化させたものを使用しています。乳酸菌は便秘改善などに効果があるとよく聞きますが、ラクトプランは免疫強化専門のサプリです。

乳酸菌は通常だと、加熱すると死滅して効果が無くなりますが、l-137は加熱して死なせることによってより生命力が強くなる逆転の発想を持った乳酸菌なのです。

臨床試験では風邪やインフルエンザに感染する確率が下がったと証明されています。3か月以上継続して申し込んだ人が9割以上いるのもうなづけますね!乳酸菌は毎日コツコツ摂取することで効果を発揮します。

価格は初回は一か月1544円です。一日当たり約50円で効果が無かったら一か月で解約できます。2か月目からは一か月3024円です。一日あたり約100円です。

もちろん夏風邪にかかってしまってもラクトプランを摂取することで症状の治りが早くなります。

夏風邪にかかると確実に二日以上は寝たきりになります。感染力が高いので強制ではありませんが学校や職場も休む必要がでてきます。もし夏風邪を引いてしまったら丸二日分の時間が無駄になります。

病院の費用や薬代も含めると確実に2万円分以上は損しているでしょう。そのリスクを一日100円で回避できるのは安いと思いませんか?

価格 3086円初回1544円(送料無料)
内容量 30日分(1日3粒×30日)
おすすめ度 ★★★★★

時は金なりということわざもある通り、一番大事なのはお金ではなく時間なのです。夏風邪で寝込んでしまった時間はもう決して戻ってきません。ラクトプランは以下の公式サイトからのみ購入できます。

スポンサーリンク

夏風邪による症状や発疹の画像写真は?

夏風邪による様々な症状や発疹の画像写真を紹介します。

夏風邪の原因となるウイルスは様々なものが知られていますが、目に見える症状として大まかに分類するとプール熱の原因となるアデノウイルス、手足口病やヘルパンギーナの原因となるエンテロウイルやコクサッキーウィルスの2パターンに分類されます。

プール熱の原因となるアデノウィルスに感染すると目が充血するのが特徴です。そして、他人にも感染しやすいので、目薬の共用や、タオルの使いまわしは避けるべきです。

プール熱の目の症状画像

上記の画像はプール熱に感染した時の目の症状ですが、真っ赤に充血して目やにが多少出ているのがわかります。

手足口病やヘルパンギーナの原因となるエンテロウイルやコクサッキーウィルスに感染すると発疹が症状として現れます。発疹も「紅斑型」と「水疱型」があります。

「紅斑型」は皮膚の色が赤みを帯びてボツボツした状態を指します。色から判断して、紅斑、紫斑、色素斑、白斑などに分類されます。

水疱は、水が溜まったように膨れる症状です。

紅斑型の発疹の症状の画像写真を掲載します。手足口病の症状で、基本的には効果がある治療薬はなく、治るまで待つしかありません。かゆみが出てきたら抗ヒスタミンかステロイドの成分を含んだ軟膏を塗ってかゆみを抑えるのが一般的です。


参考文献:http://xn--y8j2a2702e.com/teashikuchibyou/teashiotona.html

次に水疱型の発疹の症状の画像写真を掲載します。

参考文献:http://blog.livedoor.jp/kounaientiryou/archives/8102498.html#.WYGneYjyhPY

上記の写真はヘルパンギーナの症状の写真で口内に水疱型の発疹が出来ています。水疱が破れると激痛で、数日間は何も食べることができない状態が続くそうです。この症状の場合も特効薬がないので、自然と回復するのを待つことになります。

症状がどうしても辛かったら口内炎用に塗り薬やパッチを使用してもいいかもしれません。

ここまでご覧になったらおわかりになると思いますが、夏風邪は発症してから治そうとするのではなく、夏風邪に感染しないような予防対策をしたほうが圧倒的に楽なのです。

夏風邪予防のサプリはこちらをクリック

乳酸菌を摂取することで免疫力を強化して夏風邪に感染しないようにしましょう。

夏風邪2017の症状や早く治す方法は?

夏風邪の喉の痛みに効果がある市販薬は?病院処方と比較!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする