風邪を早く治す食べ物は?

スポンサーリンク

風邪を引いているときは食欲がでないので食事をすることが辛いです。しかし、栄養をとらなければ、体の免疫が風邪のウィルスに負けてしまいます。

風邪の症状の喉の痛み、鼻水のつまり咳や熱があったときに症状別に効果がある食べ物を紹介します

スポンサーリンク

風邪に効く食べ物は?

風邪は疲労が蓄積したときなど、体力が落ちたときに引きやすい病気です。ですので、風邪に効果がある食べ物というよりも栄養価の高い食べ物が効果的となります。もっとも、風邪を引いたときや体力が落ちたときは料理などが億劫になることでしょう。

そのようなときは果物など簡単に食べることができる食材が適しています。果物の中でも柑橘類はビタミンCが多く含まれているので体力の回復や風邪予防、風邪の引き始めなどにも効果覿面です。

みかん

みかん画像

みかんと言えばビタミンCの宝庫です。特に免疫力をアップしてくれるので風邪の予防に効果的です。さらに風邪を引いたあとでもしっかりと栄養補給に効果を発揮してくれます。

テーブルの上にみかんの山を常備している家庭も多いのではないでしょうか。

また、多くはありませんが食物繊維も摂取できます。特にみかんの袋やスジに含まれているので、スジを取らないでそのまま食べるといいでしょう。

レモン

レモン画像

ビタミンCと言えばレモンが代名詞となっていますが、それ以外にもビタミンE、カルシウム、カリウム、食物繊維などが含まれています。

理想を言うとレモンを丸ごと一個皮まで食べてしまうのがいいのですが、そこまでできる人はいないでしょう。

市販されているレモン水や飴などでもいいですから、風邪を引いたときはレモンの摂取を意識するようにすればいいと思います。

アンチエイジングや細胞の活性化、さらには抗がん作用のある成分が含まれているということで、日頃からレモンを食べる習慣を身につけておきたいものです。

スポンサーリンク

止まらない咳や鼻水、ノドの痛みに効果のある食べ物は?

風邪を引いて熱のあるときは、なかなか食べ物がノドを通らないと思います。それでも食べないと体力が持ちません。効果のある食べ物を探してみました。

おかゆ

おかゆ画像

病気の定番と言えばおかゆです。これは、体力が落ちているとき、さらには食欲がないときにお勧めです。味も素っ気もないものですが、おかゆに卵を落とすだけでも栄養補給に効果があります。食欲がないときは卵入りのおかゆがお勧めです。

風邪の引き始めはまだまだ体力のあるときだと思います。吐き気があるときは別ですが、できるだけおかゆなどノドを通りやすいものを食べるようにしましょう。

ハチミツ

ハチミツ画像

ハチミツは普段から体に良いとききますが、元々栄養価が高く、中でもローヤルゼリーなどは高級食材と言われています。

喉がいがらっぽくなる、咳の出はじめなどは風邪の初期症状ですが、そのときは当然のごとく体力も低下しています。

ハチミツは栄養価が高いですから、効果的な効能が疲労回復です。

体力が衰えることで、体の抵抗力がなくなり、風邪になりやすいことから栄養のあるハチミツをしっかり取ることで風邪を撃退することができます。

また、ハチミツは風邪の細菌と戦ってくれる成分が入っています。ハチミツ自体に痰を切る効果もあるので咳や喉の痛みの緩和に効果があります。

スポンサーリンク

風邪による発熱を抑える効果のある食べ物は?

咳や喉の痛みも嫌ですが、風邪を引くとやってくるのが発熱です。咳だけなら生活に支障を来たしながらもなんとかなるのですが、発熱だけはどうしようもありません。

もっとも、熱が出ているのは、体内に侵入してきた菌を撃退しようとしているのですから、そのまま放置しておくという手もありますが、長引く場合もありますからそれも善し悪しでしょう。

医者にかかればいいのですが、手っ取り早く熱を下げたいときに効果のある食材というのがあるのでしょうか。

タマゴ

タマゴ画像

タマゴは栄養価も高く、良質なタンパク源になります。

他に鉄分やミネラルなどが含まれていて消化もいいので、発熱時に最適な食材を言えます。タマゴを生で食べるのに抵抗のある人は、おかゆやうどんなどと一緒に食べてもいいでしょう。

ゴーヤ

ゴーヤ画像

ゴーヤは熱を下げる効果があります。独特な苦みがあり、好き嫌いのある食材ですが、ゴーヤチャンプルーにするなどして食べやすく調理するといいでしょう。体のだるさも取ってくれるので、発熱が思ったよりも長引いたときに試したい食材です。

牛乳

牛乳画像

風邪による発熱にはたんぱく質を摂取することで熱を下げる効果があります。

タンパク質と聞くと肉類をすぐに思い浮かべますが、熱が出ているときはなかなか肉類は喉を通りにくいものです。
肉ではなくともたんぱく質は取れます。

もっとも身近なものでは、牛乳などがそうでしょう。
他には豆腐などもあります。

牛乳や豆腐などたんぱく質を豊富に含んでいる食材を取ることで発熱を抑えることができるのです。

病院にかかるほうが最善と言えますが、風邪の引き始めで判断に困るときはまずはこれらの食材を試してみることをオススメします。

風邪の引き始めは安静にするのが一番ですが、体力の落ちているときに風邪は引きやすいですから、体力回復には、まずは食べることを考えなくてはいけません。

しかし、本当に高熱が出たときは食欲は出ないので、無理して食べずに、体調が少し回復して食べられるようになったときに消化がよく胃に負担がかからないものを選びましょう。

今年の風邪2017の症状は長引く?特徴や種類は?

風邪を早く治す飲み物や栄養ドリンクは?

市販風邪薬よく効くランキング

風邪を1日で即効で治す方法は?

免疫l137は風邪やインフルエンザに効果ある?

風邪に乳酸菌サプリは予防効果がある?

夏風邪2017の症状や早く治す方法は?

胃腸風邪の初期症状や期間は?子供と大人の違いは?

お腹の風邪と胃腸炎の違いとは?症状や薬は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 風邪|漢方薬・生薬大辞典 - 漢方薬のきぐすり.com|生活習慣病と無縁の健康診断で褒められる体を作る より:

    […] 風邪を早く治す食べ物は? | 病気と健康 | 知って得する病気と健康の … 2017年2月17日 … 喉がいがらっぽくなる、咳の出はじめなどは風邪の初期症状ですが、そのときは当然の ご […]