今年の冬風邪2017の原因や予防対策は?

スポンサーリンク

今年もまた冬がやってきます。熱、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、節々の痛み。

風邪をひきやすい方にとっては様々な症状が生活に支障をきたす時期になりますので、予防が大切な季節となります。

最近の気候の傾向としては夏、冬の期間が長く、春、秋の期間が短くなっているという二極化が進んでいます。

ご存じの通り、冬は乾燥の季節です。

風邪やインフルエンザウィルスが空気中に舞い上がりやすくなり、流行してきます。

ここでは冬風邪2017の原因と予防を知り、今年の冬は風邪にかからないように予め対策していきましょう。

スポンサーリンク

冬風邪2017の原因とは?

木枯らし

2016年末の大雪、そしてここ最近の酷暑と季節の二極化が進んでいる昨今。

秋には『木枯らし』といい冷たい乾燥した空気が地表に吹き始め、冬にそれが継続していきます。

ここに冬風邪の原因があります。

なぜならば、風邪症候群というのは特定のウィルスに罹患するのではなく、上気管、つまり鼻のどの炎症や不快症状に対する総称だからです。

鼻の粘膜の乾燥

通常、私たちの鼻のどは潤いが保たれており、『線毛(せんもう)』という細かい毛が粘膜に覆われて上気管を保護しています。

ここにウィルスが付着すると、潤い成分が体内にウィルスを進入させないようにバリア機能を発揮します。

次いで、粘膜に覆われた線毛たちがそのウィルスをコロコロと上に転がし出していき、最終的には『咳』として「エヘンッ!」と体外に放り出します。

つまりここがウィルスに対する第一防御機関の最前線という訳です。この働きを『粘液線毛輸送機能(ねんえきせんもうゆそうきのう)』といいます。空気が乾燥すると、当然粘膜がカピカピになります。

それにより線毛は固くなった粘膜に動きを封じられてウィルスを除去する働きが低下します。

ウィルスはしめしめと乾燥によって弱った線毛の間を通り抜け、まんまと体内に進入をしていきます。

この時に血液中にある白血球が、ウィルス第一関門突破の司令を受け現場に向かいウィルス進入を阻止しようとします。

それにより、身体の免疫機能は鼻のどの炎症を起こし、救援部隊である白血球がいる血液を集めます。

最初の不快症状はここで現れます。

スポンサーリンク

症状について

咳の画像

炎症によりのどが痛み、傷付いた白血球が鼻水や痰として増え、それを排出する為に咳が出るというメカニズムです。

その後、体内に進入を果たしたウィルスは増殖を始めます。それに対抗する為の免疫機能としては『発熱』です。

一般的にウィルスは38℃の熱で死滅します。インフルエンザの場合、通常のウィルスより強いのでより高熱が出る訳です。

熱を発した身体には様々な不快症状が現れます。

血管の膨張による頭痛、節々の痛み。ウィルス除去による体力の消耗によるだるさ(倦怠感)。また胃腸風邪に代表される下痢症状もウィルスの除去の為に行われます。

そうやって徐々にウィルスは退治されていき、健康な身体を取り戻していくのです。

どのくらいの期間で治るもの?

だいたい風邪は5~10日間くらいで自然緩解すると言われており、治し方は自分の免疫力に頼るものしかありません。

風邪を治す特効薬が生まれればノーベル賞ものだと言われており、一般的に販売されている『風邪薬』は正式名称を『総合感冒薬』といい、症状の緩和が目的とされており、風邪を治す訳ではありません。

つまり、冬風邪2017の症状は最初に『鼻のどの乾燥』が現れ、次いで『コンコンという乾いた咳』、そして『のどの痛み、鼻水、鼻づまり、痰、湿っぽい咳』最後には『発熱、頭痛、節々の痛み』と繋がり、それを予防するのは自身の免疫力だということです。

スポンサーリンク

冬風邪2017の予防対策は?

ここでは以下4つの段階に分け、それぞれに応じた予防や対策をお伝えしていきます。

冬風邪2017、かかる前の予防

まずはかからないようにする準備が一番大切です。

ここでは『ウィルスが進入しないようにする予防』『ウィルスに対抗出来る身体作り(免疫力アップ)』の2つの方向性から予防していきましょう。

『ウィルスが進入しないようにする予防対策』

うがい、手洗い、マスクは必須であることはご周知の通りです。

特に『マスクの着用』が大切になります。(もちろんうがい、手洗いをないがしろにしてはいけません)

マスクは実はウィルスを防御する機能はありません。

なぜならば、ウィルスというものは細菌と比べても非常に小さく、呼吸をする度にマスクの隙間からスイスイ入り込んでしまうからです。ではなぜマスクは必須なのでしょうか?

それは『湿度』と密接な関係があります。

眼鏡を掛けている方はよくお分かりになるでしょうが、マスクをすると眼鏡が曇ります。これは呼気に充分な湿度があるからです。乾燥した外気によって、のどの粘膜も乾燥してしまいます。

マスクとは『のどを乾燥しないようにする為のもの』なのです。

のどが充分に潤っていれば、『粘液線毛輸送機能』により速やかにウィルスは除去され風邪にかかりません。

湿度も重要

ウイルス

またここで出てきた『湿度』は室内環境にも適用されます。

冬は暖房器具の使用により室内の湿度が低下します。具体的に湿度50%を切ると風邪のウィルスは浮遊しはじめます。

ですから、加湿器や洗濯物を室内に干すことなどにより、湿度を50~60%に保つことが必要になります。

湿度計が無い方は100円ショップにもありますのでご用意ください。

『ウィルスに対抗出来る身体作り(免疫力アップ)』

また、ウィルスが入ってきても速やかに排出できる身体、いわゆる『免疫力』を普段から上げておく必要があります。

よくお年寄りが「年をとったら風邪をひかなくなった」とお話しされる場合がありますが、これは免疫力の低下により発熱しなくなった状態の時があります。

風邪にかかったとしても長引かせない身体作りが大切です。

それには腸内環境が深く携わっています。

現在、腸の中に免疫細胞の7割があることが研究の結果で分かっています。つまり腸内環境を整えることが免疫力アップの鍵となります。

これには普段の食事から発酵食品を摂り入れることです。発酵食品には腸内環境を整える作用があります。

ヨーグルト、お味噌汁、お漬け物、麹などを食事に摂り入れると良いでしょう。

また、辛いものや抗生物質は腸内細菌をやっつけてしまいますので、お腹の弱い方や便秘がちの方、風邪をひきやすい方は普段の生活から控えるようにしましょう。

その他の対策

さらに

・のど飴を舐める。
・小まめに水分を摂る。

などでのどの潤いを保つことも有効な予防法になります。

初期症状『鼻のどの乾燥』『コンコンという乾いた咳』が出た時

鼻のどの粘膜から『乾燥注意報』が出ています。

まだ間に合います。
この時点でのどを潤すことです。

一般的には『はちみつ生姜湯』『葛湯』などで乾燥したのどを優しく保護します。

もちろんマスクは必ずしましょう。出来ることなら早く寝て安静にすることです。

中期症状『のどの痛み、鼻水、鼻づまり、痰、湿っぽい咳』の時期

「んんッ!」というのどの痛みや痰が出始めたら市販の風邪薬の出番です。

これは少しでも「おかしいな」と感じたら早めに服用するようにしましょう。

のどの痛みには塩化リゾチーム配合の風邪薬が効きます。(パブロンなど)

しかし購入する際には必ず専門家に症状を伝えてからにしましょう。症状にあった風邪薬を紹介してくれます。

後期症状『発熱、頭痛、節々の痛み』の時期

OS1

この時点までいくと、ウィルスは体内に進入し増殖を始めています。

あまりに高熱の場合には病院に行くべきですが、そもそも発熱はウィルスをやっつける為に発生しているので、出来ることなら自宅で安静にしていましょう。

下手に解熱鎮痛剤を多用すると長引かせる場合があります。

しかし高熱が辛い場合は専門家に相談しながらうまく活用しましょう。

またOS1やスポーツドリンクなど、吸収率の良い飲み物を補給して脱水症状に気を付けましょう。

出来るならここまで行かずに軽い症状で終わらせたいですよね。

普段の生活から栄養と休養をバランス良く取り入れて冬風邪2017に負けない身体作りを心掛けましょう。

秋風邪の原因や予防対策は?効果ある食べ物は?

今年の秋風邪2017の症状の特徴は?治し方は?

冬風邪の症状や治し方は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする