境界性人格障害の特徴や家族の対応は?恋愛の注意点は?

スポンサーリンク

『境界性人格障害(境界性パーソナリティー障害)』とは一般的に『ボーダーライン』とも言われており、一般人口の2%の人がこの症状が現れていると言われています。

つまり100人に2人、500人に10人はいる割合です。

最近は少しずつ認知度は進んできましたが、まだまだ『性格的な悪印象』が抜けていない様子が伺えます。

鬱を始めとするこのような精神病疾患は家族や恋愛パートナーとご本人、お互いの相互理解が必要になります。

まずは『境界性人格障害(境界性パーソナリティー障害・ボーダーライン)』について認識を深めていきましょう。

スポンサーリンク

境界性人格障害の特徴とは?

境界性人格障害は、『人格障害』と名前が付いている為、『人格に問題があること』が原因だと短絡的に捉えがちです。

確かに間違いではありませんが、そこの細かいニュアンスの違いから生まれる誤差を少しご説明します。

境界性人格障害のルーツ

まず、精神医療はアメリカにおいて先進的に取り組まれてきました。

その中で性格の一部分が極端に偏ったように発現(過度の怒りや周囲を混乱を導く)ような方がおり、社会生活を営む上で周囲や自分をも苦しませてしまう方にスポットを当てた研究がなされました。

そして、こうした人々のことを精神医学では「パーソナリティ・ディスオーダー(personality disorder)」と呼ぶようになり、日本ではそれを直訳して『人格障害』と呼ぶようになったということです。

『personality(パーソナリティー)』とは『個性、 性格、人格』、『disorder(ディスオーダー)』とは『無秩序、混乱、 乱雑、騒動、 (心身機能の)不調、障害』のことですので、直訳すれば『無秩序を起こす性格』、つまり『性格的因子で無秩序を起こしてしまう障害』とも言えます。

二つの性質を持ってる疾患

そして『境界性』の名は、これらの症状の出ない方と出る方の境界線という意味ではなく、
『神経症と統合失調症(旧名・精神分裂病)症状がいったりきたりすること』に由来しています。

『怒りを爆発しやすい』ことは神経症状、『現実を正しく認識できない状態』は統合失調症的な症状であり、両方をいったりきたりする疾患です。

それにより、周囲や自分を混乱に導いてしまいます。

その具体的症状について以下にご説明します。

両極端な感情表現とそれによる衝動行動

暴力

不安定な感情が『白黒思考(極端にはっきり区切られた思考)』により、衝動行動が激しくなります。

意図の掴めない急な怒りであったり、極端な自己否定による自傷行為に及んだりします。

その極端な感情の変動やそれに伴う常識を逸脱した行動は嵐のように激しく、周囲の人、特に家族やパートナーが巻き込まれていきます。

極端な猜疑心の増加

相手に対する極端な思い込み(悪口を言っているなど)が強くなり、自分の思考に囚われて相手をこき下ろしたり、また離れられることが不安になる為にしがみついたりします。

本人は自分が悪いという感情を自身の不安定に繋がる為に排除し、自分を理解しない相手が悪い、周囲の思考が悪い、世の中が悪いと思い込む傾向があります。

見捨てられ不安

主に幼少期の記憶から、近くの人がいなくなることに異常な恐怖感を持ちます。

それにより、いかに自分が不幸であることを語り、周囲の同情を買うことなどで安心する居場所を確保しようとします。

自分の居場所を確保する為に、周囲の人(家族やパートナー)を利用し、自分が被害者であることを示します。

衝動行動

不安定な感情により、快楽の過剰要求が高まります。

他人の迷惑をかけたり、散財(買い物依存)、長電話などの衝動行動を繰り返し行います。男女差は1:3で女性の割合が多く、どちらも同じような症状が出ます。

スポンサーリンク

家族は境界性人格障害にどう対応すべき?

依存

まずは相互理解が必要になります。

しかし、一般的にこのような障害を持つ方は無自覚な方も多く、病院に行くことをためらう方も多くいますので、本人にそのような状態であることを諭すことにより、その対象者を攻撃するおそれがあります。

身内にこのような傾向が見られる場合、嵐のような攻撃性を表現されている時に何かを話しても火に油を注ぎかねません。

まずは嵐が治まるのを待ち、落ち着いた頃を見計らってお話しするようにしましょう。

こちらが冷静さを失うと共倒れになる可能性があります。

受け入れることで冷静になる

どうしても受理できない案件(社会的に見て許されない行動)もある場合があります。

このような場合はまず相手の話を「そうだね、分かるよ」受け止め(受け入れる必要はありません)、本人が安心したところにこちらの意向を持ち出すようにしましょう。

しかし、「本人が理解してくれた」とは思わないことです。

本人にはそれを自覚しても無自覚であろうとも、意識でそれを止める術を持ちません。

例えば仮にあなたが他の人から「今日から世界が変わったから、これからは人の持ち物を盗んで生きましょう」と言われても理解が出来ないのと同じです。

ですから、少しでも問題行動を起こさないような対処が必要になります。

対処法は?

対処法は

①しかるべき医療機関に受診する。

これは本人に自覚を促す為と、薬物療法により精神安定を促す方法です。

薬物療法に抵抗があるならば『認知行動療法』といって、薬物に頼らず、行動療法によって緩解を目指す方法もあります。

②境界性人格障害などを扱う家族会(NPOなど)に所属する。

これは家族が境界性人格障害に対する認識を深め、現実的な対処法を養う方法です。

いずれにしても長い月日が必要になりますが、一例としては35歳を過ぎると自然に緩解していく例もあります。

時として自分が倒れてしまわないように距離を置きながら、適切な対処を続けていく忍耐力と精神力が必要になります。

スポンサーリンク

境界性人格障害における恋愛の注意点や接し方は?

恋愛依存イラスト
境界性人格障害の傾向として、『見捨てられ不安』や『恋愛依存症』があることから、積極的にパートナーを探し、相互依存の状態になりやすい傾向があります。

恋愛ホルモンの期限は3年程だと言われていますが、その状態に陥ると「あばたもえくぼ」と言われるように、互いの結び付きが強くなり『共依存(きょういぞん)』という状態が生まれやすくなります。

『共依存』とはわかりやすく言えば『相手に必要とされることで、自身の存在意義を見い出すこと』という意味です。

歪んだ行為でしか満足感を得られない

共依存になりやすい傾向の人は、自己否定感があり、その為に自分に自信が持てないので相手を労ることで自分の心を埋める行為をする人で、これがお互いがお互いに共依存状態になり、自身の心を癒す為に相手に依存するということが挙げられます。

恋愛はまず自分が相手を好きになり、その対象者を求めることですから、本人からの見捨てられ不安による依存が「頼られている 」という精神的安定に繋がります。

また、普段見せないような激昂を見せられても「自分だけにこの姿を見せてくれているんだ」と恋愛による錯覚に囚われ、気付きづらくなります。

早い段階で決断しないと面倒になる

まずは「おかしいな?」と思ったら、自身の行動を振り返ることです。

頼られている自分、自分だけに見せられている本人の姿に自己満足をしていなかったか?

その上で冷静に客観的に本人と自分を見つめ直してください。パートナー自身が『無自覚の自覚』をすることが第一歩です。

そしてパートナーとしてどう生きていくかを決めてください。

共に人生を歩む覚悟があるならば、前項で示したような方法があります。

スポンサーリンク

境界性人格障害における結婚の注意点は?

悩む男性

まずは前項で示したような『共依存』に対する自覚をすることです。その上で変わらない相手と一生寄り添えるかどうかを考えてください。それでも相手と結婚したいのであれば、全ては自己責任です。

決して自分の愛情で相手が治るなどとは思わないでください。

ちなみに境界性人格障害の方の離婚率は90%あると言われています。

月経前気分不快障害の症状や副作用は?チェック方法は?

境界性人格障害の原因や治療は?薬や診断方法は?

主婦湿疹の原因や症状の画像は?

主婦湿疹の治し方や効果的な薬は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする