主婦湿疹の治し方や効果的な薬は?

スポンサーリンク

時期や体質と諦めがちな『主婦湿疹』ですが、適切な対処により予防や改善が出来ます。

ためしてガッテンでも特集が組まれるほど家事をしている主婦の皆さんは悩んでいる症状でもあります。

手荒れの時点からしっかり対策をし、悪化せず、症状の出ないお肌作りをしていきましょう。

スポンサーリンク

主婦湿疹の治し方は?

一般的に『予防段階』『初期症状時』『中期症状時』『後期症状時』で治し方が異なってきます。一つ一つの段階ごとに確認していきましょう。

段階が増す毎に取り組む方法が増えていきます。

予防段階

長木綿手袋

元々肌が弱い方、また一度でも主婦湿疹になった方は普段から肌トラブルに対しての予防が大切です。

まず一般的に予防策として、水仕事にはゴム手袋を使用しますが、中にはゴムアレルギーの方や、使用中の汗で肌の皮脂膜が流されてしまう場合があるので、ゴム手袋の下に木綿手袋を装着してそれを防ぎます。

また家事をする時、した後、外出時、就寝時には保湿クリームを塗り、綿の手袋にてそれが取れないようにします。

洗剤類にも注意が必要です。食器用洗剤はこびりついた油を落とすものですが、当然皮脂も落としますので薄めて使用するか低刺激のものを選んだり、シャンプーもなるべくオーガニックで低刺激のものに見直すと良いでしょう。

普段からのマメな対策が大切になります。

初期症状時

予防していても時期的に『乾燥』『あか切れ』『ひび割れ』『ささくれ』といった症状が出てしまう場合はあります。

カサカサになった手のひらは油分を失い、保護機能が低下し、直接皮膚の表面を傷付けていきます。

この頃の初期症状には、ワセリンや保湿クリームなどで保湿していきます。

主に夜寝る前につけて、木綿手袋などで保護しながら皮膚の再生を促します。

中期症状時

病院

初期症状を過ぎると『熱感』『かゆみ』『水泡』が出てきます。

炎症が起こり、手が赤くなると熱感を生じます。そしてそれを冷やそうとして浸出液を湿潤させ、これが『水泡』となり、手のひらが赤くボツボツになります。

この時にアレルギーの疑いがある時には皮膚科のある病院でアレルギー検査をしましょう。

軟膏などで軽いステロイド薬や抗ヒスタミン薬、場合によっては服用薬で改善を目指します。

後期症状(重症)時

不摂生

中期症状をこじらせると『びらん』『強い痛み』『強いかゆみ』『疼痛』の状態がでます。

水泡が破け、さらに皮膚を傷付けることにより『びらん(皮膚を傷付けてじゅくじゅくした状態)』を生じます。

この状態の皮膚は最早バリア機能を無くし、強い『痛み』や『かゆみ』、『疼痛(ジンジンと病む痛み)』が常習化します。

もうこの重度の症状では、病院に行くとステロイド軟膏を一時的に使用されるケースが多いです。
出来ることなら家事や仕事を休みましょう。再開するとまた発症してしまいます。

そうならない為にも、治療の段階では生活習慣を見直し、体質改善に努めましょう。特に過度の間食、外食やコンビニなどが続く食生活、夜更かしが改善ポイントです。

外食の揚げ物は酸化した油を取り入れる為、良いお肌を作りません。

肌の修復力を高める事が有効

また『お肌のゴールデンタイム』と呼ばれる22:00~夜中の2:00までに皮膚は修繕される為、夜更かしは厳禁です。

一般的に皮膚は28~45日間で新陳代謝されると言われていますが、すぐに体質が変わるとは言えません。

今後そのような症状が出ないようにする為にも、継続して体質改善していきましょう。

スポンサーリンク

主婦湿疹で効果的な治療薬は?

主婦湿疹で使用するお薬は色々あります。
基本的には市販薬は軽く、病院で処方されるものは効果が強い代わりに副作用も強いものが多いです。

以下に代表的なお薬を紹介します。

ハンドクリーム

ハンドクリーム画像

現在は医薬部外品のものも多く、効果が認められています。基本的には『皮膚の保護』を目的として使用されます。

尿素配合のクリームが根強い人気を誇っていますが、これは尿素が天然保湿因子の一つとして肌の形成に役立つとされているからです。

また、『アラントイン』という成分に代表される細胞再生成分配合のものや、美容成分の充実しているものがあります。

軟膏

紫雲膏

具体的に症状が出ているものに対しては医薬品である軟膏を使用します。
ステロイド剤が有名です。

副作用の強さにおいて敬遠されがちなステロイド剤ですが、炎症を鎮めるのは絶大な効果を発揮するので症状がひどい場合には使用されます。

急に止めると悪化する副作用が有名ですが、現在ステロイド剤は作用の強弱により細かく分類されているので、少しずつ軽減して離脱していく方法が取られています。

ステロイドに限らず、その他かゆみ止めや保護成分、皮膚再生成分などが配合されたものが様々あります。

代表的なものは、オロナイン軟膏、漢方の軟膏薬では紫雲膏などがあります。

ワセリン

保湿剤の基剤にも使われるワセリンは皮膚の保護に使用されます。乾燥により皮脂を失った手を優しく保護します。

べたべたしやすいので木綿の手袋などを使用してワセリンが取れないように注意しましょう。

内服薬

①抗アレルギー服用薬

アレルギー性皮膚炎の場合に処方されます。アレルギー性皮膚炎も血液の疾患であり、『抗原抗体反応』という免疫反応によって起こります。そこの『抗原抗体反応』を穏やかにするのが抗アレルギー薬です。

アトピー性皮膚炎などにも用いられます。

②抗ヒスタミン服用薬

かゆみの物質である『ヒスタミン』を抑制する薬です。かゆみが具体的に出てきた時に使用されます。

③ステロイド服用薬

炎症が現れてひどくなった状態に用いられます。具体的に炎症反応を鎮める薬です。

いずれにしてもお薬を使用する場合は症状に見合ったものを出してもらえるように専門家に相談しましょう。

主婦湿疹の原因や症状の画像は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする